ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介

 

 

※ここから「続きを読む」の後になります。ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

お陰様で、また、新しい本のご紹介ができるようになりました。まことに、作家として身に余る光栄です。

まず、日韓比較論3作目、「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」です。タイトルに「か」が5回もでてくるスグレモノです(笑

着物の美しさを話し合うのが日本人で、着物の値段を話し合うのが韓国人であること。そういう日韓の差から現れる、本書は「品位」の話です。韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

AMAZONリンクはこちらになります。2月10日発売です。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~

前のご紹介エントリーはこちらになります。たくさんのコメント、ありがとうございました。

 

 

また、日韓比較論2作目となる「人を楽にしてくれる国・日本」が、大幅な追記とともに、「新書版」として新しくなりました。

姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、追記いたしました。

他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

アマゾンリンクは、こちらになります。3月2日発売です(今気づきましたけど、公式発売日は3月1日で、31運動100周年記念日の発売となりましたw)。

人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書)

 

はじめてシンシアリーのブログを始め、「ニュ-コリア」を載せるようになったのが、2009年です。ブログ10周年となります。

昨日気づいたのは秘密です

その10年間、歯科医師とかブロガーとかではなく、人間一人として、ずいぶんと変わった道を選び、しかも結構「遠く」まで来れたものだな・・な気もします。

すべて、本ブログあってこそのもの。

読者の皆さんに、心から礼を申し上げます。これからの10年、また頑張ります。

 

 

 

 

553+

61 Replies to “ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介”

  1. ぐぅ、完全版商法……っまたか。というか比較論シリーズはそれで売るのか新潮社め(継続出版してくれてありがとう)グギギ。買っちゃうケド、ここkk今回は十周年記念のご祝儀なんだからねっ!
    (待ったりせずに買うてしまうのは自分)

    表紙のどんより感がいい出来ですね。

  2. 10周年おめでとうございます
    (なぜか10執念と変換されてしまいましたw)
    これからもご活躍をお祈りします

  3. 十周年おめでとうございます

    十年一昔と言うけれど、シンシアリーさんにとって波瀾万丈な時も沢山おありだったことでしょう。

    とても強いお心をお持ちなんですね。

    後、十年、二十年もっともっと先までご活躍されますようにお祈りいたします。

    私生きてるかな~

    それにしても、新刊の表紙絵が可愛すぎるんですけど…
    内容が楽しみですね~♪

  4. 確かに日本は平等ですとも。
    だからこそ、お行儀良く行列に並ぶんです。
    先に並んだことだけが唯一の優位点なんですよね。

  5. 10周年おめでとうございます
    私は2012年ごろからの読者なのですが、それでも本当に色々と乗り越えてこられて、よくぞ日本での生活を選択して下さったものだと感慨深いです
    どうぞその決心を後悔させるような日本ではないことを祈りたいです

  6. 他の方が以前同様なコメントをされていましたが、日韓比較文化論より現代韓国事情について読みたいです。
    比較文化論には呉善花さんとは違うシンシアリーさんの視点があると思いますが、旧ブログの時に時々書いてた歯医者業の話が面白かったので。兵役の代わりに田舎に診療に行った話も書いてましたが、どんな医療制度でどんな問題があって、どんな医療をしているのかなど我々は全く知りません。
    どんな学校生活してるのかも知らないですしね。

  7. 呉善花さんも言ってますね。「日本だと楽に呼吸が出来る、価値観が多様で 自分らしさを評価してくれる。韓国だと価値観が単一で女性は若く無いと価値が無い」みたいな。
    自分は 他の国で生きていける気がしません。

  8. シンシアリーさん、また本だすの?!儲かってまんな~笑

    1. 本当は、この2冊が予定されていました。

      いまさらですが、あの最高裁判決があってから<「徴用工」の悪心>が加わり、年末が凄いことになりました。私だけでなく、扶桑社の担当の方々もかなり大変でした。

      でも、<「徴用工」の悪心>の依頼が私に来たときには、本当に嬉しかったものです。

コメントは受け付けていません。