自民党総裁外交特補「韓国は、日本には何をしてもいいと思っている」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

河井克行・自民党総裁外交特別補佐官が、「韓国は北・中に傾いている」、「韓国は日本に何をしてもいいと考えている」と話しました。

この「韓国は日本に何をしてもいいと思っている」は、本ブログでもずいぶん前から使ってきたフレーズです。確か、恥韓論のときからあったような。ある意味、感慨深い(?)気もします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・9日、共同通信とNHKによると、河井克行自民党総裁外交特別補佐が、前日(現地時間)、米国ワシントンで講演し、日韓間のレーダーの問題と関連し、「今、韓国側が事実すら認めない態度で終始しているのは、友好国としてありえない態度」と主張した。それとともに「問題の根本には、韓国政府の『日本に対しては何をしても容認される』という認識があるのではないか」と非難した。

河井特補はまた、「最近、韓国が中国、北朝鮮陣営に傾いていることを強く懸念している」とし「米国は同盟国の中心として重要な役割をすることを要請したい」と述べた。共同通信は、このような発言が韓米両国の間隔を広げ、最近の韓日の対立において、米国を自国側に引き込むためのものだ説明した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190109104228384

 

河井克行特補はいわゆる強制徴用判決に対しても「韓国の対応はおかしい」「賠償問題は請求権協定で完全かつ最終的に解決されている」と話しました。

韓国側の報道は、「安倍総理の外交補佐が、安倍総理の本音をかわりに言ったのではないか」という内容がほとんどです。

韓国の安保・外交特別補佐官が大統領の本音を言った・・ことは覚えていますが。

北朝鮮の非核化において検証は絶対必用なものではない」とか、

南北が平和協定できれば在韓米軍の正当性は無くなる」とか、

3NOは当然の措置だ」とか。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

188+

98 Replies to “自民党総裁外交特補「韓国は、日本には何をしてもいいと思っている」”

  1. 当時日本国籍だったので、徴用は賠償が生じる事案ではない。しかも朝鮮半島の人達は断る権利があった。無理矢理働かせた訳ではない

コメントは受け付けていません。