韓国政府、今月中に慰安婦財団の解散を発表

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

「早ければ十月末か、十一月初頭」と言われていた、和解・治癒財団(慰安婦財団)の解散を、韓国政府が今月中に発表するとのニュースがありました。

前からわかっていたこととはいえ、すごいタイミングです。

朝鮮日報から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・政府関係者はこの日、「11月中に財団解散決定発表があるだろう」とし「解散の法的手続きが終わるまで6ヶ月〜1年はかかると見ている」とした。ジン・ソンミ女性家族部長官はこの日、「財団解散に関する政府の立場は整理されており、発表時点を調整中」と話した・・

・・財団解散が発表されると、日本の強い反発が予想される。日本側は「財団解散は事実上慰安婦合意破棄」と反発してきた。先月、韓日外交次官協議でもアキバタケオ外務省事務次官は、財団解散に反対し、「慰安婦の合意を着実に履行しなければならない」と主張した。

シン・ガクス前駐日大使は「日本は今後、協議に応じないまま強制徴用判決、和解・治癒財団解散を根拠に『韓国は法や政府間の合意が通じない国』と外交戦を繰り広げるだろう」と話した>。

https://news.v.daum.net/v/20181117030814542

 

財団や10億円に手を出すのは、慰安婦合意の内容的に、事実上の破棄です。韓国の今までの反応は『韓国は慰安婦合意を履行しない』でしたが、これからは『日本が履行した分も認めない』になるからです。

さて、繰り返しになりますが、すごいタイミング。今月と言っても後2週間しかないし・・日本側は「韓国政府は最高裁判決の対策を出せ」としていますが、そこは何も出てこず、財団解散の話が先に来てしまいました。

 

 

11月17日、産経新聞の「徴用工」特集記事にあわせて、広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

127+

74 Replies to “韓国政府、今月中に慰安婦財団の解散を発表”

  1. 慰安婦の尊厳と名誉の回復のために財団を作ったんだから、解散すると言う事は目的が完全に達成されたんでしょ。
    日本としては歓迎してあげれば良いんじゃない?
    これで完全解決ですね。あとは知りません。と一言添えて。
    世界に向けて「慰安婦の尊厳と名誉が解決された。日本政府としては歓迎する。」と日本政府が発表すれば良いのでは?
    納得しないのであれば解散するなんて選択肢が無いでしょう。
    解散したところで、日韓合意が覆される訳でもないし。

  2. 韓国が繰り出す政策(といえるレベルかどうかは別として)は、内容も順序もタイミングも滅茶苦茶。このような雑な対日外交(もどき)の理由は、ムンの関心が北朝鮮のただ一点にしかなく、そのため政権のリソースの大半がそちらにさかれるため、他のことがデタラメになっているという見方が複数の韓国ウォッチャーからだされていますね。成る程という感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。