2017年、歴代韓国大統領初の、文大統領の「個人賠償」発言の記録

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

盧武鉉氏の頃の話はもう書いたので、今日は文在寅氏の出番(?)です。

文在寅氏が、歴代韓国大統領としては初めて「個人賠償を請求できる」と話したのは、2017年8月17日、文氏の大統領就任100日目を記念した記者会見でのことです。

でも、あまり話題にならなかったというか、スルーされたというか、そんな感じでした。何かのソースになれるのではと思って、今日はその部分をお伝えします。

NHKのイケアトシエイ(※失礼ながら韓国の報道を訳したため、漢字表記がわかりませんでした)記者の質問と、文在寅大統領の答えとなります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

(質問)韓日関係について一つお聞きします。今回の光復節(八月十五日)の演説で、大統領は慰安婦問題と強制徴用問題については、被害者の名誉回復と補償など、国際社会の原則を守るべきだとおっしゃいましたが。

今後、韓国政府レベルでどのような行動を考えておられるのか、特に大統領もよくご存知でしょうけど、強制徴用問題は過去の盧武鉉政府の時、この問題は日韓基本条約で解決された問題であり、被害者への補償は、韓国政府がするという結論を下しております。特にこれに対してどのようにお考えなのか、お尋ねします。ありがとうございます。

 

(文在寅大統領の答弁)まず、おっしゃったことの中で、日本軍慰安婦の件は、韓日会談当時には知られなかった問題です。いわばその会談で取り上げられなかった問題です。

慰安婦問題が知られて社会問題となったのは、韓日会談よりずっと後のことでした。だから慰安婦問題が日韓会談でも解決されたということは、それは間違っていると思います。

強制徴用者の問題も、両国間で合意が一人一人の権利を侵害することはできないのです。両国間の合意にもかかわらず、徴用された強制徴用者個人が三菱などをはじめとする企業に対して有する民事的権利はそのまま残っているというのが韓国の憲法裁判所や韓国最高裁判所の判例です。政府はそのような立場から、過去の歴史問題を取り組んでいます。

ただし、私が強調しているのは、そのような過去の歴史問題が韓日関係の未来志向的な発展に障害になってはダメだという点です。だから過去の問題は過去の問題として、また、未来志向的な発展のための日韓間の協力はまたその協力として、別々にしていくことが必要だ、そう思います。

https://news.v.daum.net/v/20170817130837796

 

まさか、1年後にまた注目することになるとは知りませんでした。もちろん悪い意味での注目、ですけど。

 

 

 

11月17日(今日)、産経新聞の「徴用工」特集記事にあわせて、広告が掲載されます!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

118+

59 Replies to “2017年、歴代韓国大統領初の、文大統領の「個人賠償」発言の記録”

  1. 何度も書きますが、
    1. 個人の賠償請求権はある
    2. 賠償請求を日本は却下する
    3. 韓国政府は外交的保護権を行使できない
    4. 賠償請求は事実上不可能(韓国政府への補償請求は可能)
    がセットです。

    これを韓国人が理解できないことを文大統領や日韓のサヨクは「知っています」。

    1. 個人の賠償請求権はある
    2. 賠償請求を日本は却下する
    3. 日本は「悪」だ
    となることを知っていて焚き付けているわけですね。
    悪党ですね。

  2. 「被害者への補償は、韓国政府がするという結論を下しております。」

    「両国間の合意にもかかわらず、徴用された強制徴用者個人が三菱などをはじめとする企業に対して有する民事的権利はそのまま残っている」

    質問の回答になってませんね。
    議論が成り立たない相手ということがよく分かる

    挙げ句
    「そのような過去の歴史問題が韓日関係の未来志向的な発展に障害になってはダメ」

    自分で障害を焚きつけておいてこのセリフ

    いずれにしても双方の国内世論にとって、「妥協」「譲歩」はないでしょうから
    外交関係はマヒ…実質的には断交みたいな状態になるんじゃないですかね。

  3. パラオのAPEC会議場で、安倍総理が文大統領と形式的な挨拶をしただけとのことですが、あの気遣いの安倍総理がほぼ無視とは、よほど腹に据えかねているのでしょう。
    常に甲意識の韓国側は気づかないでしょうが、こんな状態までいった安倍総理の態度を変えるのは大変難しいことであり、安倍政権の韓国冷遇は誰にも止められないところまで行きそうです。
    三期目の安倍自民党総裁による安倍政権に対する「忖度」はこれからが本当に始まるので、日本の対韓国政策の本格化も今からでしょう。

  4. 日韓会談の時には 知られていなかった。×
    日韓会談の時には まだタカリのネタにしようと思わなかった。〇

    1. 違います。
      嘘の付け入る隙がないほど、日韓で慰安婦が自発的売春婦だと認識されていたし、米軍慰安婦が大量にいて外貨の貴重な稼ぎ手だったので問題にならなかったと言うのが事実。
      日本も赤線青線の公娼売春が廃止されて間もない時期だからそんな嘘は通用しない。

コメントは受け付けていません。