新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」のご紹介

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

お陰様で、また、新しい本のご紹介ができるようになりました。まことに、作家として身に余る光栄です。

「なぜ日本のご飯は美味しいのか」、「人を楽にしてくれる国・日本」に続き、日韓比較論3作目、その名も「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

妙な話ですが、本書は「品位」の話です。

韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。

お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。

韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。

そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

 

本ブログでも一部を紹介しましたが、「『自』中華思想」、「お金は幸せに必要なのか」などのエントリーも、もともとは本書のために用意した内容となります。他にも、韓国人とクレジットカードの悪縁、日本と韓国で「最低賃金」という存在の意味の差、タイトルにもなっている「なぜ借りたお金を返さないのか」を通じての韓国社会分析、そんな内容を、思いっきり書きました。

 

AMAZONリンクは↓となります。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~

※画像はまだありません。

 

韓国最高裁判決のことで<「徴用工」の悪心>の緊急出版が決まり、本書と原稿の執筆期間が重なってしまいましたが、扶桑社の方々の力を借りて、そして日本という国の良い環境(本を書くのに本当に向いている国です、色んな意味で)に恵まれ、なんとか予定通り形にできました。

最初に打ち合わせで「金銭感覚から日本人の品位や品格を表すのはどうだろうか」という話があったときには、「お金の話に品位があるのだろうか」とも思いましたが、考えてみたら、いろいろありました。私もまた、お金をただ俗なものとしか思っていなかった、ということでしょうか。

 

また、おかげさまで絶好調の<「徴用工」の悪心>ですが、発売してからあまり経っていないので、本ブログの新刊紹介エントリーへのリンクを残しておきます。これからは、<「徴用工」の悪心>関連のコメントも、本エントリー(いまのページ)のコメント欄にお書きください。

本ブログの<「徴用工」の悪心>紹介エントリー

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に絶妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・新書「朝鮮半島統一後に日本に起こること 韓国人による朝鮮半島論」が発売中です。統一前の北朝鮮より、統一後の韓国のほうが日本にミサイルを撃つ可能性が高い・・そんな悲しい内容の本です。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

341+

100 Replies to “新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」のご紹介”

  1. ちょっと面白いツイートを見つけました。

    ttps://twitter.com/emigrl/status/1091478864558092288

    シアトル図書館にこんなにたくさん日本の本があるなんてw
    そしてそこにシンシアリーさんの本もww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません