日本政府、文大統領の「ツートラック」に対し「日本政府の立場は絶対に変わらない」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

昨日(28日)、文在寅大統領は大統領府で開かれた「外国人投資企業招請懇談会」にて、日本と韓国の関係について「経済的交流は政治とは別」、「民間の領域で交流が拡大し、企業間の経済交流が活発になるべき」と話しました。

いわゆる「ツートラック(痛トラック?)」を、また何食わぬ顔で話したわけですが・・

菅義偉官房長官が、この件で「日本政府の基本的な立場は絶対に変わらない」と話しました。受け取り方にもよりますが、ツートラックを全否定したようにも解釈できる発言です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本政府は29日、韓日関係の経済交流と政治は別々でなければならないという趣旨の文在寅大統領の言及について、「日本政府の基本的立場は絶対変わらない」と、韓日請求権協定に基づいて徴用工賠償問題を解決しなければならないという既存の立場を確認した。

日本政府のスポークスマンである菅義偉官房長官は同日の定例ブリーフィングで、文大統領の言及に対する日本政府の立場を問う質問に対し、「徴用工問題と関連し、韓日請求権協定違反の状況が続いていることについて非常に深刻に思っている」とし、韓国政府に請求権協定に基づく協議に応じるように重ね要求していると述べた・・>(聯合ニュースから部分引用)

https://news.v.daum.net/v/20190329172621642?d=y

 

今まで菅官房長官の韓国関連発言にもいろいろありましたが、個人的には、ここまで「ツートラック」を全面的に否定する趣旨の発言は初めてだった気がします(確かではなく、私が記憶しているかぎりでは、そうです)。

そもそも韓国の言う「ツートラック」というのは、「日本に対してひどいこと色々言いたいけど、損はしたくない」という発想に基づいたものでしかありません。

「反日は過去のものだ」という主張も、実は過去と現在を分けるツートラック戦法です。どう見ても韓国の反日は現在、そして未来に向けてのものですが、それでも「過去のことを言っているだけ」としながら、反論を回避しようとしているわけです。

 

 

「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」、BLOGOSに書評が載りました。ぜひお読みください(・∀・)ノ

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

180+

78 Replies to “日本政府、文大統領の「ツートラック」に対し「日本政府の立場は絶対に変わらない」”

  1. ツートラックって本来どういう意味だったんだろう?って思って
    調べてみようとしたけど、こんな言葉使ってるの韓国だけでは?
    これはもう純粋な現代韓国語ってことでいいんだろうか。

    そうなると矛盾するご都合主義の強要って意味でいいのかな。

    ツートラックの元ネタは中国語の政経分離だと思うんだけど
    中国自身がそれを否定してからもう使ってない死語だったり。

    1. >ツートラック
      そもそもは
      官と民が共通の問題にそれぞれの立場からアプローチして解決を図る
      というやり方の事だった気がします
      ムンムンが期待するやり方とはむしろ逆のような

コメントは受け付けていません。