「日本がもっとも懸念しているのは、統一後に韓国が核兵器を受け継ぐこと」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

拙著『朝鮮半島統一後に日本に起こること』でも論じましたが、統一前の北朝鮮より、統一後の韓国が日本にミサイルを撃つ可能性が高いこと。その可能性についての考え方は人それぞれ違うにせよ、一度は考えてみるべきことではないでしょうか。

それと繋がる(っぽいニュアンスの)記事があったので、紹介します。ニュース1の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

統一韓国という表現は不自然な気がしますが、記事原文ママにします。

<日本が今後、南北韓との関係で最も懸念していることは、今後「統一韓国」が北朝鮮の核兵器をそのまま引き継ぐ状況であるとの主張が提起された。

道下德成・日本政策研究大学院大学(GRIPS)教授は28日(現地時間)報道された外交安保専門誌フォーリンポリシー(FP)とのインタビューで、「日本の観点では、今韓国はどのような形で統一が行われても、核兵器を保有しないと誓うことが重要である」と述べた。

 

道下教授は特に「今、韓国がそのような約束をしなければ、統一が近づいた時により大変なことになるだろう」、「最悪の場合、日本は、この地域の主要国の中で核兵器を保有していない唯一の国になることもある。これにより、日本も核兵器を保有するために多くのお金と資源を浪費することになるだろう」と述べた。

これと関連しFPは専門家たちの言葉を引用し、「朝鮮半島の緊張緩和が日本の立場ではリスクになることもある」とし「韓国と北朝鮮との間の関係は着実に改善されているのに対し、日本とは悪化し続けている」と伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190129185111131

 

「日本が懸念している(心配している、恐れているなど)」というのは、韓国としては「志向すべき未来」でもあります。

それに、「誓う」ということが成立しない(韓国を相手にした約束も条約も、何の意味をなさない)から、さらに問題でして。

記事では「日本は核兵器を生産できる能力がある」点と、「核兵器保有に賛成する意見は無いに等しい」点を同時に紹介しています。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

140+

183 Replies to “「日本がもっとも懸念しているのは、統一後に韓国が核兵器を受け継ぐこと」”

  1. まず、発想が凄いよね。
    西側諸国では、有り得ない発想。
    統一朝鮮→(北)核兵器→米国と中国が没収処分する→異を唱えて駄々をこねる(統一朝鮮)→米国怒る→西側諸国から経済制裁。
    わからんかのーっ。

コメントは受け付けていません。