韓国の空気汚染、深刻・・対策は「中国のせいだ」をできる限り叫ぶだけ?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

日韓比較論にも書いたことがありますし、ブログにも数年前から書いたことがありますが・・今日は、韓国の空気汚染に関する内容です。

本題に入る前に書いておきますが、ああ、雨の日の夜にコンビニに行っても、空気から嫌な臭いがしない、この日本の街・・これは本当に素晴らしいことです。体重は増えるけど。

 

数年前にブログでこの問題を書いたときには、まだ韓国内でここまで空気汚染が問題視されていませんでしたが、最近は韓国、特にソウルの空気が、「災難」と騒がれています。

韓国ではPMの10を微細粉塵(미세먼지)、PM2.5を超微細粉塵とも言いますが、最近は言葉の意味が広くなり、微細粉塵と書くと、細かく区分せず空気汚染または粒子状物質全般を指します。その微細粉塵がひどくなりすぎで、5日連続で非常低減措置(公共部門の車の利用制限など)、学校は室外授業を中止するなどの騒ぎが起きています。

兵役経験のある市民たちは「毎日が化生放訓練(兵役で行う、ガスマスク着用などの訓練)のようだ」と話しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

https://news.v.daum.net/v/20190304204817278

 

https://news.v.daum.net/v/20190304184503330

 

韓国、特にソウルの空気汚染が、(一時は空気汚染の代表格のような扱いだった)中国の北京よりもひどくなっているのは、もはや目新しい情報でもありません。

もちろん「中国から流れてきた」が汚染の理由の一つで、特に季節によっては大きな要因であることは事実です。

しかし、問題は、その「中国のせいだ」に酔いしれ、「それ以外(国内の原因)」から目をそらしていることです。大統領府の請願掲示板に「『中国発の』微細粉塵をなんとかして」という請願がいくつも上がってくるなど、韓国では「空気汚染は中国のせいだ」という主張に反論するのは、容易ではありません。

 

そんな中、1月、中国政府が公式に「ソウルの空気汚染はソウル(韓国内)によるもの」と話して、韓国で大きな話題になりました。ソウルのパク・ウォンスン市長が「微細粉塵の50~60%は中国の影響だ」と反論したりしました。

しかし、当時問題になった微細粉塵騒ぎ(去年10月~11月あたり)について、オーマイニュースはこう書いています。

<・・国立環境科学院がこれらの手法(※公式の空気汚染測定方式)を利用して11月初めの4日間、超微細粉塵の国内外の影響を分析した結果、国内の影響は約55〜82%、国外の影響は18〜45%となった。2つの方法をまとめてみても、国外要因が50%を上回った日はなかった。ヨーロッパ環境衛生の観測結果も同じだった・・

・・国立環境科学院は(※2018年)11月7日、このような根拠を総合して「緊急低減措置の発令などによる国内低減措置が必要な事例」と結論した。

ソウル市傘下機関も国立環境科学院の発表をそのまま受け入れた。チョン・クォンソウル市保健環境研究院長は11月8日市役所のブリーフィングで、「最近、環境部が超微細粉塵の国内寄与度(※国内に原因がある)を55〜82%と発表したが、ソウル地域もその範囲内ではないかと見ている。北風が吹かなかったら、国内で発生する大気汚染率がより高くなっただろう」と述べた。結論としては、「ソウル大気汚染の主な原因は、ソウルによるもの」という中国政府の論拠を提供したのは、韓国の環境部とソウル市であるわけだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20190107164800884

 

韓国側は、あまりにも「中国のせいだ」という意見ばかりで、国内ではこれといった対策をしていません。火力発電を増やすとか言っているし、民間の車両運行制限もしていません。

それに、朝鮮日報の記事によると、韓国内の微細粉塵発生原因などを調べたデータは、なぜか2014年以降は存在しない、とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20190305031111133

 

ひょっとすると、韓国政府は、「中国のせいだ」という民の不満に隠れて、自分たちのやるべきことから逃げているのではないでしょうか。

「日本のせいだ」「安倍のせいだ」に隠れて、国家として普通にやるべきことから逃げている韓国の現状と、同じにも見えます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

149+

76 Replies to “韓国の空気汚染、深刻・・対策は「中国のせいだ」をできる限り叫ぶだけ?”

  1. あの酷い大気汚染が何に由来するものか調べられないはずはないのに2014年以降のデータがないっておかしい。
    原因を特定し対策を立て、必要なら国民に痛みを強いてでも環境を回復させるのが政府の仕事。強い大統領の権力はこういうことにこそ使うべきだ。
    韓国国民が揃って中国のせいだと叫んだところで、何の実効性もない

  2. 痛みを伴う規制=民生の向上。を実感するのはかつての石原都知事「英断」です。気が付いたら神奈川から都内に半日行って帰って来ても鼻くそ(失礼。なにしろ30年ほど前は帰宅すると鼻がもそもそしてティッシュ1,2枚で掃除?せずには済まなかったのです)が黒くならなくなっていました。

    2010年にソウルで秘かに漂う「廃ガス」の匂いを久々に嗅ぎ取り、ああ、日本の空気って良いのだなあとひとり心でつぶやいた。
    約2年後、上海紅橋空港に着いて空気悪!と気づいたあと杭州、蘇州に行き、戻ってきた上海は終日雨。観光は駄目だったが、お陰で匂わない、と本気で喜んだ。

    古希を迎えるオバアサンの、数少ない実体験です。韓国の人も先ずはヒュンダイの値上げや安い石炭不使用を甘受しないと駄目なのではないでしょうか? ちなみに石原氏を私は上記一点でのみ「評価(良い方の」しています。

  3. 韓国では、「中国のせいだ!なんとかしろ」は中国に言わずに韓国政府に言うのな。
    もしかして、中国大使館の前で大気汚染に関するデモをやってるのかなぁー?

コメントは受け付けていません。