韓国の国務総理「日本の指導者たち、政治のために反韓感情を利用するな」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国のイ・ナクヨン総理(国務総理)が、レーダー照射など日本と対立している案件のことで、「日本の指導者たちは、政治目的で反韓感情を利用しているという主張を知るべきだ」と話しました。マスコミ記事ではなく、国家のNo.2である国務総理が自ら言ったわけです。

マネートゥデーの記事から、該当部分だけ引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<イ・ナクヨン総理が10日、「日本の指導者たちは国内の政治的目的のために自国民の反韓感情を刺激し、利用しようとする視点があることを、知るべきだ」と語った。

イ総理はこの日、政府世宗庁舎で開かれた国政懸案点検調整会議を主宰した席で、案件の説明に先立ち、「昨今の韓日関係について申し上げたい」としながらこう話した・・

・・イ総理は「どの国も、国家間の関係も、歴史の上に立っているものであり、そうでありながらも未来を準備しなければならない」とし「歴史を無視してもいけないし、歴史にだけ拘って未来の準備をおろそかにしてもならない」と指摘した。特に「韓日両国が、歴史の負債を解決しながら、同時に、未来志向の関係を構築していくために知恵を集めて努力することを望む」とし「そのために韓国政府は最大限自制して、悩んで、努力している」と述べた。続いて「日本政府も自制し、韓日関係の望ましい未来のために一緒に賢明に対処してくれることを期待する」と述べた。>

https://news.v.daum.net/v/20190110094550624

 

内容的にまったく新しい内容がありません。ただ、韓国の国務総理が「反韓感情を利用するな」と言った点は大きいと思いました。

さて、いつもの「大統領が言うことを先に言っておいた」パターンなのか、それとも「そろそろ、『なぜ何も言わないのか』と怒られそうだから」言ったのか。

どちらにせよ、韓国が「マスコミ記事」ではなく「政府レベル」で、今回の件を「日本の政治利用」と主張していることは、明らかになりました。

 

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

142+

54 Replies to “韓国の国務総理「日本の指導者たち、政治のために反韓感情を利用するな」”

  1. この厄介な国、中国  著 岡田英弘 
    で解説されている指桑罵槐でもなく、俺達はそうやってるぞという投影ですかね

    まあ儒教というかシナ朝鮮では言葉に別の意味がある、内部の権力争いの為の道具でしかないとかだと思っとけぐらいの話
    今回の習近平は韓国について何文字話したとか話が二時間にも及んだぞとか、中国や韓国は日本と判断基準が違うという面もあるし(笑)

  2. ゴルゴ13に依頼したらどうでしょうか。
    でも、関わりたくないって断られるのがオチかもね!

  3. もう
    馬鹿と能無しを相手にしていても
    時間の無駄

    さっさと始末してください
    安倍総理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません