新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

思えば、アメブロでブログを書き始めた頃、メインに扱っていたのは、「韓国は併合時代を違法だとしている」「韓国は併合時代を否定しながら生まれた国」などの持論でした。韓国の憲法前文を持ち出すなどして、「どうすればうまく伝わるのか」と自分なりに熱心だったことを、今でも覚えています。

2018年になって日韓両国で大きな外交問題になっている、いわゆる「強制徴用裁判」の核心もまた、そこにあります。

 

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

執筆期間的にかなり無理がありましたが(私だけでなく、扶桑社の方々もそうでした)、他でもない「この件」の執筆依頼が私に来た時には、本当に本当に嬉しかったです。

発売日は、アマゾンの発売日表記だと今年(2018年)12月27日、題は<「徴用工」の悪心>となります。

なぜタイトルの徴用工に「」がついているのか、多分、「本当は徴用工ではない人たちも大勢含まれている」からだと思われます。

 

今回の件は、歴史問題ではなく戦後の国際秩序の問題であり、善悪の問題ではなく法律(国際法)の問題であります。それは、韓国という国の『生まれ』そのものとも関わっています。

核心は、併合時代が合法なのか違法なのかの議論であり、「韓国最高司法機構の合法は国際法の違法」という側面が最大に強調されるべきであります。

韓国の言う良心(正しくあろうとする心)は、日本へのアクシン(害を及ぼそうとする悪しき心)である・・それが、国際法にまで影響するようになってはなりません。

この議論がもっと広がってくれればと願い、原稿を書きました。

ブログ読者の皆さんだけでなく、今回の件で日韓関係の歪みの深さに気づいた方々にも、自信を持ってオススメいたします。

アマゾンリンクはこちらとなります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

174+

52 Replies to “新刊、<「徴用工」の悪心>のご紹介”

  1. ここは、発売日が数日遅れるので、書店に並ぶのは1月になるかもしれませんが、シンシアリーさんの思いのこもったご本ですから、じっくり拝読させていただきます。

  2. 最初はそんな馬鹿なと思い、しかしシンシアリーさんのおかげでだんだん私の鈍い頭にも染みこんできた「併合は違法」という韓国の主張
    今度の御本、心して読まさせて頂きます

  3. 扶桑社さん、これは勝負しに来ましたね。
    判決から2ヶ月で出版。自分も出版業界にいる人間としてよくわかります。圧巻の速さですね。私なら無理です。

    1. >匿名さん

      >扶桑社さん、これは勝負しに来ましたね。
>判決から2ヶ月で出版。自分も出版業界にいる人間としてよくわかります。圧巻の速さですね。私なら無理です。

      勝負もなにも、ずっと前から結果が分かっていたので、
      準備する時間はいっぱいあったと思います。
      三菱なんか差し押さえできないように、今年の3月までに
      韓国内の資産を全て清算してたそうで、
      原告側は悔しがっているそうですよ。

    1. 正直、そのタイトルはいただけません…

      >⁂蓮華さん
      韓国人が抱く「アクシン」、
      日本人が感じる「オシン」

      悪(にくし)心(み)とも読めますね。
      ちなみに悪心と書いて(おしん)と読みますが、
      その意味は「嘔吐」です。医学用語なの!
      胃の中にあるものを吐き出すこと。吐き気がすること。
      という意味です。
      それも胸くそ悪くなるわーの「吐き気がする」ではなく、
      本当に体調不良の時の吐き気がする。です。
      妊娠していて、悪阻(つわり)で、悪心(おしん)で辛いのー
      とかのおしんね!

      悪い心 のつもりでそのタイトルをつけるなら、
      おすすめしません。
      扶桑社の中の人は、そのタイトルを止めるべきだったと思う。
      もう手遅れたとは思いますが。

      ttps://kotobank.jp/word/悪心-40313
      コトバンク 悪心(読み)おしん 意味、吐き気

      せめて、徴用工の悪計 とか、徴用工の悪巧 とか 徴用工の奸計とか
      でも手遅れじゃないなら、タイトル考え直したほうが…

  4. じつにリスキーなタイトルですね。
    今までの著書のタイトルだって無難とは程遠かったけど
    今回のは特にやばい部分に切り込んじゃってる印象です。

    文政権は日本に興味薄いから大丈夫とは思いますけど。

  5. 年末の楽しみができました。今年は早めの大掃除にしなければ。
    悪心ですか……無理をしながらも思いのたけを吐き出せましたでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。