初めての方はご一読を・<ブログ・インフォメーション>

本ブログは、上から2~3つのエントリーが固定表示されます。それより一つ下の、固定表示マーク(📌)の無いほうが最新のエントリーとなります。

本インフォメーションには、皆様へのお願いやブログ説明が書いてあります。「雑談エントリー」、「議論エントリー」もぜひご利用ください。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<皆様へ(本ブログについて、など)>

初めての方も、常連の方も、今日もようこそいらっしゃいました。

私は、シンシアリーと申します。40代の韓国人です。歯科医師でしたが、今は著述家として、日本で第二の人生を歩んでいます。基本的には、ブログや書籍などで韓国の反日思想を論じています。韓国人でありながら、変わった形での活動になりますが、出来る限りのことを尽くしたいと思います。

アメブロで8年間「シンシアリーのブログ(旧シンシアリーのブログのURL  https://ameblo.jp/sincerelee/)」を書き続け、扶桑社の方々の助けのもと、複数の著書も残すことが出来ました。下の「著作ページ」もぜひ御覧ください。

これからは独自ドメインである本ブログで、書きたいことを書いていきたいと願っております。

 

・シンシアリーが今まで書いた拙著のリストと簡略な説明は、書籍紹介ページにまとめてあります。ぜひ御覧ください。

・本ブログのアフィリエイト・プログラム方針については、「本ブログの広告について」をお読みください。

・スマホなどモバイル機器でご覧になっている方は、「モバイルページについて」をお読みください。問題は解決できていませんが、フィーチャーフォンからの書き込みについても少しは内容があります。

 

・以下、コメント関連です

・コメント表示関連で「順番がおかしいな」と思った方は、エントリー「コメント欄表示についてのご報告」をお読みください。もっとちゃんと出来なくて申し訳ありません。また、「返信」によるツリー表示は5件までです。

・リンクを使うコメントは、承認待ちになることがあります。殆どの場合は承認しますが、「承認待ち」状態になったまま私がそれに気づかないこともありえますので、気をつけてください。基本的に、httpの「h」を消せばOKです。

・投稿してから28日が過ぎたエントリーは、自動的にコメントが出来なくなります。本「ブログインフォメーション」と「雑談」「議論」は公開日付を変えながらずっとコメントできるようにする予定ですので、どうしてもコメントしたい内容があったら「皆様へ」に書いてください。

 

350+

82 Replies to “初めての方はご一読を・<ブログ・インフォメーション>”

  1. ありがとうございました。本日も先生の著書を読んでおりました。より一層のご活躍を期待しております。

  2. 返信ありがとうございます。著書の中でも同じことを仰ってましたが、私は中央日報や朝鮮日報の配信コラムを毎日のように読んで疑問を抱いたのですが、韓国の一般紙(敢えてクオリティペーパーと呼ぶべきでしょうか?)でも煽動的もしくは論理的に破綻している記事が散見できる事です。日本のスポーツ紙のようにも感じられます。韓国の読者の方は違和感を感じないのでしょうか?それを敢えて「民度」と表現することを許して頂ければ、その一因はハングル語にあると思うのですが先生のご意見をお聞かせください。

    1. ハングルの問題というより「漢字を廃止したこと」すなわちハングル「だけ」を使うようにしたことは、言うまでもなく「(悪い方向に)影響があった」でしょう。

      でも、どこがどう低下したのか、そういう具体的な議論をするには、データが足りなすぎます。せめて機能性非識字率(技能性または機能性文盲といい、字は読めるけど、文章の意味をうまく把握できないこと)のデータだけでももっと欲しいところです。

  3. 拝啓、先生の著書を最近読み始めた者です。目からウロコで日々発見と感動(驚愕?)です。私の素朴な疑問なのですが韓国の方々は論理的思考、抽象思考が苦手なのでしょうか?(あくまで一般的にという意味で)悪い言い方をすれば知能が世界の平均(何が平均かはよく分かりませんが)よりも少し低いような気がします。もしそうなら私の仮説ではハングル語に原因があるような気がしてなりません。ハングル語と教養についての本を是非一冊書いて頂ければ望外の喜びです。

    1. 私の「経験」として書きますと、韓国人は「個人としての判断力が弱い」になります。

      ニーチェの言葉ですが、「楽に生きたいなら、常に群れを作る人たちと一緒にいればいい。群衆の中で、自分自身の個人的判断ができなくなるまで」。これが極端に悪い形で現れているのが韓国社会の善悪論ではないだろうか、と。それは極めて宗教に近いものであります。

  4. 桜も良いですが、2~3週間前の柳の芽吹きは素敵ですよ。
    毎朝気を付けていないと、すぐ緑になってしまいます。
    突然、気のせいかと思うほど、薄緑のカーテンが掛ったような。風景になります。
    家から一本見えるのですが2年に1回位しか拝観できません。
    独立独歩(失礼でした?)なシンシアリー氏にはお似合いかと。
    なにせ、独り占めの風景ですので周囲の人は気が付きません。

    1. 返事が遅くなって申し訳ありません。「柳の芽吹き」という言葉そのものを知らなかったので、いろいろ検索してみました。確かに、いいですね、これは。

  5. 本日このブログを発見しました。シンシアリーさんは日本での生活を楽しんでおられますか。私は、ご著作は1冊持っていますが残りは図書館で借りようかなと思っています。年金暮らしなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません