いつもの「日本内部でも~」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、リロードされるか、またはここをクリックしてください

 

韓国は、親日を完全に踏み潰しています。韓国で「親日」と言われると、その人は社会的影響力を全て失うことになります。反面、反日はあまりにも当たり前のように行われており、韓国の日本観こそがもっとも当然のもの、もっとも正しいものであるとされているため、韓国社会では「反日を反日だと自覚すること」すらも難しくなっています。

しかし、日本では、程の差はあれど、常に親韓、反韓(こういう言葉は聞いたこともありませんが、強いて言うなら嫌韓)は両方が存在しています。

その構造を「狙って」のことか、韓国が「日本は間違っている」という主張を広げる時に、かなりの頻度で持ち出すセリフがあります。

「日本内部でもそういう声が上がっている」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下、聯合ニュースTVから部分引用してみます。

<・・日本政府のスポークスマン格菅義偉官房長官は、小学校教科書検定結果に対する韓国政府の抗議に「確かに反論した」と強調しました。

「領土と歴史を子供たちが正しく理解するように、教科書に正確に記述することは重要である」と前提しつつ、中国と韓国政府がそれぞれの立場を伝えたことに対し、日本の立場に基づいて反論したという主張です。

また、教科書は専門的学術に基づいて作られたため、韓国や中国などが理解くれという、理解に苦しむ言葉を付け加えました・・>

https://news.v.daum.net/v/20190327175353937

 

理解に苦しむもなにも、韓国の主張は学術的な土台の上にできているものではない、という意味でしょう。

この件で、またもや同じ展開となりました。続けて引用してみます。

<・・しかし、日本国内では、今回の小学校教科書検定の結果について批判論が少なくありません。有力日刊紙毎日新聞は、従来の教科書との相違点を細かく記述つつ、「小学生が固有の領土と領土の違いを理解することができるでしょかという、ある出版社の編集者の批判混ざった言葉に重さをおいて伝えました・・。

教育学者であるフジタ東京大学名誉教授も「歴史的経緯を含めて根拠を提示する必要があり、韓国、中国、ロシアなど国の主張と根拠も提供しなければならない」と皮肉った・・>

 

最後の部分、同じ理屈で「韓国も歴史的経緯を含めた根拠と、日本の主張と根拠を提供しないといけない」わけですが、韓国は、その部分には何も言いません。

ただ、こう言います。「日本内部でも同じ声が上がっている」または「日本人もそう言っている」。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

重版が決まりました!

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

161+

51 Replies to “いつもの「日本内部でも~」”

  1. > 教育出版は6年生の教科書で「竹島は、日本の領土でありながら」と記述。「児童が誤解する恐れのある表現」との意見が付いたため「竹島は、日本固有の領土でありながら」と表現を変えた。ある教科書会社の編集者は「文脈の中で現状を説明したつもり。小学生が『固有の領土』と『領土』の違いを理解できるだろうか」と疑問を呈した。 (毎日新聞webより)

    >  領土に関する記述について、藤田英典・東京大名誉教授(教育社会学)は「『固有の領土』については、歴史的経緯も含めて根拠を示す必要がある。『領土問題は存在しない』という表現をするならば、当事国(韓国、中国、ロシア)の主張やその根拠、国際世論の見方を検討するための情報まで提供されるべきだろう」と話す。

     一方、憲法改正について取り上げた教科書もあった。教育出版は6年生で改正に賛成する人と反対する人の両方の立場があることを紹介した。(毎日新聞webより)

     というものですが、「領土」と「固有の領土」との違いは歴史的に行ったり来たりがあるかないかで、現在の韓国の領有を不法占拠とするか、本来は日本の領土だけど現在は韓国が統治しているとするかの差はあると思います。語義の厳密な定義を小学生に求めるのは無理ですが、教科書とはそういう部分を、教師が法とその良心に基づき、客観性を重んじつつ説明するものです。
     ですから、教科書の記述は厳密であればあるほどよいと思うのでこの批判は当たらない。

     藤田さんの意見は、両方が根拠を示し、両方がそれを紹介しなくてはならないとまっとうなものですが、毎日新聞が「角度を付けて」韓国寄りに報道した可能性は否定できません。調べてみますと藤田さんは護憲派で左派と親和性が高い思想傾向ですが、少なくてもこの記事は学者として、両方に同量の根拠の提示を求めたものだと思います。最後の〆は護憲派の意見に配慮する流れもくんでいるのでしょう。

     記事の是非と背景を考えてみたのですけど、日本人なら一定数は記事内容の吟味をすると思います。もちろん、日本人も扇動されますし、僕も「あり得そうなフェイクニュース」を信じたこともあります。しかしだいたいは後に認識は変わります。

     タイトルだけしか観ないとか、内容の都合のいいところだけ切り取ったり、角度を付けて報道し、しかも批判意識なくそれを受け入れるとかいう韓国人の扇動されやすさに恐ろしいものを感じます。しかも、一度こうだと思ったらそれが事実であり真実だと信じる「宗教的な怖さ」を感じます。

コメントは受け付けていません。