韓国与党、「光州民主化運動」に異論を提起した国会議員3人の除名処分を推進

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

最近、また518でうるさくなっています。

518、韓国で言うオイルパルは、1980年、全羅南道の光州(グァンジュ)で起きた大規模民衆蜂起のことです。

前にも論じたことがありますが、韓国の民衆運動にもいくつかの「流派」がありますが、いま韓国で一般的に「左派」と呼ばれる思想の中でも、もっとも親・北朝鮮なものがNL派(民族解放派)です。過激な学生運動、反米、もちろん反日が強いのが特徴です。

そのNL派の人たちが、反米のもっとも大きな「恨(ハン)」としているのが、518です。保守右派(全斗煥氏)が憎いのは当たり前として、米国がそれを止めなかった、いや裏で手伝った、韓国は米国の植民地だからだ。そんな理屈です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

逆に保守右派は、518には北朝鮮が関わっている、としています。でも、金大中氏が大統領になってから、518を市民による民主化運動だったと規定し(いまは光州民主化運動と呼ぶようになりました)、最高裁判所も同じ趣旨の判決を下したため、いまでは518に北朝鮮が関連したと言うのは、「歴史修正主義」と言われます。

ちなみに、シンシアリーは、518に北朝鮮が介入しただろうという「心証」はありますが、だからといって証拠はあるわけではありません。ただ、明らかに政府転覆を狙ったものであった。すなわち「民主化運動という名分の暴動だった」ことはほぼ間違いないと見ています。

 

さて、野党で保守政党となる「自由韓国党」の国会議員たちが主催した「518公聴会」というイベントで、国会議員たちが518を「暴動」「北朝鮮が関連した」などと主張したことで、また騒ぎになっています。

与党は、該当国会議員たちの除名処分を推進する、と公言しました。

https://news.v.daum.net/v/20190210140602212

 

良し悪しは別にして、最高裁判決で民主化運動と決まっている案件ですから・・今回の件に国会議員たちが前面に出たことは、やり方としてあまり上手いとは言えません。国会議員たちはあくまで「主催」として場を用意し、もっと民間の研究結果を発表するイメージを出すべきでした。

ただ、いつものことですが、与党の「封じる」というやり方については、もはや呆れるかぎりです。

 

「封じる」は、議論そのものを認めないことです。その説明にもっとも適しているのが、反日です。

前にも書いたことがありますが、韓国人は併合時代のこと(例えば徴用問題など)で「日本と同じ主張をする」のを「間違っている」と認識します。

なぜなら、最初から日本の主張は間違っているという前提があるからです。だからそれと同じことを言うのは間違いだというのです。人が両方の話を聞いて「これは日本の意見が理に適う」と思って日本と同じ主張をしても、それは「間違っている」とします。根拠は、「日本と同じ主張をしたから」。さらに恐ろしいことに、誰も「根拠がおかしい」と疑問を提起しません。

 

韓国人が何かあれば「法律を作る」「最高裁判決」に拘るのも、実は相手の意見を封じるための強制力を欲しがっているだけです。

「司法を尊重する」価値観など、韓国にはありません。ただ、相手を封じるための道具です。

 

 

 

「かかかかか(なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか)」の発売日ですので、書店めぐりしてきました!ありがとうございます。この上なく、幸せです。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

125+

48 Replies to “韓国与党、「光州民主化運動」に異論を提起した国会議員3人の除名処分を推進”

  1. なんか考え方の多様化を認めない,国家による思想の統一,取締が激しくなっている感じがします。サイトの閲覧阻止も含めて,まさに昔の共産国家並になってきているようで,さすがにちょっと引きます。

  2. 518 は、北は直接関係なくて金大中の自作自演だと思っています。
    支持者を生贄に捧げて軍事政権の権威を失墜させ自身は復活する目的の。そして、それは成功しました。
    https://www.sankei.com/column/news/150702/clm1507020008-n1.html

    金大中は、北のスパイではないと思っています。韓国人(朝鮮人)はスパイには向きません。彼らは国や思想に殉じたりしませんから。彼らは、自分のために自国も他国も利用します。
    その証拠の一つとして、金大中が後継者の盧武鉉に政治や外交に関する本当のこと(表に出ていないものを含めた真実)を教えなかったことがあります。
    だから、盧武鉉は金大中のように親日反日や親米反米を使い分けることができませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません