新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

思えば、アメブロでブログを書き始めた頃、メインに扱っていたのは、「韓国は併合時代を違法だとしている」「韓国は併合時代を否定しながら生まれた国」などの持論でした。韓国の憲法前文を持ち出すなどして、「どうすればうまく伝わるのか」と自分なりに熱心だったことを、今でも覚えています。

2018年になって日韓両国で大きな外交問題になっている、いわゆる「強制徴用裁判」の核心もまた、そこにあります。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

執筆期間的にかなり無理がありましたが(私だけでなく、扶桑社の方々もそうでした)、他でもない「この件」の執筆依頼が私に来た時には、本当に本当に嬉しかったです。

発売日は、アマゾンの発売日表記だと今年(2018年)12月27日、題は<「徴用工」の悪心>となります。

なぜタイトルの徴用工に「」がついているのか、多分、「本当は徴用工ではない人たちも大勢含まれている」からだと思われます。

 

今回の件は、歴史問題ではなく戦後の国際秩序の問題であり、善悪の問題ではなく法律(国際法)の問題であります。それは、韓国という国の『生まれ』そのものとも関わっています。

核心は、併合時代が合法なのか違法なのかの議論であり、「韓国最高司法機構の合法は国際法の違法」という側面が最大に強調されるべきであります。

韓国の言う良心(正しくあろうとする心)は、日本へのアクシン(害を及ぼそうとする悪しき心)である・・それが、国際法にまで影響するようになってはなりません。

この議論がもっと広がってくれればと願い、原稿を書きました。

ブログ読者の皆さんだけでなく、今回の件で日韓関係の歪みの深さに気づいた方々にも、自信を持ってオススメいたします。

アマゾンリンクはこちらとなります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

174+

52 Replies to “新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介”

  1. 元徴用工と称する人の中には六十代も存在すると聞いている。
    韓国人でも内心ではおかしいと思っているはずだ
    加えて、徴用工の問題は韓国政府が支払う段になれば、韓国側はかなりの元徴用工に対して
    証明できないと拒否している
    もうはっきり言って議論する気にもならないくらい
    無茶苦茶なことが多い
    日本でもそういうことがさすがに知ら渡って来たから
    いい加減に辟易されるのだがな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。