韓国語の語彙について

※ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

ゴイスレです。語彙関連の内容がありますので、苦手な方はご注意ください(笑)※

 

ずいぶん久しぶりな気がしますが・・翻訳エントリーとなります。たまに引用する「韓民族文化大百科事典」がソースになります。

最近は「ハングルの優秀さ」に反論するのはタブーとされているため、「韓国語から漢字を除いてもいいのか」をちゃんと考察できた資料がそうありません。韓民族文化大百科事典のこのページは、80年代に書かれた学者たちの本をソースにして作成されたものであり、いまよりはマシな内容が書いてあります。少なくとも無条件優秀~とりあえず優秀~日本が~日本が~な内容はありません。

韓国語の語彙に、外来語、特に漢字がどのような影響を及ぼしていたのか、80年代の考察を垣間見ることもできるでしょう。また、(※~)の部分は私が入れた自分なりの注釈となります。原文にはありません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・韓国語の語彙

他の言語の場合と同様に、国語の語彙も固有の要素と外来の要素によって形成されている。ところが、まだ国語の起源と系統の研究が不十分なのが現状で、どんなものが固有の要素であり、どのようなもの外来の要素なのか、明確に区別することは不可能である。ただし、明らかに外来要素であるとわかるものもあり、多くの資料が外来要素であることが既に明らかになっている。

言語の階層構造で最も外来要素の侵入が容易なのが語彙だ。韓国語の語彙形成に関与している外来の要素は、固有の要素を凌駕する。古い統計数字だが、ハングル学会«大辞典»の分析を見ると、純粋な国語が7万4612項目、漢字語が8万5527項目、外来語が3,986項目である。漢字だけで52.1%に達し、他の外来の要素が2.4%で、合わせて54.5%が外来資料と関連している。光復以後、欧米諸国をはじめとする世界各地域との外交的な関係や文化交流の結果、現代語には数十の種族の言語が借用されている。

 

・韓国語の語彙体系の特徴

①漢字語、その他外来語の流入のせいで、類義語が多くなった。特に、漢字語の影響が大きい。類義語の発達は、表現伝達の明確さを損なう点で問題になることもあり、表現性の豊かという見方ではむしろ好ましい現象である。文体論的な価値のために適切に使用することができる。

②漢字の影響で同音異義語が多くなった。これは、言語活動で同音の規則的な配列によるリズムを構成するのに利用されるものの、それよりは同音による混乱が問題になるので、良い点より良くない点が多い。漢字語の欠点を暴こうとする人たちがもっともよく取り上げるのが、この同音異義語である。

 

③韓国語では敬語法が複雑に発達している。その一例として、2人称代名詞を例えば「너、 자네、 그대、 당신、 어르신네(※日本語にすると、お前、君、そなた、あなた、貴方様など)」などがあり、様々な差等を置いて使用される。また、名詞に「様」を付けて「お父様、お母様、先生様、兄様、姉様」とし、さらには「弟様」とも呼ぶ(※親族関係で、自分より年下だけどあまり会ったことが無い人などに対してこう言います)。漢字語は敬語法の発達に大きく影響を及ぼしている。概ね、単一類義語群があるばあい、固有語より漢字語が敬意を表する言葉として使われることが多い。例えば、「イパル(歯の固有語)」よりは「チア(歯牙の韓国語読み)」、「スル(酒の固有語)」よりは「ヤクチュ(薬酒の韓国語読み)」が敬意を示す言葉になる。

④固有語と漢字語が類義な構造を形成しており、敬語法、上品な言語の使用に関連して、どちらかを適切な選択するかでいくつかの意味や表現の効果を表す。概ね、漢字語が上品で敬意を表する言葉として認識されている。アビ、アボジ、アボニム、ガチン(家親)、オムチン(嚴親)、ノチン(老親)、チュンブジャン(椿府丈)、マンブ(亡父)、・ソンチン(先親)、ソンゴ(先考)などがある。漢字語ではなく、固有語のほうが、卑属な言葉、悪口などによく使われる傾向がある。

 

⑤擬声語・擬態語などの音声象徴の発達が目立つ。象徵語(擬音語・擬態語)の発達はほぼ固有語の要素に依存している。母音と子音の対立を利用した変化表現が豊富で、ここでも類義性が表れる。すなわち、語彙の豊富な表現性に貢献している。

⑥固有語は、概念語としての適性が漢字語に比べて弱い。また漢字は造語力が強く、学術用語やその他の専門用語は、一般的な用語にいたるまで漢字語が増加し続ける傾向にある。「文化語は漢字語だ」という言葉が、これに起因する。

 

⑦基礎語彙は固有語の体系が発達している。漢字語がある場合でも、漢字語ではなく、固有語が一般的に使われる。 「スムスィダ(息をする):呼吸する」、「スィダ(休む):休憩する」、「ヘ(日):太陽」などは、固有語に対応する漢字語がある例で、「マルハダ(話す)」、「ダル(月)」、「ビョル(星)」などは、同じ意味を持つ漢字語がない例である。 「ダル」に該当する「ウォル(※月の韓国語読み)」や「ビョル」に該当する「ソン(※星の韓国語読み)」などは、他の漢字と組み合わせて漢字語を形成する形態素であるだけで国語の単語ではない。

※無理やり日本語に変えて文章を再構成してみると、こうなります。<「ほし」に該当する「せい(星)」は、他の漢字と組み合わせて漢字語を形成する形態素であるだけで国語の単語ではない>

 

⑧親族名称で、上に祖父の代、下に息子の代までは固有語があるが、それ以外は漢字語に依存している。遠い世代、複雑な関係ほど、漢字語だけである。

⑨体言が「格」によって形式が変わらない。だから外国語からの外来要素を借用することが容易である。外国語で動詞や形容詞を入れ込み、名詞ないしは動詞や形容詞の語根に利用したり、特定の資格を持つ体言を入れ込んで格を無視して使用できる。これが、どの言語からも簡単に言語資料を借用できるようにする要因となる。

http://100.daum.net/encyclopedia/view/14XXE0036136

 

さて、いうまでもなく、この韓国語体系から、漢字の部分が「音」だけを残して消えたわけですが・・本内容のレファランス(参考文献)は1969~1982年に作られた書籍や報告書であるため、漢字廃止については言及されていません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

149+

305 Replies to “韓国語の語彙について”

  1. 「訓民正音」をめぐる議論は、面白いですね。
    こういう事を通して、東アジアの文明について、各々の考察が深まっていくのだと思います。

    ついでに一言。
    私は「訓民正音」は、「漢文学習」の教科書、と解釈する立場を採ります。
    「朝鮮語の表記」と「当時の現代中国語(明に派遣されて現地で接する話し言葉や、朝鮮を訪れる明人が使っている話し言葉を、朝鮮人はそう捉えたでしょう)を学ぶための参考書」としての用法は副産物ではないか、と。
    声調を示す記号が含まれているのは、明代中国語の発音を学ぶため、というより、「漢詩」を読んだり作ったりするため、ではないか、と想定します。
    漢詩の基礎は平仄(文字の陰陽の区別)であり、ある文字を読む際の声調が分かれば、その字が「陰」か「陽」か分かります。なので、発音を説明するための参考書に声調記号が有ると、便利。

    1. 漢詩は重要なのですが、それなら本家の精度のいい韻書などを使えばいいでしょう。(中国人も時代や地域で異なる発音だったから困って作ったわけで。)

      ハングルは非常に朝鮮語に最適化しているのです。完成度が高すぎて遊びがないのが欠点であるくらいに。
      先行した契丹/女真/西夏/蒙古の民族文字、それらは間違いなく中華文明からの自立のために制定されています。それを知っていて、それを知る重臣の反対を押し切って、あえて制定するのは世宗に強い民族自立の意志があったと見ます。

      日本で字音仮名遣(”正しい”漢字音の表記)を研究したのが本居宣長だというのが面白くありませんか。

      1. >ハングルは非常に朝鮮語に最適化しているのです。完成度が高すぎて遊びがないのが欠点であるくらいに。

        それだけ最適化してるのに・・・
        使用されてこなかったと言う事は、禁止されたこともあるでしょうが
        使い難かったと言う事

        漢字以外にハングルしかないのに、お上から禁止されたくらいで本当に便利なハングルを使わないはずないでしょ。
        今のハングルは日帝時代には使いやすく改良されたハングル
        日本も同じようにひらがな・カタカナそして漢字を使いやすく改良し続けてきた。

        使われてきたと言う事は同時に改良の手が常に加えられてきたと言うことでもある。

        1. 777さん

          使い難かったのではなく、
          中華マンセーで自国文化を卑下している輩が多かったのではないでしょうか。

          韓国は今でもそうです。
          せっかくの自国の文化を擲って、他国の文化を自分のものだと言い張ります。
          このブログを読んでいれば、おなじみですよね。

          当時もそうだったと、私は考えます。
          残念ながら、朝鮮よりも中華を選んだ人が多かったのでしょう。

          訓民正音を諺文と蔑みながら、漢文を使う人々も、実際には便利なハングルを影でこっそり使ってきた。
          という方がしっくりくると、子孫である今の韓国人を見ながら思います。

        2. 後ろの方に別の書き込みをしましたが、
          ハングルが普及しなかったのは「使いにくいから」も大きな理由、でいいと思います。
          もちろん、その他の理由も。

          1、ハングルは、宮廷人の日常会話の文法と音韻体系に基づいて編纂された(推測だが、事実に近い)。
          2、朝鮮語には、日本統治時代まで「標準語」が無くて、地方差・階級差が酷かった(事実)。
          3、1・2からの帰結:ハングルは、みやこの宮廷の人達の「朝鮮語」には適合していても、他の地域・下の階層の「日常語」には、それほどには適していなかった。
          4、下層階級は、そもそも「字を書く」という発想が無かったかもしれない(これも推測だが、事実に近いだろう)。
          5、上層の「ハングルを使いやすい人たち」は「漢文絶対主義」に阻まれて、なかなかハングルを使わなかった(事実)。

          普及しないのも、もっともです。

          1. 決定的な要素として「紙が普及していない」ことがあるかもしれません。ヨーロッパでもそうなんですよね。
            だから、文字と紙は非常に重要なものに主に使われました。そう、宗教の聖典です。ヨーロッパの文字はキリスト教、アラビア文字はイスラム教、インド系文字は仏教、漢字は儒教。
            ハングルを書くための紙はまあ無かったでしょう。

            この点では日本は異常ですから。恋文のために使うとかもうね。

          2. >>ハングルが普及しなかったのは「使いにくいから」も大きな理由、でいいと思います。

            使いやすく発展させることができなかった。
            とは思います。
            言葉ですから、使っているうちに磨かれて、より使いやすく発展していくはずです。
            そこまで浸透でき(させられ )なかったのでしょう。

            私の考える理由は、上↑にも下↓にも書きましたが、やはり、自らが主体となって動く中間層( 町人 ) が生まれなかったのが大きいと思います。
            流通経済が発展していれば、
            町人は漢文なんかできませんから、当然自国語の文字は重宝されるし、それに連れてより便利に発展するはずです。

            上位層にしか使われないなら、777さんの仰るように、漢文マンセーの人々でしょうから、諺文と卑下されて使われなくなるのも頷けます。

            日々の生活に追われる下層民は、文字を書くどころか、読むという発想もないと思います。
            それに、
            庶民は本を持つことも禁止されました。

            この歯車が噛み合ったのが日本で、噛み合わなかったのが朝鮮のように思います。

          3. >4、下層階級は、そもそも「字を書く」という発想が無かったかもしれない(これも推測だが、事実に近いだろう)。

            深く勉強したわけではありませんが、
            cieさんも触れていた?「貨幣経済の未発達」が大きいと考えています。

            李朝は貨幣経済でなく「物々交換」だった。
            というと、「利益の把握(=決算といってもいい)」はどうしていたのか?
            貨幣経済であれば、富、財、サービス(労働力)などを貨幣で表しますよね?
            原価、付加価値、利益、コストなどを数字で把握する必要がある。
            帳簿、筆記具、計算機(ソロバン)、納税など文字がどうしても必要です。

            富が蓄積されれば町人(中間層〜cieさんが指摘してる)が発展します。
            インフラ整備にも尽力される。雇用ができる、、など。
            文化も発達する、、パトロンとかスポンサーとか。

            これが「物々交換」では発達しない、でしょ。
            これが大きい(決定的)と思います。

      2. 私も世宗は朝鮮の独立を図った王さまだったと見ました。
        文字の制定だけではなく、貨幣の鋳造をしているからです。

        wikiには、
        >>1425年には朝鮮通宝を鋳造し、貨幣経済の浸透を試みた。
        ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/世宗_(朝鮮王)
        とあります。

        でも悲しいかな、
        世宗王さまの孤軍奮闘になったようですね。
        文字は諺文とされ、貨幣経済は発展しませんでした。

        なので、
        もし韓国を馬鹿にするネタとしてこの話しを使うならば、せっかくの文字も貨幣も浸透させられなかった愚かさを突くべきだと思います。

        先見の明のある人物がいても、一人ではどうにもならないという先例です。
        今の韓国で正論が封殺されるのと、それこそ同じではないかと感じます。

          1. はい。
            どうにもならないと思います。

            この間から「雑談ルーム」でちょうどこんな話しをしていました。

            上位層でも下層民でもない人々が多様な文化を作ります。
            経済の発展がない所には、この中間層が発達しないのです。
            朝鮮には( 今の北朝鮮にも ) 上位層と下層民しかいません。
            中間層がいないので、文化の自ら( 自ずから )の発展がないのです。

