前大法院長(最高裁判所長官)と外交部長官、「戦犯企業の味方」とされる・・韓国最大の法律事務所に家宅捜索

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

いわゆる「司法壟断」騒ぎ、続報です。

朴槿恵の「ウリ」たちを「戦犯企業の味方」にする流れがさらに加速し、今朝から複数のマスコミから一斉に報道されています。

また、前大法院長(最高裁判所長)のヤン・スンテ氏だけでなく、しばらく名前があがってこなかったユン・ビョンセ前外交部長官までターゲットになっています。

ユン長官は、慰安婦合意の「犯人」の1人とされ、前から叩かれていた人物です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

また、韓国で何か大きな訴訟があるとかならず出てくる韓国ロー・ファーム最大手の「キム&チャン法律事務所」が、先月、押収捜索(家宅捜索)されたこともわかりました。同じく、司法壟断にかかわった、という理由です。

<・・ヤン前大法院長は、日帝強制徴用裁判と関連して、片側(日本企業側)の弁護士とだけ単独面談する不適切な行動だけでなく、今後の訴訟進行の計画と裁判方法まで一緒に議論したものと把握された。ヤンスンテ司法部と青瓦台、外交部、キム&チャンの間を行き来しながら、連結役をしたイム・ジョンホン前裁判所行政処次長は、キム&チャンの書類を監修までしたことが分かった。また、ユン・ビョンセ前外交部長官も、就任前から戦犯企業側と接触した状況も明らかになった・・>

https://news.v.daum.net/v/20181204093533799

家宅捜索の件(URLだけ)

https://news.v.daum.net/v/20181204093906934

 

親日というレッテルは本当に便利なものですね・・「反日」の一部になったこの「反朴」の流れがどこまで行くのか・・

ヤン・スンテ氏の逮捕までは確実でしょうし・・ユン・ビョンセ氏も危ないですね、これは。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中(9月2日発売、電子書籍版あり)です。

韓国の民族主義、親北主義、民衆史観、そして反日思想の関係について考察し、「朝鮮半島統一前の北朝鮮が日本にミサイルを撃つ可能性より、統一後の南側(韓国)政府が日本にミサイルを撃つ可能性が高い」という、とても残酷な結論を書いた内容となります。

・12冊目、「韓国人による罪韓論」が発売中です。

・11冊目にして「日韓比較論」第二弾、「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」が発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

119+

53 Replies to “前大法院長(最高裁判所長官)と外交部長官、「戦犯企業の味方」とされる・・韓国最大の法律事務所に家宅捜索”

  1. この件だと思いますが、夕刊フジが8日に報じていますね。
    >所属弁護士が最高裁側と打ち合わせをしたことが「裁判遅延に関与」と疑われたようだが、尋常ではない。
    >元衆院議員で、弁護士の早川忠孝氏は「どの国でも、弁護士と裁判所の接触は基本的に違法ではない。もし、『裁判所と手続きの打ち合わせ自体が違法』と認定されたら、危なくてしようがない。ローファームの弁護士は、その国の中で『優良な弁護士』としての定評がある。その事務所が家宅捜索を受けるのは、日本では考えられない話だ」と語る。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000006-ykf-int

    1. いや、この問題の核心はそこに「行政府の介在」があったという事実で、近代国家を名乗っている以上有り得ないことなんですよ。

コメントは受け付けていません。