韓国政府、「ブルームバーグが悪い」としながら謝罪せず

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国側の報道を待っていましたが、いまのところこれといった記事が上がってこず、日本語ソースのまま更新します。

日本政府が、例のムン・ヒサン国会議長の発言の撤回・謝罪を要求し、抗議したことが明らかになりました。

ただ、韓国側は『謝罪は無い。ブルームバーグが議長の発言を歪曲した』というスタンスです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

時事ドットコムの記事です(短いので、全文読んでみてください)。

<政府、韓国議長の発言に抗議=菅長官「甚だしく不適切」>

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021200396&g=pol

 

記事によると、(菅義偉官房長官によると)韓国政府は「国会議長の発言は、早期の日韓関係改善を願うものであり、本意とは違う形で報道された」と釈明しながら、「謝罪はない」という、とのことです。

「報道」とは、ブルームバーグのことです。そもそも発言がブルームバーグとのインタビューで出てきたものですから。さて、言い換えれば韓国は政府公式に「悪いのはブルームバーグだ」としたわけですが・・ブルームバーグからは何かコメントがあるのでしょうか。

 

「天皇の戦争責任」「慰安婦合意ガン無視」などが、「『韓国にとっての』日韓関係改善」であることは確かですが・・

ムン・ヒサン、いまは米国を訪問し「韓米同盟は必要です!」と熱弁しているとのことです。

 

※追記・・

コメント欄が例の音声公開で埋め尽くされる未来が見えたので、ちょこっと追記いたします。

「戦争主犯の息子」発言のことで、韓国国会の報道官が「そんな発言あったかな?覚えていないなー」とトボけました。「ブルームバーグが勝手に書いたものじゃね?知らんがな-」なニュアンスで言い訳をしたわけです。

そこで、ブルームバーグは音声を公開しました。「楽韓WEB」で確認できます。※他ブログへのリンクです。

私は、ブルームバーグの音声公開は、ムンヒサンが「戦争主犯の息子」発言について「覚えていない」とトボけたことに対するブルームバーグ側の措置だ、と思っています。

エントリー本文で「ブルームバーグから何かコメントないかにゃー」と書いたのは、韓国政府が「ブルームバーグが発言の本意を伝えなかった」と言ったことに対しての措置(本社からの何かのコメントなど)があってもいいのではないか、という趣旨のものです。

 

ちなみに、公開された音声の内容は、日王、戦争犯罪、主犯の息子、謝罪など、すべて知られているものと同じです。

ただ、天皇陛下のことを「あの人」ではなく「あの方」、「息子」ではなく「息子様(아드님)」とするなど、最小限の敬語は使うイメージも、あるにはあります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

172+

65 Replies to “韓国政府、「ブルームバーグが悪い」としながら謝罪せず”

  1. 政治家も元は一般国民なのであって、初めから政治家ではない。

    国民の多くが嘘つきである南朝鮮では政治家に嘘つきが多いのは必然の結果である。更に日頃から他人を蹴落とすための努力を惜しまない
    南朝鮮人は小は詐欺から大は殺〇まで犯罪を犯すことに何の躊躇いも持たない。

    従って、南朝鮮では政治家の多くが嘘つきの前科者で占められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。スパム対策です。申し訳ありません