「教えてやる」と「教えてください」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国から帰ってきてすぐ見つけた記事でしたが、中央日報の有料記事だったのでパスしましたが・・今日、紹介します。日本語記事が普通に載っていたので韓国語版をもう一度探してみたら、ポータルサイトには無料で載っていたみたいで(無料で公開されているのはまとめ版かもしれませんが、これで十分です)。

タイトルが全てが物語っています。

「韓国外交官は米国に教えようとし、日本は助けることはないかと聞いてくれる」。

「教えようとする」は、日本語版では「教化しようとする」になっています。タイトルもいいけど、ここを「教化」と訳したのが実に絶妙です。いいですね(曇りますね)!

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<ワシントンの外交街に、今の韓米同盟の危機が、両首脳間の政策や価値観の違いだけでは説明できないものではないかという指摘が少なくない。

米国務省のある関係者は、このように、ワシントン内の韓日外交の違いを説明する。

「韓国の外交官は、会えばすぐに私たちを教えようとする(※日本語版では「教化しようとする」)。そして、何かをくれとお願いする。頼みを聞いてやると、その後しばらくは連絡が途切れる。後でまた連絡が来てまた会ってみると、また何かを頼んでくる。

日本の外交官は、会えば、まず「私があなたのために何かできることはないのか」と尋ねる。助けてくれようとするのだ。だから私も「じゃ、私の方からは何をすればいいだろうか」と言うことになる・・>

https://news.v.daum.net/v/20190325000751384

 

実はこれ、個人レベルでも国家レベルでも同じです。

ここでいう「教える(教化)」とは、情のアピールと言ってもいいでしょう。相手が韓国の「教え」に拒否できない根拠、拒否してはいけない根拠として、韓国はいつも情を言い出します。

一般的ではない、とても私的で偏った基準が適用されるフィールドに、自分側にだけ便利なだけの「正しい」の領域に、相手を巻き込みます。そのため、韓国人は必ずこう言います。「私たちは友だちではないか」「私たちって、こんなことで壊れるような脆い友情だったのか」。

いわば、「私たちはウリではないか」です(意外と、こういう人との縁を切るのは容易ではありません)。

 

だから、願いを聞いてもらっても、それを(その恩を)返そうとはしません。ウリだからもう返したも同然だと思い、何食わぬ顔でまた別のことを頼んできます。恩を返すどころか、どことなく上からの目線で現れるのがまた、韓国の特徴です。

どことなく、「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」のハリウッド版(笑)みたいな感じがする、そんな記事でした。

 

 

 

「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」、BLOGOSに書評が載りました。ぜひお読みください(・∀・)ノ

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が発売中(2019年2月10日発売)です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が発売中(2019年3月2日発売)です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

174+

88 Replies to “「教えてやる」と「教えてください」”

  1. しょせんは「売り」のまん延している国だからね。
    南無・・・。

  2. >受験生さん
    名前間違えました。大変失礼いたしました。
    睦宗典ではなく、陸奥 宗光(むつ むねみつ)別名、カミソリ大臣
    調べずにうろ覚えで書いてごめんなさい。
    もうひとつ大きなまちがい!
    最初の対等パートナー外交の第一号はメキシコでした。

    陸奥 宗光
    第2次伊藤内閣の外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。
    坂本龍馬の仲間でした。西南戦争で5年の禁固刑中で、自著を書き、
    イギリスの哲学書の翻訳をし、特赦で出獄後、欧州に留学。
    イギリスの議会政治を学び、帰国後は外務省に入省。
    駐米公使兼駐メキシコ公使として、メキシコ合衆国との間に日本最初の平等条約である日墨修好通商条約を締結することに成功。明治21年(1888年)
    その後、第2次伊藤内閣に迎えられ外務大臣に就任し、イギリスとの間に日英通商航海条約を締結。幕末以来の不平等条約である治外法権の撤廃に成功する。
    そして。以後、アメリカ合衆国とも同様の条約に調印、ドイツ、イタリア、フランスなどとも同様に条約を改正した。
    陸奥が外務大臣の時代に、不平等条約を結んでいた15ヶ国すべてとの間で条約改正(治外法権の撤廃)を成し遂げた。同年8月、子爵を叙爵する。

    日米不平等条約とは、日米修好通商条約のことで、(1858年)別名、ハリス条約のことです。
    ●欧米人が日本国内で犯罪を犯しても、日本の法律で裁けない。
    ●金銀等価交換。日本と欧米の金銀の交換率の違いから(日本は金1に対し、銀4.65。
    外国の相場は金1対銀15.3)なので、金が流失し、インフレによる経済の混乱を招いた。
    ●日本に関税自主権がなく、貿易面で日本側に不利。
    というものです。

    このように、日本 vs 欧米の外交は、黒船で恫喝された日本側に不利なものだったのです。
    1911年。明治44年に新日米通商航海条約調印。
    改正条約満期にともない、関税自主権回復をめざす。
    →列国とも改正調印(条約改正の最終的決着を達成)

    日清修好条規(1871年9月)は、日本側全権伊達宗城、清国側全権李鴻章の間に結ばれた対等条約でしたが、制限的な領事裁判権を相互に認める規定などを含み日清両国がそれぞれ欧米列強と結んだ不平等条約を互いに承認しあう性格にとどまっていました。
    具体的には
    両国は互いの「邦土」への「侵越」を控える
    外交使節の交換および双方に領事を駐在させる
    両国の交渉には漢文を用い、和文を用いるときには漢文を添える
    制限的な領事裁判権をお互いに認める
    両国の開港場では刀剣の携帯を禁じる
    で、特に日本に有利という側面はなかったと思います。

  3. >みかげさんへ
    歴史的には、世界の外交のほとんどが恫喝外交でした。
    あとは、王族、貴族の婚姻を基盤とした同盟外交。

    戦争そのものが外交なんです。交渉が決裂した結果が武力。
    相手国を絶滅させて、根絶やしにすることが目的ではなく、
    暴力で痛めつけて、従わせることが目的。

    それが20世紀の後半の今では一般的には、対等なパートナー外交が基本となっております。

    ですが、昔から中華圏には、対等、平等の思想はない。
    と、いわれ、21世紀の現在でも、韓国と中国には、
    国家間に(対等、平等)の概念はない。
    このため、中国はいまだに、
    相手国の上級役人を、金と女と弱みで籠絡する
    賄賂外交と恫喝外交しか思いつきません。
    それでもギブ&テイクの概念自体は、中国には通用します。
    中国名物(ここだけの話、内密に…)で、オフレコで、
    「…これはあくまでも私個人の考えですが、私はあなたに賛同なんです。ぜひ、協力したい。
    ただし、そのためには…」と、相手国の外交に期待をもたせ、
    「これこれのことをして欲しい。そうしたら…」と、交渉するのだそうです。

    日本もよくひっかかりますが、これにもっとも引っかかるのが韓国なのだそうです。
    中国 VS 韓国の場合、いつもいつも韓国が中国にオフレコ外交に騙される。そしてその逆はない。
    さすがに、日本はとっくに「中国のオフレコ外交や、ハニートラップ外交にひっかかるな」と、
    警戒していますが、2010年〜2012年に初の民間出身の中国大使を務めた
    伊藤忠商事会長の丹羽 宇一郎さんは、売国奴と呼ばれました。
    丹羽 宇一郎さんには、複数の中国政府要人に多額の献金を行なっていた事実がある。事実上、これは日本からのODAによる事業を受注するための賄賂である」とされ、とりわけ丹羽が元首相・李鵬の子息に対して行った数十億円規模の献金については大阪国税局の摘発を受けていたそうで、
    日本が北京市に新築した日本大使館に対し、中国当局が「設計時には無かった吹き抜けがある」として半年に渡って使用が許可されなかった時に、丹羽さんは中国当局より、北京の日本大使館の使用を許可する代わりに中国が新潟市と名古屋市に総領事館用の土地を取得することを認めるように要求され、「中国側の要請に関連の国際法に従い、中国国内法令の範囲内で協力する」旨の口上書を渡していたことを認めた。」ことが問題になりました。

