韓国最高裁、今度は三菱に「個人賠償」判決

※ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

韓国最高裁が、三菱の「いわゆる元徴用工」たちの件で、三菱重工に1人8000万ウォン+アルファ(遅くなった分)の賠償を命じました。

<日本植民地時代新日鉄住金の強制徴用被害者に対する損害賠償責任を認めた最高裁が三菱重工強制徴用被害者に対する損害賠償責任も最終認めた>、と(URLは下にあります)。

ちなみに、これは2013年の判決をそのまま認めたものとなりますが、当時も「慰謝料」としていました。

<・・2013年7月30日、「三菱は過去の日本政府の朝鮮半島不法植民地支配と侵略戦争遂行のための強制動員政策に積極的に参加して、朴氏など(※原告たち)を強制労働に従事させた」とし、原告1人当たり慰謝料各8000万ウォンずつと遅延損害金を支給するように、原告一部勝訴判決した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181129100913584

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「女子勤労挺身隊」でも、三菱側に賠償判決が出ました。

同じく、1人に約12000万ウォンの「慰謝料」賠償命令です。

https://news.v.daum.net/v/20181129101246747

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

158+

123 Replies to “韓国最高裁、今度は三菱に「個人賠償」判決”

  1. これ「日本の植民地支配による慰謝料」的な要素が強いと、
    元出稼ぎ労働者でも徴用工でも挺身隊でも、最終的には朝鮮半島で暮らしていた一般の韓国人ですら適用できる、つまり国民すべて(子孫だから)が対象にもなりかねないのですよね。

    第二の所得主導政策ニダ、となるアルヨ。

    (´、`)というか韓国政府の判決支持表明と資産差し押さえの指示マダー?このまま玉虫色の玉虫さんもいいけど、たぶんそれでは韓国国民納得しないので押し切られるかも。文たん、それを待ってるのかなー。

コメントは受け付けていません。