菅官房長官「最高裁判決が確定した時点で韓国は国際法を違反したことになる」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

イ・ナクヨン韓国総理の「立場文」に対し、菅義偉官房長官が「協定とは司法部も含めた国家全体を拘束するものだ」と反論し、韓国政府に早く対策を用意しろと促しました。

聯合ニュースから部分引用してみます。

<菅義偉・日本官房長官は、李洛淵(イ・ナクヨン)総理が最高裁判所の強制徴用判決に対する日本政府の指導者の過激発言に懸念を示したことについて、「直ちに適切な措置を取ることだ」と重ねて要求した・・

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・・日本政府のスポークスマンである彼は、8日の定例ブリーフィングで、「日本政府の指導者の発言は妥当でもなく、賢明でもない」としたイ総理の前日の発表に対する日本政府の立場は何なのかという質問に、このように答えた。

菅長官は「韓国最高裁の判決は、日韓請求権協定に明らかに反するもので、非常に残念」とし「協定は、司法部を含めて国全体を拘束するもので、判決確定の時点で韓国による国際法違反の状態が生じた」と重ねて主張した。

続いて「韓国政府に対し、国際法違反状態の是正を含め、すぐに適切な措置をするように要求している」とし「韓国政府が具体的にどのような対応を講究するのか、注視していく」と付け加えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20181108114833773?rcmd=rn

 

「韓国政府が対策を講じるべきだ」というのは、言い換えれば「韓国政府が賠償しろ」という意味になります。安倍総理、河野外相、菅官房長官の言葉が、共通的にそれを表しており、「それ(韓国政府が賠償すること=日本の戦後処理はすでに済んでいるから、韓国の司法部がどう判断しようと責任は韓国政府にある)以外は国際法違反として扱う」というスタンスがわかります。

だから「国家そのもの(国全体)」という話も出てくるわけです。

韓国側の反応は、基本的に大統領が隠れて「私は知らない」を繰り返します。朴槿恵政権からの「民間がやったことだから知らない」、文在寅政権になって「司法部がやったことだから知らない」などです。

ただ一つ差があるなら、朴たんは「この件(いわゆる強制徴用判決)が確定した場合、韓国という国家そのものが対象となり、『知らない』が効かなくなる」と予想していたのかもしれません。でも、文たんは、それでも「私は知らない」を続けています。

 

とはいえ、大統領には公式演説のスケジュールもありますから、いつまでも外交部長官や国務総理を盾にして、何も言わないでいることはできないでしょう。さすがに演説の場で「何も言わない」と、袋叩きにされるでしょうから。

公式演説というと、もっとも早いのが・・確か、1月2日~4日の間に、大統領の新年演説があったはずです。その場で、文たんが何をどう言うのか。気になるところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

197+

“菅官房長官「最高裁判決が確定した時点で韓国は国際法を違反したことになる」” への142件の返信

  1. 前韓国駐在大使の武藤さんが文氏に以前会った時「北朝鮮のことしか頭にない」という印象を受けたと仰ってましたね
    本当に北のことしか考えられなくて日本関係の問題をお座なりにして軽く考えてきたからの現在なのでしょう
    そしてそれをいつまで続けられるのか
    シンシアリーさんとしては新年までという予想なのですね

  2. いやー、G20(2018年11月30日 – 12月1日)
    とか
    APEC(首脳会議(2018年11月17日~18日))
    辺りで立場表明はするでしょう。

    まあ、安倍首相・文大統領の直接対決はないにしても…。

    それとも、記者会見は一切なしでしょうか?

  3. 最高裁判決に従った賠償金支払いに新日鐵住金が動かない場合、韓国側司法による強制執行手続きはどのような手順で開始されるのでしょうか?
    その兆候はないですか?

    1. >A太郎さん
      12月には次の判決(三菱)が出る予定だし、ますます何も言えなくなるはず。
      っていうか、司法の判決を盾にさらに放置は続く…。

    1. 文大統領「そうだな・・東京オリンピックもあるし日本のことも何か言及しないと」

      李総理「2019年新年演説のことです」

  4. 1月2日~4日の間の大統領の新年演説?
    その頃には過去の話になってるだろうと希望的に観測してやしませんかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。