    なので、この間の中国の(中国、「韓国が一帯一路に積極参加を希望」と発表・・韓国側は否定)
    も、私は韓国が、中国お得意のオフレコ外交にひっかかったんだろーなー と、思っています。
    長いのでわけます。

    1. >みかげさんへ
      続き、
      一方で、日本のケースですが
      外交関係は、相手国との歴史によって、当然異なります。
      日本の場合は、明治のころから外交の基本理念を(ギブ&テイクの対等なパートナー外交)としていました。
      アメリカから、黒船で恫喝外交を受け、不平等条約を結ばされ、いかにしてこれを解消するか?が、
      初の外務大臣、睦宗典の最大の課題でした。
      それで他の国とまず(対等なパートナー外交)を結ぶことを積極的に行ない、その一号がブラジル。ブラジル大使館が日本の一等地にあるのも、ブラジルへの感謝だからそうな。
      アメリカを始め、西洋の(ギブ&テイク)は、
      1をやって10をとる交渉が基本です。
      日本の外交は、1をもらって10を奪われる不平等条約のマイナスからスタートでしたから、
      アジアやアフリカ等、西洋から不当な扱いを受けていた
      国々と、(対等なパートナー外交)を結び、最終的には欧米とも
      (対等なパートナー外交)を国家の目標としていたわけです。

      そのうえで、韓国とも(対等なパートナー外交)を結ぼうとしたわけですが、韓国の(約束を守らない、やらずぼったくり外交)に何度も騙されて、
      中国のハニートラップ外交には、2012年から
      韓国の約束不履行外交には、2015年から
      対応を返るようになった今日このごろなのです。

      中国のオフレコ外交と、ハニートラップ外交にはひっかかるな。
      韓国には、過去の約束を履行するまでは、韓国の要求を受け入れない。です。

      1. 陸奥宗光?

        >そのうえで、韓国とも(対等なパートナー外交)を結ぼうとしたわけですが、

        この記述がいつの事かチョットわかりませんが、
        日朝修好条規のことなら、これは日本優位な不平等条約です。
        当時、清の属国だった朝鮮ですから、清と対等な条約を結んだ日本としては、清の下位の朝鮮とは平等(対等)条約は結べない。
        (清との関係がおかしくなります)

        なので、対清の関係において、日朝修好条規は不平等条約です。

        1. お節介でしたか、、、。

          近代の話から、間に朝鮮、韓国についての記述があって現代に飛んでるんで、
          具体的にはいつの話?
          ってなったんでw

          戦後は、これは私見ですが、
          否、「戦後も」私は、日本は韓国を下に見ていたと思っています。
          できの悪い兄?(弟?)を面倒見てる感じ。
          それが癪に触るんでしょうねw

      2. 日本には、江戸時代から、
        「商道徳」という概念がありました。

        いまでは企業理念と呼ばれています。

        ちなみに伊藤忠商事の企業理念は、
        江戸時代の近江商人の経営哲学の「三方よし」だそうです。
        「商売において売り手と買い手が満足するのは当然のこと、社会に貢献できてこそよい商売といえる」という考え方。

        他、江戸時代の道徳家の二宮金次郎もこういってます。
        「すべての商売は、売りて喜び、書いて喜ぶようにすべし。
        売りて喜び、書いて喜ばずは道にあらず。
        貸し借りの道も
        また貸して喜び、借りて喜ばざるは道にあらず。」
        「道徳を忘れた経済は罪悪である。
        経済を忘れた道徳は、寝言である」

