韓国政府が苦労して制裁免除になった「画像対面(ビデオ通話)」も中止か・・南北交流、全面中断の可能性も

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

今回の南北共同連絡事務所の撤収で、韓国が推進してきた様々な南北間の協力事業が次々と中断される恐れがある、という記事がありました。

一部では「(いままでどおり)軍を介しての対話もできる」という反論もありますが、「わざわざ首脳会談で合意して作った連絡事務所から撤収した人たちが、軍を介しての対話に応じるはずがない」という指摘のほうが、説得力があるように思えます。

特に、首脳会談で合意した内容で、韓国政府が国連や米国に積極的に要請してやっと制裁免除対象にできた「画像対面」プロジェクトも、事実上、中断される見込みです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

画像対面とは、いままで南北が不定期に行ってきた離散家族(南北に別れて暮らしている家族たち)の対面イベントを、通信によるビデオ通話で行うことです。

 

相応の機材が必要になるため、韓国政府は南北首脳会談でこの件を合意したあと、国連や米国に「機材の搬入など必要な手続きを制裁の対象外にしてくれ」と要請してきました。そして、やっとのこと、今月になって国連(8日)と米国(14日)から「制裁免除」と許可が下りました。

でも、今回の連絡事務所の撤収で、「これ以上の議論ができなくなった」とのことです。幸い、機材などはまだ北朝鮮に搬入していないようです。

その他、一時は「日本が韓国に泣きついてくるだろう」など、韓国人にバラ色の夢を見させたあの鉄道連結の件も、連絡事務所が正常化するまでは、これ以上の議論ができないとのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190322185722289?d=y

 

南北首脳会談で「優先的に解決する」とした画像対面すらも議論が難しくなった今日この頃。文大統領、何か一言、立場を表明しないといけない時ですが・・・完全に沈黙しています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

155+

104 Replies to “韓国政府が苦労して制裁免除になった「画像対面(ビデオ通話)」も中止か・・南北交流、全面中断の可能性も”

  1. 普通に考えたら、コレ、米朝のパイプができて、北朝鮮側からもアメリカに対して会合開催の呼びかけができるようになった
    ってことでしょう。

    金正恩も、韓国がアメリカに対しても北朝鮮に対しても嘘をついていることが理解できたでしょうし。

  2. 北はロシアに事大かな?
    ロシア船と北の船の瀬取りか?
    少し前ニュース見た記憶があります。

    ムンくん信じて金くんは米朝会談に臨んだのか?その前にプーさんとも会談しているし…片方は希望的観測の嘘、もう片方は耳の痛い忠告と人参で、金くん両国は頼りにならんなぁ〜でロシアかな?

    北も南も事大

  3. >ぺさん

    >中国の飛行機が先に出た、の部分の意味がわかりません。
    七資さんの説明の通りです。補足説明すると
    小泉政権の時代の話で、
    各国の代表者が集まる国際会議があって
    その会議が終わり、各国の首脳が、政府専用機、大統領専用機等で
    自国に帰るという場面の飛行場にて、
    本来なら、中国より先に日本が離陸する順番だったのを
    日本の小泉さんの乗っている専用機に対して離陸しろとの合図が送られていたのに
    強引に中国の専用機が割り込んできて、
    小泉さんが仕方がなく、順番を譲って先に中国側に離陸をさせた。

    と、いうことがあったのです。
    中国はどうゆうつもりだ?と、がやがやマスコミが騒いだんだけど
    小泉さんが「別にたいしたことじゃない」と、取り合わなかったんだけど
    中国側の小泉さんに対する嫌がらせで、わざと非礼な態度をとったんだろうといわれたエピソードのひとつです。

    もっとも中国が、日本に対して行なった最大の非礼は、
    江沢民が来日した際、陛下におみえした時に、人民服で現れて
    陛下の面前で、陛下を侮辱、非難したことかと思います。
    これは小渕政権下の時で、小渕元総理は激怒し、大臣2名に江沢民の随行員を
    務めされていたのを、官僚の課長クラス2名に変更し、その前に小学校で小学生達といっしょに行なった記念植樹の苗木をひっこぬかせた。と、いうエピソードもあります。
    中国のマウンティング行為は、とても明確なのです。

    小泉政権の時も、江沢民だったような気が(1989年〜2002年と長期政権)
    昔はこのように、たびたびマウンティング行為を行なっていたんですが、
    江沢民が退いてからは、このようにあからさまな非礼な態度はあんまり記憶にありません。

  4. さすがに外交面では文の支持率もかなり低下しているようで。
    他サイト翻訳コメとか見ると、外交に関しては、支持率10%くらいかな?
    経済政策面でもかなりボロが出てきています。支持率20%くらい?
    一方、相変わらずやれば高支持率が得られるのは、何と言っても反日侮日。先日の、ソウル市「戦犯企業ステッカー」には大手保守メディアが警告(本音は反対)したが、でもそれが精一杯というところ。
    そろそろ文も、次の反日侮日活動に打って出ないと、首が危ないんじゃないの?何かキッカケがありさえすれば、第二のローソクデモなんかすぐだよ。

  5. >七誌さん
    >「上下関係の認識ができているからマウントの必要がない」とは、実に特アを理解してない。

    >中国を見てご覧。在日を見てご覧。彼らは上下関係があっても、毎度毎度その確認のためだけにマウントを繰り返すのですよ。それは娯楽なので。

    韓国と中国をごっちゃにしないでください。
    在日はどうかしらないけど、
    中国は「上下関係があっても、毎度毎度その確認のためだけにマウントを繰り返す 娯楽として」はないですよ。
    中国は、国家戦略としてのマウントをとります。娯楽なんかじゃありません。
    小泉政権の時代に、国家的な代表が集まっている会議で、日本の番なのに、中国の飛行機が強引に先に出た事がありました。あれなどは
    日本に対する嫌がらせが目的ではなく、世界の目が集まっているなかで、
    あえて「中国は日本よりえらい」と、誇示するわけです。
    日本を含め、国際社会では、ああいった行為を「大人げない。ルール無視であんな真似をしても国際社会はだれも中国を上だと認めようとは思わないのに」
    と、中国は考えないのです。あと中国がよくやる行為として「ドタキャン」があります。
    日本に強い不満がある時に(小泉首相の靖国参拝等)、日本の地方自治体のイベントに参加を表明し、そして前日に別の用事で、不参加とドタキャンします。

    時にはわざわざドタキャンをするために、最初から招待もされていない自治体イベントに、
    自分からわざわざ招待してくれと、関係者に頼み込み、そして前日にドタキャンなんぞをくり返していました。

    中国が娯楽で、マウント取りをしないのは、そこに政治的メッセージを込めるからです。
    韓国みたいにしょっちゅうやっていたら(政治的メッセージがはっきりと伝わらなくなる)ので、
    感情ではなく、計算ずくで行なうわけですよ。
    それに在日韓国人と違って、在日中国人は日常でバカで無意味なマウント取りはしませんよ。
    相手に伝われなければ意味がない。と、理解しています。

      1. 空港で日本の政府専用機に先に離陸許可が出たにも拘らず、滑走路に割り込んで中国機が先に離陸した事件がありましてね。一歩間違えば大惨事ですよねぇ。

        でも、中華思想ではそれが正義なのですよ。

    1. 中国の国家戦略としてのマウントと、韓国の娯楽としてのマウントは違うとあなたは説くわけだ。まあそのとおりではある。が、どちらだろうが日本に上と下の関係を強要することは、全く同じであるわけで。

      実際のところだから違うと主張してみても、意味がないんですよねぇ。

      1. ところが同じ娯楽として中韓の反日をひとくくりにしてしまうと、
        見えてこなくなるものがあるのです。
        「今、中国で反日があまり話題にならないのに、韓国では盛り上がっているのは何で?」の問いに答えられなくなるのです。
        「中国人は他の娯楽に夢中だからだよ」など明後日の方向に思考がいくのでしょうか。
        どちらだろうと同じではないのです。
        韓国から外に目を向け、中国を見たとき、とそれは大事なことなのですけどね。>政治的要素

        1. 意味がないどころか、おさえるべき基本となります。

          政治になるのか、宗教なのか、くらいの差があり、
          両方同じことをするので、違いに意味がないというのはあまりにも浅慮なのです。

          浅慮といえば、七誌さん、私がどこで「七誌は悪」と述べたかいい加減はっきりしましょう。考えなしに物事を言っているのですか?

        2. 中国と韓国は同じであると認識することは、両国を理解するためとても重要なことなのです。

          ところがアジア主義者は、中国と韓国は違うと唱え、中国を制するために韓国を支援しよう、北朝鮮を制するために中国と交渉しようと説くわけです。

          福澤の唱えたとおり、中国と韓国は同じなのです。
          世界でこの3国だけが、日本が下の関係しか認められない国なのです。

          1. >中国と韓国は同じであると認識することは、
            >両国を理解するためとても重要なことなのです。

            同じ反日、同じ娯楽をしているというから、違うと述べています。
            悪友になるので袂を分かつべき国という分類で同じであり、それらを同一と認識するのはなにかと間違いのもとになるでしょう。

            あと、アジア主義者以下の説明、いらなくない?
            いつもネトウヨとアジア主義者、大アジアとか大好きですよね。

          2. まあ同じならず者国家だからといい、ひとくくりにしたあげく、韓国の反日を通して中国を知った気になる、その違いに意味はないなど愚考に走るべきではないのです。

            中国の反日の根源を「政治的」とみると、何故今中国で反日運動が日本に伝わるほど強く起こってないのか理解できます。
            また韓国の反日を「宗教的」とみるなら、これまた今の韓国の動向ともあってくるのです。

            こんな程度の話で「アジア主義がー」「ネトウヨがー」などといつもの話を持ってきて、思考停止のススメを説いても福沢さんが喜ぶかどうか。
            あと、中韓のならず者国家とは「断交だー」でもいいのですが、七誌さんの日中断交論は聞いたことがないですね。
            聞きたいとは思いますが。

            少しでも考えを深めているなら、私程度簡単にあしらえるのですが、小手先の釣りや朝鮮論法を駆使する程度ですね。
            そもそも、一つ一つクリアにしてから話を進めていくべきで、七誌さんは自分の言葉の事実確認のステップ①すら超えていません。
            どうかまずはそこからはじめてください。

            ご返答を願います。
            私がどこで七誌さんは悪と言ったでしょうか?
            七誌さんの頭の中の妖精みかげと現実の私の違いがわからなければ、人とまともに話すことすらできないのです。

コメントは受け付けていません。