韓国専門家、レーダー照射の件で「どちらが悪いかを問うだけでは解決できない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

明日(7日・木曜日)、ひょっとすると更新が遅くなるかもしれませんので、1つ深夜更新、行きます。

レーダー照射問題で、専門家インタビューで構成された韓国紙の記事が「どちらかが悪いかを論じていては解決できない」と主張しました。専門家とは、与党国会議員、安保シンクタンク、政治外交学部教授です。

最近、「韓国人の交渉術」という主張が話題のようですが・・その「論点ずらし」にもあたいするのかもしれません。

ファイナンシャルニュースから部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・専門家たちは、両国の主張が真っ向から対立する状況で善し悪しを問う方式では、問題を解決することができないという立場だ。軍が直接出るより、外交部など政府が「トップダウン」方式で問題を解決しなければならないというものである。

両国関係の正常化を1次的目標にしようというものであり、これにより、今後、朝鮮半島の平和体制の構築のために、日本の協力を維持することができるものと思われる・・>

https://news.v.daum.net/v/20190206171848332

見出しの部分には、「原因や責任などを問うと、解決はできない」とも。

 

もし韓国で、歴史問題、例えば併合時代のことで、教授などが「どちらが悪いかを論じては解決できない」と話したとしたら、その人の立場はどうなるのでしょうか。

「誰が悪いのか」をはっきりすること。韓国社会でそれほど大事なことはありません。なぜなら、「誰『か』が悪い」を設定することで、「私は悪くない」を主張できる(と思っている)からです。

でも、韓国人が「誰が悪いかなんてどうでもいいだろう」「いまは私たちが是々非々を論ずる時ではない」と主張するときも、あるにはあります。

その場合、ほぼ間違いなく、「いまはそんなときではない」と言い出した人が問題の原因だったり、最も大きな責任があったりします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

194+

66 Replies to “韓国専門家、レーダー照射の件で「どちらが悪いかを問うだけでは解決できない」”

  1. 糞チョンと言われても当たり前だろうなぁ。
    朝鮮蛆虫どもは。

  2. そもそもどっちが悪いかなんて日本は言ってないでしょ。
    というかそこまでたどり着いてすらいない。
    まず事実関係を明らかにしましょうという提案と試みを
    韓国側が拒絶して「日本が悪い!」を連呼してただけ。
    もうはなから見えてるもの、見ようとしてるものが違うんです。
    一遍の救いもないほどに。

  3. 韓国人と仕事をしたことがありますが、まさにこのようなことが日常茶飯事でした。
    発注したものが届かないと総務課で大暴れし、「私はちゃんと~しました、だからあなたが悪いんですよね!?」と顔真っ赤。総務課のひとドン引き。
    話にならないからと、私も呼ばれまして、すぐに次善の策を協議して一瞬で解決。部署として恥ずかしかった。
    責めてたって仕方ないし出来ることをしないと仕事が進まないじゃないかと、何度言っても、その韓国人は「でも私は悪くない!!相手が悪い!!」とキレてました。思考回路が全く違うんですよ。
    この人との仕事は、人生に何回もないほどのストレスの連想でした。普通の韓国人は良い人が多いなんて…実際に体験してない人が言ってるのに違いないと思います。

  4. ぶっちゃけ、あの時なにが起こったのかは韓国で保守政権が出来て、文大統領の吊るし上げが起きない限り分らない気がするなー。
    日本にとって頭が痛いのは北の軍事力あるいは金一族に対する影響力が無いってこと。
    今度の米朝会談で北が日米安保でコントロールできる存在になってくれたらいいんだけどね。
    韓国と協力・もしくは巻き込んで日本の安全を担保すること、はその次善になるんじゃないかな。
    それで駄目なら日本単独で北に対応できる体制をつくらないと。九条の維持がどんどん難しくなるねー。

  5. 1つ忘れているぞ。
    このやり方は日本政府に最も歓迎されるやり方だ、ということ。
    つまりは日本政府のお墨付きということだ。
    日本政府が尻尾を振って喜んでついてゆく。
    その先頭は朝鮮族政治屋だ。朝鮮族政治屋は国家機密でも銭でも何でも漏らす。口利きなんぞは得意中の得意だ。政治屋風情が脅しを使った口利きをやらかすらしい。偉くなったもんだ。

  6. このシンシアリーさんの記事を読めば読むほど、日本と韓国は理解しあうのが難しいのだな、と痛感する次第です。
    また個々人は別なんでしょうけれども、実際のところ、個々人の間でもそういう傾向があるケースも多いのでしょう。

    さて、
    >「どちらが悪いかを問うだけでは解決できない」
    日本人の場合、こういうセリフを言えるのは、「AとBが争っていて、その争いの内実が分かっているCという人間」しかいません。

    両方の言い分がまったく食い違っていた時には、往々にして喚き続ける方が「争いの原因」と認識されます。
    そして、突然南下した場合には、

    >「いまはそんなときではない」と言い出した人が問題の原因だったり、最も大きな責任があったりします。

    と認識されますね。

    近いようで遠い国、文化が似ているようで全く違う国、日本と韓国。
    両国関係を現代国際社会に合致した、(国力の違いによるところはあれど基本的に)「対等な国際関係」という良好な状態するのはムリなのでしょう。

  7. 韓国軍が認めようが認めまいが、もう無意味です。日本は元から米国(依然韓国軍の統制権がある)ほか五カ国と軍事的に情報共有している。韓国がレーダーを向けたのは既定事実とされているでしょう。そこから韓国が主要国に説得し挽回するなど不可能。根拠と論理的整合性抜きに彼らと話すことはできない。韓国政府は、国内でしか通用しない「声闘」の無価値さを体験することになるでしょう。

    1. そうでしょうね。
      どこまで情報共有できているかは、絶対に外には出てこないので事実確認はできませんが、最低でも同盟国である米軍にはまるっと筒抜けでしょう。

      日本に対するものはさておき、アメリカはじめ西側諸国に対して、李承晩政権は信頼度を上げる努力をするどころか、李承晩ラインから低下し始め、北朝鮮との朝鮮戦争では敵前逃亡で評価はぼろぼろ。
      その後は高度を下げつつも信頼度はなんとか低空飛行を続けていましたが、囚人番号503あたりでは確実に着水、水面下に。
      続く無能によって韓国への信頼度はとっくに深海の底。

      「悪の枢軸の下っ端・韓国」の完成です。
      擁護する余地があるかな、と考えたのですが、どうひねってもどうにもこうにも擁護する余地がありません。
      もし、万が一韓国に信頼度回復をするつもりがあったとしても、事ここに至っては「夢のまた夢」でしょう。

      1.  韓国の得意技は「手のひら返し」です。文政権を倒した次の政権ならこれが出来るが、次も左翼政権でしょう。おそらく。

  8. 軍ではなく、外交部がトップダウンで決めるって?
    もともと韓国軍と自衛隊での話し合いで、韓国側がレーダー照射の謝罪なり
    再発防止の約束をすれば一応、収まったことを
    外交部や大統領府が出張ってきて、引っ掻き回して話を厄介ごとにしてしまったのではないのさ
    どうしてそういうことをしなければならなかったのか
    その説明をはっきりして欲しいね

    1. 瀬取り?があったので韓国としては引くに引けなかったのでしょう。
      当然、韓国としては有耶無耶にするしか手がなかったのです。
      しかしながら、打つ手が悪いので現在の状況です。
      自業自得です。

  9. 今だにレーダー照射事件の韓国側の態度がわかりませんこれもその一つです、どちらが悪いのかというのならレーダー照射したと低空飛行したの両方の行為があるとなりますが、韓国の主張はレーダー照射してないというものじゃないんですか、韓国の言い訳もそうなんですが一貫するという事にこだわってないように思います、その場しのぎだけの国とは縁切りするほうが賢明ですね。

コメントは受け付けていません。