(※追記しました)韓国紙「日本の嫌韓ネチズンがナ・ギョンウォンを支持している」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

昨日の「ナベ」に続いて、今回は「日本の嫌韓ネチズン(ネットユーザー)がナ・ギョンウォンの発言を支持している」「日本の嫌韓ネチズンがナ・ギョンウォンを親日だと認めた」などの記事が話題になっています。

国民日報の「『正しいことを言った』日本嫌韓ネチズンたちはナ・ギョンウォンを支持」という記事で、これが「国民日報の報道によると~」と再生産され、アジア経済に「『親日認証(※『証拠を得る』の意味です)した』日本嫌韓ネチズンナ・ギョンウォンを支持」と同じ内容が載るなど、複数のマスコミから確認できるようになりました。

ソースは5ch(旧2ch)だそうです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

一応、URLは記しますが記事の内容から引用するほどのナイヨウはナイヨウで、すぐオチに入ります。

https://news.v.daum.net/v/20190313083748094

https://news.v.daum.net/v/20190313094605524

 

「安倍」と「嫌韓ネチズン」が出てきたからには、ナ・ギョンウォン氏に勝ち目は無いでしょう(怖い怖い

・・・ですが、実はこの「文在寅大統領は金正恩の首席スポークスマンなのか」という話、海外のマスコミで出てきたフレーズです。

 

調べてみたら、ブルームバーグの記事にそう書いてありました。2018年9月26日の記事です。↓ が原文(外部リンク)です。

South Korea’s Moon Becomes Kim Jong Un’s Top Spokesman at UN(BLOOMBERG)

ちゃんと「首席(Top)」の字も確認できます。余談ですが、このブルームバーグの記事、書いた人は名前からして韓国人(韓国系かな?)のようです。

 

ナ・ギョンウォン氏は、「文在寅大統領、こんなことを海外のマスコミから言われないようにしてほしい」と話したのでしょう。すなわち、ナ・ギョンウォン氏本人が「うちの大統領ってば北のスポークスマンwww」と話したわけではありません。

適当に「聞いた話なんだが」といって言いたい放題言うのが韓国人の会話パターンの1つです。反論されると「僕が言ったんじゃなくて、聞いた話」と逃げるためのものです。

そんな韓国社会が、この発言でナ・ギョンウォン氏をここまで責める(攻める)とは、驚きです。

ナ・ギョンウォン氏も、ブルームバーグの記事などをソースにして「こんな事言われたくないって意味だったんよ!(怒)」と強く言えばいいのに。

 

※追記

市民団体がナ・ギョンウォン氏の事務室の懸板(扁額)を「安倍首席スポークスマンナ・ギョンウォン」と「再び朴槿恵党」と書かれたものに取り替えました。丁寧に(?)旭日文様付き。いつのまにこんなの作ったのでしょうか(笑)。明らかな器物破損にも見えますが・・

追記のソース&キャプチャーソース:ニュース1

https://news.v.daum.net/v/20190313123212657?d=y

 

 

全く関係ありませんが、最近、DVDやブルーレイを借りてよく見ています。デジタルで選ぶより、こっちのほうが楽しくてついついTSUTAYAなどに行って、たまには本やゲームも買ったりします。最近、「コーヒーが冷めないうちに」と「メッセージ」を見ました。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

130+

47 Replies to “(※追記しました)韓国紙「日本の嫌韓ネチズンがナ・ギョンウォンを支持している」”

  1. 市民団体の動きが早すぎる。事前にマスメディアと
    準備して打ち合わせてないとこう迅速には動けない。

    そんで、さっさと取り外されて捨てられそうな看板を
    素早く撮影に成功しているメディアの動きも素早い。
    事前に市民団体と打ち合わせていないとこうは……。

    それにしても「ソースが匿名掲示板」ってのは最終的に
    アフィまとめサイトの組織的荒らし工作部隊の常駐に
    収束するのが自然の流れなんで勘弁して欲しいなあ。

    そのうち気に入らない野党議員を支持するスレが唐突に
    建てられて日本語不自由な人たちの書き込みばっかで
    埋まるような事態に帰結するのがオチなんで。

  2. なぜか日本で文大統領の支持率が急上昇中です。
    → 韓国野党「親日派に認定ニダ!!!」

  3. むしろ文在寅の方を応援しておるんですが。無能な敵は最高の味方ですからね。私は文在寅を支持します!

  4. 「嫌韓ネチズン(ネトウヨ?)」なら多少はまともなことを発言する野党よりも大統領の側を支持してますよ。大統領が左派でも右派でも反日妄想、暴走は同じですから。

  5. >丁寧に(?)旭日文様付き

    他者が使うと、気が狂った様に
    喚き倒すのに……

    (・∀・)自分達がやる分には
    全く問題が無いんですねぇ(嘲笑)

    これって
    旭日旗に問題があるのでは無く
    韓国人の「脳みそ」に問題があるって
    証明してる様なもんでっせ

  6.  ナ・ギョンウォンって、国会議員として竹島上陸をして火のないところに煙を起こした張本人の一人で積極的な反日では。(笑)

     ようするに文災害が、痛いところを突かれて反撃するときに、韓国人お得意の「防御のための攻撃へのすり替え」を行っただけでは。
     韓国人は防御ができない。嘘とねつ造ばかりするからそこを攻撃されても言い返すことができない。民族的に染みついているので攻撃されたときには、論点をずらして攻撃をして相手の攻撃を相殺する。
     攻撃は最大の防御といえば聞こえはいいけど、それしか方法を知らない。野党の院内総務を「親日(悪)」と認定することで貶め「北の犬」という攻撃に対して、防御の代わりにしているだけだ。

    >「聞いた話なんだが」といって言いたい放題言うのが韓国人の会話パターンの1つです。

     日本語版の韓国マスコミでも「という意見がある」とか「と指摘する人もいる」とかで持論を展開させている。あまりに都合よくはまる意見の人がいるものだなと感嘆を禁じ得ないうえに、もしそういう人がいたとしても明らかにごく少数だろうといつも思っている。日本人はそういうのにはだまされにくい。

     なぜならアサヒの「角度を付ける」記事の書き方そのものだからだ。この手の嘘に慣れがある。アサヒの「~という市民の声」って「プロ市民」だなあといつも思う。

     

  7. 追記分
    レッテル貼り(物理)
    高麗の頃にも見られた、門の前に怪文書「ここん家の人は不敬、不道徳」を貼るやつですね。現代まで続いた伝統の技です。

    本邦だと借金の取り立てで目につくところに張り紙や落書きをするとか、何か非道な嫌がらせをされているという表現で創作物で見かけますが、損害賠償が出来る不法行為ですね。

  8. ネトウヨ(笑)的にはムン大統領を支持したいんですけどね
    大統領のおかげで韓国の異常性が周知されつつあるのですから

  9. いつもの悪のレッテル貼り
    「極右のネラーが支持するナ・ギョンウォン」という形が欲しいのですな

    昨日同じ時刻ぐらいの韓国朝鮮日報コメント欄は、ブルームバーグの事を指摘してるコメが共感数トップでしたが・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません