スピンオフ

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

とりあえず何でも「31運動100周年だから!」とすれば何とかなる韓国ですが・・今日は、水原(スウォン)という地域の博物館側が、「キーセンたちの31運動は日帝植民地統治への抵抗であり、自分のアイデンティティーを見つけるための積極的なものだった」という主張をしました。

その主張の中にいろいろツッコミどころがあったので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

まず、記事から引用しますと、こうなります。

(各所からキーセンたちが31運動に同調してマンセーを叫んだとする内容のあとに)<・・日帝によって毀損された華城行宮で屈辱的な健康診断を受けなければならな状況の抵抗だったという解釈を出した。

当時日本は朝鮮の王を象徴する華城行宮を意図的に崩して、植民地行政機関や病院を建てた。1910年正祖大王の祠堂であったファリョンジョン(華寧殿)に慈恵医院を作り、した後、しばらくして華城行宮の正宮である奉壽堂に移した。

水原キーセンたちは慈恵医院で健康診断を受ける屈辱的な日、慈恵医院の前でキム・ヒャンファを筆頭に万歳を叫んだ。博物館側は「水原キーセンにとって故郷の家のような存在だった華城行宮を崩して作られた病院で性病検査を受けなければならいことに、キーセンたちは非常に大きな恥を感じていたのだろう」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190227131508186

 

このあと、記事は「それは、キーセンたちが自分のアイデンティティーと、生存権のために行った主体的な戦いだった」としています。

生存権、ですか・・・

以下の点、シンシアリー的に指摘したいと思います。

・華城行宮は王(正祖)が臨時に居処として使っていたもので、王を象徴するものではない。また、記事は宮も祠堂も併合時代に壊されたようなニュアンスで書いているが、それはミスリード。どちらもまだ残っている。保存状態はあまりよくないと聞く

・当時「性病検査」というのが存在したことを高く評価すべき。また、「慈恵医院」は併合時代に各地に作られた医療施設で、性病検査だけをやっていたわけでもない

・マンセーを叫んだキーセンたちがなにかの処罰をされたという話はまったく無い

いつだったか、韓国の某寺が「日本軍が使用していたコンドーム」を「慰安婦が存在した証拠」として展示したことがあります。

また、慰安婦(うろ覚えですが、慰安婦かその関係者)が「日本軍はコンドームを洗って再使用した」という話を「どうだ、ひどいだろう」なニュアンスで話したりしました。

今回もそのシリーズとみていいじゃないでしょうか。慰安婦じゃないからスピンオフかな。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

151+

68 Replies to “スピンオフ”

  1. 「団交」は韓国から言わせないとダメだと思う。
    しかし彼方からは決して言ってこないと思います、日本は韓国から会社撤退と韓国人を雇用しない辺りから始めて欲しいかな…

コメントは受け付けていません。