ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介

 

 

※ここから「続きを読む」の後になります。ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

お陰様で、また、新しい本のご紹介ができるようになりました。まことに、作家として身に余る光栄です。

まず、日韓比較論3作目、「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」です。タイトルに「か」が5回もでてくるスグレモノです(笑

着物の美しさを話し合うのが日本人で、着物の値段を話し合うのが韓国人であること。そういう日韓の差から現れる、本書は「品位」の話です。韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

AMAZONリンクはこちらになります。2月10日発売です。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~

前のご紹介エントリーはこちらになります。たくさんのコメント、ありがとうございました。

 

 

また、日韓比較論2作目となる「人を楽にしてくれる国・日本」が、大幅な追記とともに、「新書版」として新しくなりました。

姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、追記いたしました。

他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

アマゾンリンクは、こちらになります。3月2日発売です(今気づきましたけど、公式発売日は3月1日で、31運動100周年記念日の発売となりましたw)。

人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書)

 

はじめてシンシアリーのブログを始め、「ニュ-コリア」を載せるようになったのが、2009年です。ブログ10周年となります。

昨日気づいたのは秘密です

その10年間、歯科医師とかブロガーとかではなく、人間一人として、ずいぶんと変わった道を選び、しかも結構「遠く」まで来れたものだな・・な気もします。

すべて、本ブログあってこそのもの。

読者の皆さんに、心から礼を申し上げます。これからの10年、また頑張ります。

 

 

 

 

303+

58 Replies to “ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介”

  1. おめでとうございます、新刊をやっと買ってきました。
    これまで1冊漏らさず買えたことをうれしく思います。
    これから先の10年はずっと応援できるのか、私が
    高齢者の域に差し掛かり甚だ心もとなく思いますが
    ブログを読める環境にいられる間は応援してます。

  2. 日韓比較論シリーズは好きです。なぜ違うのか? に興味がわき、色々と考えるモチベーションにつながる。良い本は読んでいる時だけではなく、読後に考える時間が楽しい。度を超すと風呂やトイレが長くなりますが。
    なぜ、なぜと考えていくと、上下関係、平等感のなさにいきつきますが、さらになぜ平等感がないのか、儒教だけが要因なのか? では韓国と中国の根本的違いは何か? きりがありませんが、韓国人の視点ではどうなのでしょうか。

    ほかにも「趣味文化に多様性がない」。
    これにはハットとさせられました。確かにそうだなと。

    「Amazonがなぜ無いのか」
    消費の貧弱さが原因なのか?
    これは自社物流ロケット配達のクーパンがAmazonのサービスを上回っている(経営的にはともかく)ためという韓国内の主張もあり、答を探したいところです。

    ともかく、韓国人はなぜ金をかえさないのか? は、なぜ嘘に対する罪悪感が驚くほど薄いのか? につながると思っているので、日韓関係の根本命題だと言ってもいいと思います。
    面白い本に感謝するとともに、さらに掘り下げた著作に期待しています。

  3. 新刊はこちらの方では今日入荷するみたいだったので、入荷を確認して購入しました。
    今晩から読むのが楽しみです。

  4. 本が届き、軽く冒頭を読ませていただきました。
    韓国人のサービスとか好意とかに「タダ」と認識すること。これが深刻な問題を引き起こすことが多いですね。
    昔、日韓学生会議で日本側の、国際的イベントに理解のある家庭が、韓国人学生を受け入れたところ、受け入れ家庭のご夫婦を使用人のように扱い、また、サービスの要求を歯止めなくエスカレートさせた。今後、韓国人だけは家に入れないと非常に強い怒りで抗議されることになりました。
    ある尊敬を受けるべき偉い先生も、韓国人の若者を家に一週間逗留させたら、見たこともないその知人が次々と事前連絡も無く泊まりに来るようになった。当然、激しく怒り、二度と韓国人に好意を持つことは無くなりました。
    重要なことは好意に対して感謝を示すことは無く、全く遠慮が無いことで、それ以外の国の人たちを受け入れた上の二件で、韓国人だけがそうすると述べるのでした。
    韓国人に好意を示すと再現無く要求の水準が上がる、そして感謝の気持ちが無い。
    何度も見た風景です。
    大きな溝がそこに見えますね。

  5. 先程新刊やっとゲット出来ました。
    予約したのに、2日遅れです。
    午後から入院なので、良い(?)お供ができました。
    人を楽にしてくれる~は、新刊も買った方がいいか迷っています。

  6. タイトルから人権団体が抗議して発禁にされるのではないかと恐れていたため、すでに読まれた方々もいるようで安堵しています。
    私のは本日、書店に到着です。
    「人を楽にしてくれる・」を読み返してますが、すでにレーダー照射事件の現象を解説する内容がありました。
    韓国の「私の責任です」運動の話、社会人の基本である市民意識がそこまで無い深刻さ。問題、問題と大騒ぎするばかりで、社会が良くならない根本原因が示されています。
    ケンカを売った後に誰にケンカを売ったのか知るのが韓国の繰り返すスタイルですが、これからずーっと続きそうですね。

  7. ちゃんとレスは返せないでいますが、皆さん、本当にありがとうございます。

    本エントリーは投稿日から3週後、今月いっぱいでコメントできなくなりますが(本ブログの仕様です)、

    それからも「インフォメーション」のほうに本の感想などを、どうぞご自由に書いてください。

    インフォメーションのほうは日付を変えながら、コメント出来る状態を維持するようになっています。

    昨日、今日で特に幸せです。ありがとうございます。

  8. 新刊、読了いたしました
    借金を返さない韓国人の、居直りから問題すり替えての攻撃パターンが自衛隊哨戒機問題と同じだなと思いました
    非を認めるどころか相手への非難に持って行くその精神性に対抗するには関係を絶つしかないんだなという事も分かりました

    前二冊はまだほのぼのするような内容も多かったですが、今回は韓国面の解説が多かったのでちょっと重めだったのはしょうがないですね
    これからも日韓比較論を楽しみに待っていますので、よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません