ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介

 

 

※ここから「続きを読む」の後になります。ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

お陰様で、また、新しい本のご紹介ができるようになりました。まことに、作家として身に余る光栄です。

まず、日韓比較論3作目、「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」です。タイトルに「か」が5回もでてくるスグレモノです(笑

着物の美しさを話し合うのが日本人で、着物の値段を話し合うのが韓国人であること。そういう日韓の差から現れる、本書は「品位」の話です。韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

AMAZONリンクはこちらになります。2月10日発売です。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~

前のご紹介エントリーはこちらになります。たくさんのコメント、ありがとうございました。

 

 

また、日韓比較論2作目となる「人を楽にしてくれる国・日本」が、大幅な追記とともに、「新書版」として新しくなりました。

姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、追記いたしました。

他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

アマゾンリンクは、こちらになります。3月2日発売です(今気づきましたけど、公式発売日は3月1日で、31運動100周年記念日の発売となりましたw)。

人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書)

 

はじめてシンシアリーのブログを始め、「ニュ-コリア」を載せるようになったのが、2009年です。ブログ10周年となります。

昨日気づいたのは秘密です

その10年間、歯科医師とかブロガーとかではなく、人間一人として、ずいぶんと変わった道を選び、しかも結構「遠く」まで来れたものだな・・な気もします。

すべて、本ブログあってこそのもの。

読者の皆さんに、心から礼を申し上げます。これからの10年、また頑張ります。

 

 

 

 

303+

58 Replies to “ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介”

  1. 此方こそ色々教えて頂いて有り難う御座います。
    今後も変わらぬご活躍をお祈りしております。

  2. >読者の皆さんに、心から礼を申し上げます<

    心から「お礼」を、の方がよろしいかと。
    その方が真意がより伝わります。

    「か」は5回でしたね。

  3. 10年でこんなにも劇的な人生の変化があるんですね。
    シミジミ国ではなく、個人の資質?で気持ち良く生きて往けるんだなーって思います。
    苦しい程の思考を重ねたのですから幸せでいてくださいね!
    なんちゃって(笑)
    息子を気使う母ごころ
    虎が出てきたな!

  4. 10周年おめでとうございます!
    益々のご活躍を

    応援方々、校正中毒者の要らぬツッコミ

    「か」は6回よ~

  5. ウチがシンさんのブログに出会ったのが2MBの頃なので、初めニューコリアをプリントアウトして一生懸命読んだ記憶があります(笑
    あれからだいぶ経ち日本で生活している事が凄い事やなあと思います。今回の2冊も楽しみにしています。これからどんな人生になって行くのか。
    いつかお顔を拝見する日を楽しみにもしています。日本で心穏やかに楽しい日々を送ってください。でも著述家のお仕事は頑張って(笑
    そのうちサスペンスばりに日本に移住して来た時の心情なども本になると嬉しいです。
    ファンの皆さんも無事入国できるまで心配しましたから。
    これからも頑張って下さい。
    そして応援しています。

  6. 新刊二冊ともとても興味が湧きました。
    発売が楽しみです。
    特に「着物の美しさを話し合うのが日本人で、着物の値段を話し合うのが韓国人であること。」
    これ「言い得て妙」、その通りですね。
    シンシアリーさんはすごく洞察力のある方なのですね。
    日本で暮らす日常の中で、私達が気付かずにいる日本人の姿をしっかり観察してらっしゃるようで怖いです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません