韓国外交部当局者「日本は法律より道徳を考えるべき」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

ええっと、韓国「外交部当局者」が記者たちと会って、「日本は法律を強調するけど日韓関係には道徳というものがある」「日本が法律だけで済ませようとするのは間違い」という主張を広げた、とのことです。日本側が「条約」「国際法違法」など法律的なことを強調することを意識しての発言でしょう。

なんてタイムリーな記事なんでしょう。1つ前のエントリーで「これは法律の問題だ」と書いたばかりですから。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<外交部当局者は4日、日本が自国企業らに対する韓国最高裁判所の強制徴用賠償判決に反発していることと関連して、「日本側は、今回の事案を法的な問題だけで片付け、過去両国間にあった不幸な歴史から起因する問題から目をそらしてはいけない」と指摘した。

この当局者はこの日、記者たちと会って、現段階の政府の立場について言及し、「日本側が韓日関係を重視するなら、責任ある姿勢で、歴史問題についての真正性を持って取り組んでくれることを期待する」と要求しながらこう言った。

 

彼は「特に日本側は、今回の事案を、過去の問題から抜け出すための好機と考えてはならないだろう」と強調した。「法的な問題をさておいて、根本的に韓日関係は、法だけでは解決できない道徳的、歴史的背景があるにもかかわらず、日本側が法的にすべて終わったことだから責任を負うこともないと、問題の根源を度外視する態度を見せるのは、両国の関係に決して望ましくない」と批判した・・>

https://news.v.daum.net/v/20181204165935273?rcmd=rn

「私が許していない(解決できていない)と言っているから、法律も許してはならない(解決してはいけない)」というふうに聞こえます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊<「徴用工」の悪心>が、2018年12月27日に発売です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

174+

152 Replies to “韓国外交部当局者「日本は法律より道徳を考えるべき」”

  1. 道徳では解決できない問題を法律を整備することで対処して来たわけで…
    政府高官からしてこのレベルでは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。