            もし、自国語の文字と貨幣経済が浸透していたら、朝鮮は随分と違った様相を呈していたでしょう。

    2. 「訓民正音」の編纂目的が「漢文を正しく読むため」だったことについては、私とmottonさんの意見は一致している、と思います。

      その音素分析の構成などについて、ご提示いただいた知見によれば、「正しい」の意味が「当時の朝鮮音で」という方が、解釈として適切であるのは、了解しました。
      で、世宗の真の編纂目的が「朝鮮語表記法の確立」だったというのも、首肯できます。
      つまり「漢文を正しく読むため」と「朝鮮語表記法の確立」の二つともが主目的だった、というのが、もっとも妥当な解釈なのかな、と思います。この二つは、両立しますし。

      私は「当時の朝鮮人の明人へのコンプレックス」がこの書物編纂の原動力ではないか、と想定して「明人の発音のように」が「正しい発音」の意味ではないかと推測したわけですが、単なる推測なので、自説には固執しません。この部分は撤回しましょう。

      おまけ
      発音辞典である訓民正音に声調記号があるのは、付録として付いていると便利だから、という解釈は無理ではないと思います。
      私も、
      「当時の朝鮮語(標準朝鮮語は日本統治時代まで無かったので、朝鮮系諸語の内、宮廷と上層で使用されていたもの)には声調が無かった(これが正しい推定かどうか不明)のだから、声調記号が含まれている以上、訓民正音は明代中国語の学習用に編纂されたのだろう」という大北さんの推測は、
      無理があるんじゃないか、とは感じました。
      こっちは素人だから「専門家が言うのなら、そんな可能性もあるかもね」とも思いましたけどね(笑)

      で、「なぜ訓民正音に声調記号が含まれているのか」を、あらためて推理してみたのです。「辞典に付録は付き物」で、説明できると思います。

    3. >とろいやさん
      俗説でしょうが、世宗がハングルを作ろうと思った動機の一つに「キーセンの唄う朝鮮語の俗謡を書き留めたい」というのもあったかも。音曲好きだったから、とか。
      朝鮮語の歌は漢字ではうまく書き表せなかった、みたいな。
      発声+音符?っていう感じでしょうか。

      1. 和歌(恋文)のために発達した平仮名(女手)みたいなものですね。もし本当にそうだったら面白いですね。

        中国に「女書」という少数民族の女性が使っていた文字があります。友人(義姉妹)への詩や手紙のため刺繍で綴って使っていました。繊細で美しい文字です。

        女性にも(男性が女性に想いを伝える場合にも)文字の需要は有ったと思うんですよね。歴史の表には出てきませんが(日本は例外)。

        1. 「女書」は美しいけれど、悲しい文字ですね。
          悲しいけれど、喜びでもある。
          本当に痛いような、繊細な文字ですね。

          ttp://nushu.world.coocan.jp/jp/aboutnushu.html
          こちらの「女書の世界」というサイトの中の「女性の文字としての女書」の項目に、
          女書と日本のひらがな、朝鮮のハングルの共通点と相違点を考察しているのを見つけました。

          女性たちの残した平安文学が時を超えて名作であるのは、
          男性のような時代の倫理に侵されることなく、心の内を赤裸々に描いているからだと、ドナルド・キーン先生が仰っています。
          女性たちが描いたのは、恋心や嫉妬心、小さな喜びや気遣い、そして悲しみ。
          そんな今の私たちと何も変わらない、素の人間の姿だから時代を超えて共感できるのだ。と。

          でもね、
          今のギャル文字だって、女の子たちの親や先生たちには「ないしょ」のお話しをするための文字ですからね。
          女の子には、いつだって秘密がいっぱいなんです。
           
          ぉもιзレヽτ″すね─
          (おもしろいですねー)

  2. 《日本》
    A「漢字、面倒やね」
    B「もっと簡単にならんか?」
    A「漢字の音で、大和言葉や話し言葉と同じにして表現したらどーやろ」
    B「ええんちゃう?」

    A「ほな、『い』は、『以』から『い』で」(以下略)

    《朝鮮半島》
    世宗大王「愚民が文字を読み書きでけへんと、統治するにも難儀やな。
    せや、簡単な文字作ったろ」
    官僚「そんなんされたら、特権が奪われるで。反対したろ」

    世「てめーらのために文字作ってやったど!使わんかい!(訓民正音)」

    民「まーたこれ使うて搾取する気やろ、使ってやらんわい!それより今日のメシやで!」

    官「読み書きできるんがワテらの差別化や!今まで通り漢字しか使わんど!」

    —1910年、日韓併合—–

    日本の官僚「何やこの文盲率は!こんなんじゃ、近代化なんかでけへんで!
    自分ら(お前ら)、ハングルっちゅーもんがあるやろ?あれ使わんかいッ!」

    日本の官僚B「せやせや!ハングル教育せな、ひいては日本も守れんっちゅーこっちゃ!学校作って教育せにゃならんで。
    えらいこっちゃで!」[神・日本]

    教育官僚「ハングルはええけど、教員が足らへんで。日本語しか喋れん教員での教育も仕方あらへんやろ?」

    学校関係者「せやね。日本語での理系科目の教育もせにゃならんね」

    —-戦時中—–
    学校関係者「あかーん!教員が足りひん!全部日本語でしゃーないやろ!」

    —–戦後——
    韓国人「言葉を奪われたニダ!謝罪と賠償を要求するハセヨ!」

    こんな感じ?
    (テケトーやさかいな!)
    (関西弁もw)

    「中国語の発音のため」説ではないんじゃないかと、、、そーゆー知識ありまへんけど。

    1. 関西弁ネイティブの人が、私などの似非関西弁にイラッとくるそうですね。
      謝罪しますm(._.)m

      でも、(馴染みがない分)すっきゃねん。
      (講習の受講で、敢えて)大阪行くのに予約の電話の相手の大阪ギャル?の関西弁に萌えたんです。
      ネイティブ並みになりたいって思ったんです。
      許してください。

      1. ほぼ初めての大阪。
        講習終わると夕方から、千日前、梅田、天王寺(新世界とか)に繰り出した(一人だけど)もんです。

        おお、かに道楽!こっちはつぼらやや!(「づぼらや」が正しいみたいw)
        あれが通天閣か!
        「とびた、、」は行ってはアカントコやねw

        楽しかったですw

        1. 受「つぼらやや!」

          大阪人「づぼらややっちゅーねん!『点々』つけな!」

          受「ごれ“があ”の“ゆ”う“め”い“な”づぼら“や”でづが?」

          大「全部につけてどーすんねん!」

          、、、お分かりのように、パクリです

  3. ツリーが長くなったのでここで。

    ハングルが目指した”正音”の意味は、朝鮮語における正しい漢字音という意味です。
    “正しい”の意味は、中国の漢字音と対応しており理論的に正しいという意味。
    だから、ハングルはあくまでも朝鮮語用の文字であり、中国語学習用には中途半端というか使えません。

    日本語もそうですが、漢字語のアクセントは中国語での発音にある程度対応しています。
    だから”正音”のためにアクセント記号があったのです。しかし日本語と同様に無くても実用上では問題ないので廃れたのでしょう。

    日本でも似たようなことをやっているんですよ。字音仮名遣。

    1. これはどこまで行っても堂々巡りにしかならないだろうが
      ハングル創成期の朝鮮語がどういうモノであったかにもよる。

      日帝時代、わずか35年間で半島には日本語の単語があふれた。
      ハングル創成期の宮廷内の単語はほぼ中国の単語だったのではないか?
      漢字で表記し朝鮮音で読んだ。
      今の朝鮮語は声調はほとんど必要ないでしょ。

      >中国語学習用には中途半端というか使えません。
      それは君の考えでしょ。
      当時の朝鮮人が足ると判断をしていたら、それで良いんだよ。
      100%である必要性なんて無いんだから。

      原本のハングルを見れば、実用性が無いような使い難そうな
      日常的な使用よりも、教育用の発音記号に感じるけどね。(ま、これは個人的な感想であって、見る人が変われば違う意見も出てくるでしょ)

  4. ⁇⁇
    「ネトウヨはホルホルしてるけど日本の一人負けだから」

    常識人
    「⁇⁇はホルホルしてるけど韓国の一人負けだから」

    (笑)

  5. また七誌の奴が
    みずきさんをパクって
    臭いレーダーを照射してるのか
    元官僚の古賀といい勝負が出来る小物だな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません