文在寅大統領、「制裁無用論」の人を統一部長官に内定

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

文在寅大統領が、統一部長官にキム・ヨンチョル氏を内定(候補者として任命)しました。

北朝鮮側にもカタカナ表記が同じ名前の人がいてよく名前が記事に載りますが、当たり前ですが別人です。北朝鮮の方は朝鮮労働党中央委員会副委員長Kim Yeongchol(金英哲、김영철)氏のことで、本エントリーの方は Kim Yeonchol(金錬鐵、김연철)氏です。

で、名前はともかくして、この人がどういう人なのかというと・・

いくつかの大学で北朝鮮、政治、外交関連の専門家として活動、前の左派政権で統一関連の諮問役だったこともありますが、どうも「親北」としか受け取れない発言が多かった人でもあります。その中でも、「制裁無用論」が特に有名でした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<『(対北朝鮮)制裁は、北朝鮮の核放棄という目的を達成するための手段である。しかし、目的は達成できないまま、関係だけ悪化させた』。

青瓦台(※大統領府)が新しい統一部長官にキム・ヨンチョル統一研究院長を任命(※内定)したことをめぐり、野党が「対北朝鮮制裁無用論を強調してきた人物」との懸念を示した。

金長官候補者は自分の著書を通じて、これまで「対北制裁無用論」を強調してきたが、金氏が統一部長官に任命されると、最近の制裁を維持する方針を強く再確認した米国と協力に悪影響を与える可能性があるというものである・・>

https://news.v.daum.net/v/20190308111642205

 

可能性もなにも、悪影響でしょう。明らかに。

キム・ヨンチョル氏の様々な「親北」な発言・主張から、本エントリーが制裁無用論をチョイスしたのも、実は米国(詳しくは日米)との関係悪化を強調するためです。私は、今回文在寅大統領がキム・ヨンチョル氏を統一部長官に任命したのは、トランプ大統領がボルトン氏を起用したことへの対抗措置だと見ています。

実際、ムン1号(文大統領)の意志は強いようで、1号の言いたいことを代わりに言うことで有名なムン2号(ムン・ジョンイン特別補佐官)が、こんなことを述べました。

「(キム・ヨンチョル氏を統一部長官に内定したのは)米国とは関係なしに朝鮮半島の情勢を押し通すということであって、地域情緒とは関係ない」

「キム・ヨンチョル長官は、これまで本人が主張してきたように、やっていくだろう」。

また、金剛山観光再開も「制裁の対象ではない」などと話しました。

http://www.kado.net/?mod=news&act=articleView&idxno=957328

 

「米国と関係なしに」、「キム氏はやりたいようにやるだろう」、「~は制裁の対象ではない」。これらはすべて、米国、国連、そして日本が出してきた今までの主張と正面から衝突する内容です。

文在寅大統領は、日米、いや国際社会の対北朝鮮制裁のスタンスに対し、明らかに「対抗措置」を取っている、と見ていいでしょう。

さて、キム・ヨンチョル氏、本当に統一部長官になれるのか?注目に値する案件です。

今日から(国会が候補者を審議する)聴聞会は始まっています。

結果にもよりますが、国会が反対しても大統領が任命を強行することもできます。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

128+

71 Replies to “文在寅大統領、「制裁無用論」の人を統一部長官に内定”

  1. いまさらのようなニュースだ
    アメリカの要人が文在寅の手法を弁護士のやり方だとあきれ返っていたが
    とにかく要求を押し通せばよいってやり方だからだろうな
    外交には真ん中に立ってくれる裁判官なんていないのにね

  2. 日本だけが懸念していることにして国民情緒を反対方向にコントロールするんでしょうかね。

  3. すごいなぁ、韓国w
    アメリカとガチ相撲やる気かなw
    (そのキムナンチャラってよく知らないけど)

    文、金「何がなんでも統一するねん!アメリカ?ナンボのもんじゃい!かかってこんかいッ!!」

    ————

    文、金「今日はこの辺にしといたろ。」

  4. 対日本最終兵器も大統領権限でゴリ押ししましたし、長官就任は既定路線として、どれほどのものか見ものですね。

    まずはムンたんが北に貢ぎたいのだけは確実で、それに対する苦情に向けて統一部長官の判断を尊重する、といった使い回しの言い訳などの為の盾要員なのかな、と思います。韓国基準でもかなり飛びぬけた極端さの有る傾向の人らしいので、なりふり構わない所まで来た人選と見ることが出来るかもしれません。

    それか、こんな人しか統一部長官をやりたがらない可能性はどの位かしら。

  5. 私は韓国人ではないので、こういった行為を続ける意味がよくわからない。私は彼らに、闘争に必要な重要な意識が感じられない。それは「ぶん殴られる危険に対する覚悟」です。日本への対応に対しても同じ。各国が魅力的な自分に対して大目に見てくれるだろうと高をくくってる印象です。これは韓国人の相互依存的な「人間関係」の根幹に根差した疾患なのではと思いたくなります。ムンだけの疾患なのでしょうか。

    1. みみさん
      その通りだと思いますが・・・、
      日本政府の様に「ぶん殴られる危険に対する覚悟」が余りに強すぎて何も出来ないのも困りものですがねぇ~・・・、

  6. 韓国人というか、半島の人間は昔から事大先の力量や忍耐度などを試すことがあるのですよ!
    ここまでの言動なら許されるかもというギリギリの線を攻めて来るのです。
    たとえ事大先のレッドラインを越えてしまい制裁を受けることになっても、土下座したり忠誠を誓ったりと恥も外聞のない手段で許しを乞うことに慣れてます。
    古代から中国との外交はまさにその繰り返しでした。
    韓国専門家に言わせると、ルビコン川を渡った後に、渡ったことが間違いだったと気づいたら、韓国人は泣きながらジャブジャブと戻って来るんだって!(笑)
    これは日本人には到底マネできないことです。日本だったら切腹ものです!
    もし、この危険人物が内定したら、米国から制裁を受けるまで、開城だか金剛山だか知らないけど、北朝鮮事業を進めちゃうでしょうね!
    ムンたんのゴリ押し人事は全て過激な運動圏の人間ばかりですからね!

    1. >ルビコン川を渡った後に、渡ったことが間違いだったと気づいたら、韓国人は泣きながらジャブジャブと戻って来るんだって!

      とても分かりやすい説明だと思います。

  7. 日本でもそうだが「垢」は人々が営々と作り上げて来た物を、屁理屈を並べ立てて愚民を煽り理不尽に破壊する事しか出来ないんだよ、
    大国ロシアと中国にあれだけ支援して貰っても国民に三度の飯も真面に食わせられない世界の最貧国、
    奴等に出来る事は「偶像」を作ってやせ細った国民に崇拝を強いる事だけだよ、南朝鮮人達は何でそんな薄汚い「垢」の国の国民に為りたいんかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません