北朝鮮、そもそもトンチャンリ(東倉理)施設を解体したこともない?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

今朝に続き、北朝鮮関連です。

トランプ大統領が「事実なら、失望だ」とツイートするなど、北朝鮮核問題、特にトンチャンリ(東倉理)施設がクローズアップされています。

前回の米朝首脳会談でトランプ氏が北朝鮮のトンチャンリ施設(ミサイル発射台など)解体をかなり強調していた反作用とも言えましょう。「合意の大きな業績の一つ」としていた分、トンチャンリ施設の再稼働(復旧)が疑われることは、「2次首脳会談の決裂」だけでなく、「1次首脳会談の無効化」というさらなる衝撃を与えているわけです。

そんな中、「そもそも解体もしていなかったのでは」な意見があったので、紹介します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・北朝鮮が東倉里(トンチャンリ)施設を解体したことがないという主張も出ている。軍事専門家であり、衛星写真分析専門家でもあるニック・ハンセン、スタンフォード大学国際安保協力センター客員研究員は、今回の東倉里の全体の復旧が早すぎることに注目した。彼は「今までに公開された衛星写真を見ると、東倉里発射場の中の、解体された資材などは、整然に地面に置かれているし、建物の移動に必要な線路などは一度も解体されたことがない」とアメリカの声(VOA)放送とのインタビューで語った。ハンセン研究員は「これはいつでも再組み立てすることを念頭に置いたからであり、北朝鮮は(東倉里発射場の)何も解体したことがない」と主張した・・>

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2019030711351340768

 

そもそも本ブログは、ミサイル発射台などの施設を解体すること自体が、「そこまで評価するものではない」というスタンスでしたが・・

それでも本件を「北朝鮮が見せた非核化の意志だ」と肯定的に受け入れていた人たちは、かなり動揺しているのでしょうね。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

145+

37 Replies to “北朝鮮、そもそもトンチャンリ(東倉理)施設を解体したこともない?”

  1. そもそも、
    馬賊・強盗と奴隷白丁と両班の屁理屈以外には歴史上の国とか外交、知識文化の経験が無いんだよね。
    血それは海外に出た国人の行動考え方を観れば一目瞭然だと思うな。
    海外に行っても○人総出で慰安婦とか恐喝・集りに血道を上げているのを観れば、察しは着くね。
    日本に居ても、一応学者とかに成ってるのは両班の子孫だと思うけど、沖縄に行って騒いだり、街で大声で騒ぎしたり、集り強請り、人質事件を起こしてるのは、100%純粋の血、察しの通り○○の子孫なのは決まってるよね。

コメントは受け付けていません。