韓国初・もと最高裁の裁判官二人に逮捕状

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

朴槿恵前大統領が司法部の判断に介入したとする、「司法壟断」「裁判取り引き」などと呼ばれている事案です。

韓国でも史上初、朴槿恵大統領のときに最高裁判官だった二人に拘束令状(逮捕状)が出ました。これで、大法院長(最高裁判所長)だったヤン・スンテ氏の逮捕も目の前に迫っていると見ていいでしょう。

<・・(司法壟断に)司法ブラックリスト関連の疑い、強制徴用訴訟関連最高裁判所と被告戦犯企業側の秘密接触、統合進歩党の残余財産差し押さえ訴訟関連当時の長官秘書室長の介入の疑いなどを追加した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

特に検察は、当時ヤン・スンテ大法院長(最高裁判所長)が直接日本戦犯企業側を弁護していたハン某弁護士と接触し、裁判の遅延などを議論した情況も捕捉した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181203120405281

 

極端に対立する二手に分かれて「復讐」を繰り返してきた韓国の歴史。その見苦しい歴史の中でも、最高裁判所の裁判官に逮捕状が出たのはこれが初めてだとのことです。

今朝紹介した「次の本」ですが、その一部に、私が持っている韓国の歴代大統領たちのイメージを短く紹介する部分があります。例えば、李承晩氏は「卑怯な人」のイメージ、です。

文在寅氏は、「破壊者」です。

改革は、愛がないとできません。でも、破壊は憎しみだけでもできます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

131+

67 Replies to “韓国初・もと最高裁の裁判官二人に逮捕状”

  1. 破壊というより破戒のような…戒律という最後の砦を破ってしまったという意味で。

コメントは受け付けていません。