韓国軍、北朝鮮ミサイル防御体制から「KILL」「膺懲」「報復」など刺激的な用語を削除

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国の対北朝鮮ミサイル防御は、「3軸システム」と呼ばれています。これは、普通は「3K」と呼ばれています。

1・北朝鮮が核及びミサイルを発射しようとした際に、先制的に打撃する「キル・チェーン(Kill Chain)」

2・北朝鮮のミサイルを空中で迎撃する「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」

3・北朝鮮が核及びミサイルで攻撃したら、韓国が報復する「大量膺懲報復(大いに征伐し懲することで報復する、KMPR)」です。

ですが、これらの用語が、急に変更となりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

3軸システムは「核・大量破壊兵器対応システム」にし、キルチェーンは「戦略目標打撃」、KMPRは「圧倒的対応」にするというのです。韓国型ミサイル防御システムは、なぜか「名称はそのままだが、英文表記をしない」になりました。

記事でも指摘していますが、今回の件は、「とりあえず刺激的な用語を外そう」という趣旨によるもの、と言われています。報復、膺懲、KILLなどをとりあえず外すようにした、というのです。

 

また、韓国型ミサイル防御システムの英文表記に「MD」という字が入っていることから、「韓国が、米国のミサイル防御システムに入っているという誤解を招く恐れがある」ことから英文表記をしなくなった、とも。

韓国は、中国を意識し、米国のミサイル防御システムには入らないという意思を明らかにしています。

https://news.v.daum.net/v/20190110112739000

 

しかし、文大統領、本当に気を遣いますね。北朝鮮に対しては。

圧倒的対応が、なにをどう圧倒的にするというのかはわかりません。圧倒的なポヨン(包容)かもしれません。

 

 

<「徴用工」の悪心>、重版が決まりました!

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

 

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中(2018年12月27日)です!韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。

・12冊目「韓国人による罪韓論」と11冊目「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~」も発売中です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

122+

51 Replies to “韓国軍、北朝鮮ミサイル防御体制から「KILL」「膺懲」「報復」など刺激的な用語を削除”

  1. 主敵が北朝鮮から日本になったので当然でしょうね。しかし韓国が日本を主敵として設定し、日本にたいして何か軍事行動するようなことがあれば、憲法改正と自衛隊の国軍化が一気に進むでしょう。そしてそれはアメリカの要請でもあるのです。そうなれば韓国は日本という重しがかかることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません