韓国紙、またまた「メルケルは変わってしまった」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

前にも同じ趣旨の記事を紹介したことがありますが、またもや「メルケルはもうダメだ。なぜなら、日本の味方になってしまった」という記事が載りました。

韓国日報の記事から、部分引用してみます。

<・・ドイツは、私たちの政治家たちには宣言の場所だ。金大中大統領以来、政権の対北朝鮮ロードマップをドイツで発表するのが儀式のようになった。李明博、朴槿恵大統領に続き、文在寅大統領も就任二ヶ月後の2017年7月ニューベルリン宣言を発表し、南北対話のきっかけを用意した。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

過去史への対応が日本と対比されるうえに、私たちよりも先に冷戦の悲劇を克服したドイツを学び、統一を決意することに、世論の共感も大きかったのは当然だ。そのような点で、朝鮮半島の冷戦解体の大長征の真っ最中の中、メルケルの東京での発言は冷たい矢のように刺さった。

 

米国の声(VOA)放送によると、5日、メルケルは、第3国を犠牲にして北朝鮮と取引することを警戒しなければならないと述べた。米国のスティーブンビーガン・北朝鮮政策特別代表が平壌で会談する直前、日本の立場を代弁したものである。

日本は、米国が本土の安全だけ保証する合意で「ジャパンパッシング」をしないか心配している。過去史の問題を指摘するにも良いタイミングだったが、メルケルはそうしなかった。責める気はないが、「かなり」という言葉が足りないほど、前とは違う態度だった。世界の経済力3、4位の日本とドイツの異常な連帯の中、メルケルの「お母さんリーダーシップ」も揺れているようだ>

https://news.v.daum.net/v/20190210180243765

 

記事を読んでみて驚いたのは、「じゃ、記者は、北朝鮮のICBMだけ破棄すればいいとでも思っているのか」です。「完全なる非核化」という言葉が聞いて呆れます。

記者は、なぜメルケル氏のこの発言を「ダメなもの」としてこのような記事を書いたのか?答えは簡単です。1つ前のエントリーにも書きましたが、「日本と同じことを言った」からです。

余談ですが、統一つながりとはいえ、ドイツを北朝鮮関連の宣言の場にする理由があるのでしょうか。自国でやればいいでしょうに。しかも、宣言したところで大して効果が出せた実績もないし・・

 

 

 

「かかかかか(なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか)」の発売日ですので、書店めぐりしてきました!ありがとうございます。この上なく、幸せです。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

162+

66 Replies to “韓国紙、またまた「メルケルは変わってしまった」”

  1. こういった件から思うのは韓国は個を認めないってことですね。
    人も国も絶対の思想で統一されてなければならないという価値観。

    で、その基準は常に自分の感情が軸となっている。
    普通はそんなデタラメな基準の共有は不可能だから
    そのため個を殺す序列主義がどうしても必要になる。

    韓国人が正義を愛する人々である限り、強固な甲乙関係の社会は
    未来永劫に渡って引き継がれていくのでしょう。

  2. 自分達(韓国)が、ほめてくれる人は 素晴らしいと思うので
    韓国がドイツをほめれば、当然 ドイツ人は自分達(韓国)
    を素晴らしいと思うに違いないと妄想していただけだと思います。

    ドイツは 最初から 韓国には 興味をもっていないので
    徹頭徹尾 韓国人の妄想です。

    1. 韓国人のドイツ好き80%、ドイツ人の韓国嫌い60%。(BBCによる)ちなみに日本人の韓国嫌い20%
      韓国人はこの数字になんと応える?

  3. 日本が朝鮮半島を併合するまでは、貴族と無知の平民しかいなかったのが、併合終了後は一部の特権有力者とオルテガの言う大衆だけになった。
    軍事政権が終了し、経済成長も華々しく伸びた韓国は、一見近代化されたように見えるが、実態は何も変わっておらず、自分の思い通りにいかないことにただただ文句を垂れる愚衆の集団の社会のままです。
    そんな韓国をスルーしつつ、有能な政治家であればあるほど、日本という国と友好関係を結んでいて置きたいというのが本音のところでしょう。
    いろんなことで困窮しているメルケル首相にとって、日本はまさしく藁をもつかみたい存在なのです。

  4. 書いた人はメルケルさんの何を知っていたのですかね?ろくに知らない女性に過剰に期待をかけたのですね。
    最近、店の若くて美人な従業員に異様な感心を寄せて、乱暴な行為をどうしてもやめない男がいたんで、殴りました。
    そいつが
    「おまえに俺の何がわかるんだ」
    と私に言ってました。
    ボディービルで身体を膨れ上がらせてピッチピッチの半袖シャツの男でしたが、心が弱い奴だとは思いましたね。その男に似てますな。このソルレパル記者は。

  5. ドイツに対する韓国の「片思い」って、昔から有名ですよね。
    あれだけ色々報道されているのになんで気付かない?
    馬鹿なのか?

  6. 「相手がないのに自分だけで気負い込むこと。また、実りのない物事に必死で取り組むこと」を日本では『一人(独り)相撲』といいます。自意識過剰で勝手に思い込み、勘違いして滑稽な振る舞いをすることです。神様に笑って愉快になってもらおうという大道芸でもあり、神事でもあったりします。
    相撲に似た格闘技はどこの国にもありますし、起源や発祥などわかりませんが、『独り相撲』に関しては朝鮮民族起源に間違いありません。この点は日本の神々も苦笑しつつお認めになると思われます。

  7. 本ブログでも度々「韓国はツートラック戦略を行えない」・「韓国は外交ができない」と指摘されますが、本件はよい例だと思います。
    当たり前のことですが、日本や第三国は韓国のように「韓国か日本か」の二者択一で行動しているわけではない。国益につながれば多少のわだかまりがあったとしても棚上げして日本や韓国とつき合える。
    ただ韓国の場合は何かの拍子にそのわだかまりを爆発させる。しかも本件は韓国とは関係ないドイツの行動です。韓国が文句をいう資格はないでしょう…。
    これこそ韓国の積弊(悪癖)でしょう。こればかりはいくら国内を清算しても解消できません。

  8. 「地球人のお荷物」
    昔からのSFファンならご存じだと思いますが、
    地球の文化に触れた異星人(クマのぬいぐるみみたいなホーカ人という種族)が、地球人のマネをして「何かを試みて」いろいろな騒動を巻き起こすのです。
    カリカチュアである、本質を理解しないで上っ面だけマネしている、周囲(主に地球人の交渉等担当者)に迷惑をかけまくる。
    朝鮮半島で何か起こるたびに、このシリーズを思い出します。

    ホーカ人と違うのは「愛嬌」とか「善意」とか「向上心」とかが、欠如しているところですね。

      1. 私は「古いSFファン」なので、そのシリーズは知りませんでした。
        Wikipediaで見たところ、面白い設定ですね。
        「陽気さ」「愛嬌」「能力の高さ」などが、「日本人のお荷物」と違うところですね。

        彼らが、在米韓国人に「世界最悪の極悪人は、日王ニダ」と吹き込まれて、天皇陛下の手下になろうとする、という設定はいかがでしょうか。
        ストーリーの大筋としては、世界の破滅を次々に回避してしまい、ついに「日本の天皇を大統領とする世界政府を樹立し、地球の平和的統一」を成し遂げてしまう。
        「世界最悪、と信じた主君を、世界の王にする事に、ついに成功」した、にも関わらず「その最悪のはずの主君は、実は世界が望みうる最良の大統領なのだった」この矛盾にさいなまれるミニオンズ。やがて、ミニオンズは「いつのまにか『善なるものに仕える』という次の階梯に進化していた」ことに気づく。
        ハッピーエンドです。

        1. ①種別関係なしに最強最悪の主に仕えることを生きがいとし、様々な悪党や実力者に仕えてきた。
          ②だがミニオンたちの主となった者は皆、彼らが起こしたアクシデントに巻き込まれ、ことごとく死んでいった。
          ③仕えるべき主を次々と失った彼らは、偶然見つけた氷の洞窟内に居場所を移し、新しい生活を始めようとするものの、
          ④主のいない生活にやる気をなくしていた。 (by wiki)

          ミニオンズの肝は、自分の間抜けで勝手な振る舞いで仕えた主人が悉く悲惨に落ちぶれて死ぬというポイントです。
          ①~④を永遠のサイクルとして、ゴールが無いのです。

    1. なつかしい書名ですね。
      私は、“日帝”時代の日本人の行動はキース・ローマーの「やさしい侵略者」のモニターに通じるものがあると思います。

  9. どこの国も経済と国防という2つの国益を軸に考えていると国際情勢も読みやすいんですが、経済も国防も無視している国が日本の隣にありまして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません