榊のハーバリウム

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

さかきのことで悩んでいたところ、ユニークなアイテムを見つけました。

榊 ハーバリウムで検索するとヒットする商品です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

スーパーで売っている榊は大きすぎるし、どうしようかな~と思っていたところ、このハーバリウムを見つけ、購入しました。

モダンすぎで、「これはねーよ」という見方もできるでしょうけど、私は、好きです。むしろ、「日本ならではの良さ」をまた一つ見つけた、とも思っています。

 

モダンの良さと伝統的な良さが共にあるのが、日本の美の大きな特徴だからです。それは、単にデザインセンスがいいとか、歴史が古いとか、そんな部分的な側面だけではできないことです。

 

話は変わりますが、今年もレナにバレッタを作ってプレゼントしました。

春夏秋冬(桜、赤、黄、白)と音楽(ト音記号)で、1年中楽しいことがありますように、という意味を込めました。

そんなこんなで楽しく続く、シンシアリーのじゃぱんらいふ、今日このごろです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

146+

49 Replies to “榊のハーバリウム”

  1. 神社にお参りするとき手を洗う場所があると思いますが、あれは本来滝などで禊ぎをするものの、それは大変だということで簡略化した物だそうです。
    このハーバリウムもそう考えれば気軽に設置できるという点で理にかなった物ですね。

    以前勤めていた会社に神棚があって、榊を時々換える必要がありました。
    信心深くないので作法はよく分かっていませんでしたが、換えた時は、何か心が晴れる感覚がありました。掃除とはちょっと違う感覚でしたね。それなりに交換するという行為に意味があったのでしょう。
    何が良いことがあったりお願いがあるときは、そういう意味でも本物の榊を用いても良いのではないかと思います。

  2. 私の生家で榊は使わない.庭にある照葉樹ではない常緑樹を用いるが,名前は・・忘れた w 教えられたのは その木でなければならないことだけ.また 灯明も忘れてはならない.

    神様は氏神様,御稲荷様,荒神様.他に仏壇と大晦日から正月,あるいは祝い事では床の間を飾りお供えをする.神棚は正式な入り口である敷台玄関と正対して三間ほどある.もちろん荒神様は台所に祀る.

    その常緑樹は庭木なのでいつでも入手可能.本来は枯れたなら替えるべきだが,行事のある時にしか挿していない.しかし 造花の榊でも無いよりはよいのか と問われたなら,私としては違う気がする.

    ちなみに 神棚に神鏡のような神具は無く,社の中に依代となる御札が幾つかある.神様はいつもそこに在る というよりは,こちらが意識した時にそこに憑く そんなふうに思っている.

    これは私のウン十年を経た生活体験からの印象だ.神事は何回も体験しているが,正式な講義など受けた事が無い.体験と親からまたその親からと,ご先祖様から伝えられた“何か”も含まれているのだろう.

    神様との接し方は人それぞれでよい,だから他家の祀り方をとやかく言う気はない.だが 異国人が日本人の神を確認したいならば,型をそのまま模倣する方が宜しいのでは と思ふ.

    形ある物が朽ちるのも信仰の一部かも知れない.本来は適宜に挿し替えるべきだろうが,枯れた榊をみて「放っておいてゴメンナサイ」と思うのも接し方のひとつではなかろうか.
    (適切でない扱いをした場合「よく謝っておけ」とだけ言われてた)

    武道でもそうだが,型は初心者が理解できなくとも何度も繰り返すことにより いつかその意味を知り真髄に触れる手掛かりとなる.浅薄な“合理的”な理解は,基礎の妨げになる場合も多い.

    まぁ できることから真似てみるのを否定する気はない.ましてや 神棚をインテリアと観るなら,それはそれでいいんじゃない?

  3. バレッタの春夏秋冬を表した色、とても素敵な表現だと思いました。
    私なら冬は寒色を持ってきてしまいそう..こんな表現もあるのですね。綺麗だ~。

  4. お近くで松の枝は売ってませんか?花屋やスーパーには必ずある物だと思ってましたが手に入りにくい所もあるんでしょうか。置きっ放しでなく時々取り替えるなら良いと思いますが。
    一日と十五日に新しい物に取り替えることに意味があると思うので私はやりませんが・・

  5. モダンなのが不思議としっくりきていますね。

    こういったことにまったく詳しくないのでおかしなことを言っているのかもしれないけど…
    形式より何より大切なのは気持ちだと思います。
    そこに心がこもっているのなら他に何が必要でしょうか… (もちろんそのどちらも備えているのに越したことはないと思います)
    宗教的な事柄に限らず、どんなことにも言えるのではないかと思っています。
    仮にそれで眉をひそめる人がいたとしても、私は自分の素直な気持ちの方を大事にしたいです。

    バレッタもかわいらしいけど、そのコンセプトが本当に素敵です。ちょっと感動してしまいました。
    いいなあ、レナちゃん。

  6. とても面白い問題提起ですね。アリだと思いますね。サカキの代用品としては優秀だと感じました。
    考えを巡らせば、サハラ砂漠の真ん中とか、状況によってはプラスチックの造花もありなんだろうな。
    「神様すみませんが、これしか用意できませんでした。どうぞご勘弁ください。」って謙虚な気持ちは必要だとは思いますけどね。

  7. お仏壇のろうそくも、電池で光るものがありますね。
    賛否両論あるようですが、私はありだと思いますよ。
    これもありだと思います。

  8. 初めて見ましたがアリだと思いましたよ。一人で家の管理をすべて完璧にやるなんて困難だろうから、こういう工夫で乗り切るのはいいと思います。実家の高齢の両親に向いてるなぁと思いました。

  9. 私は観葉植物も兼ねて水耕栽培のナギの木を買って置いてます。
    ハーバリウムも大好きですけど、風水的にはドライフラワーと同じく死んだ植物扱いになるのでよくないとか…を気にしちゃってました。あらゆる思想ごちゃ混ぜですw

  10. レナ君の国籍はどこでしょうか?
    色白で目が大きいけど、白人には見えませんね。
    韓国人かな。

コメントは受け付けていません。