        なぜなのか?目先の利益より、商いを継続させる道を選ぶから。

        これに対して、中国は、
        後の千金 役に立たず。です。
        唐に荘子という人がいた。ひどく貧しくて、今日の食料が底をついた。
        隣の監河候をたずね、今日食べる粟を乞うたところ、5日後にきてくれ。千両の金が入るから。
        そのときお貸しします。といわれた。「荘子は、間に合わない援助は大金であっても役に立たない」
        と答えた。
        なので、中国には老舗企業がありません。刹那主義。目先の利益こそが大切なのです。

        そして韓国にも老舗がありません。
        そもそも日韓併合前まで「約束、契約」という言葉がありません。
        約束は守らなければならないという発想自体がないからです。
        ですが、政治経済の世界では「約束を守らないものには、二度目のチャンスはない」のです。
        これは外交の交渉においても同じことです。

      3. わー、丁寧なご返答&お話ありがとうございます!
        m(_ _)m

  4. >日本の外交官は、会えば、まず「私があなたのために何か
    >できることはないのか」と尋ねる。助けてくれようとするのだ。

    <「返報性の原理」(Wikipediaより引用)
    人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければ
    ならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。>

    日本語に「恩を売る」「恩に着せる」という言葉もあるように、
    日本人の間には、この「返報性の原理」をある意味、
    利用することでやや自分優位に人間関係を管理しようという
    感覚があるように思います。

    こういう日本人の人間関係管理方法について、
    「甘すぎる」とやや否定的なご意見もあるようですが、
    これはこれで日本人なりに戦略的に人間関係を管理している、
    とも言えるのではないでしょうか。

    では、なぜこの日本人の人間関係管理法が韓国人に対しては
    まるで効果が無いのか?と考えるに、それは根本的な次元で
    彼らとは「関係性の性質が違う」からではないのかな、と。

    韓国人の人間関係とは「ウリ」であり、それは「情」によって
    結ばれた肉親的・家族的な濃密度な関係性、
    もたれ合いの共依存関係です。日本人が想定しているのは、
    「独立した他者同士での人間関係」であり、
    これでは噛み合いようが無いわけです。

    そうなると、もはや韓国人と関係性を構築するならば、
    「ウリ」というものを研究し対応するしか方法は無いのでしょう。
    彼らに対しては対韓国専用の独特の特殊な外交が
    必要になってくる、ということです。めんどくさ。(笑)

    1. >対韓国専用の独特の特殊な外交が必要

      そうですね。それをわたしは主張しているのです。
      中国韓国に限っては、特別な扱いが必要であると。

      それが面倒くさい上に、他国からおかしく見られるから、断交すべしという結論になるわけで。

      1. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

        七誌さんの主張は外交をすっ飛ばして
        断交一択でしたね

        聞いても逃げたしな

        1. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

          相手のコメントに背乗りはいかんよ

        2. それは全くの嘘で、わたしはさまざまな選択肢を提案してきています。日本人がきちんと特亜を知り、大半が韓国を嫌悪するようになれば断交は不要であると説いてもいますし。

          一方で特亜を利用しよう、是々非々でのつきあいをという日本人が声が大きく、多数の日本人がそれに流されるようないまの状態では、結局断交が現実的にならざるを得ないのです。

          その日本人たちが、特亜を利用していると思ったまま特亜に利用され、日本を貶めるのに利用されるだけだからね。

          1. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

            全部釣りと嘘でしたよねw

            だから七誌さんの発言は信用にあたいしません

          2. 今日もどうしてかなーおかしいなあーと延々と言いに来る。うんざり。 より:

            毎回狼が出たぞーって叫んでいればいいよ

          3. 断交連呼からの
            他の提案もしていたニダかよ(笑)
            断交に反対する奴は馬鹿だっけ(笑)
            今更日和るな馬鹿な七誌君(笑)

          4. ここにきていきなり柔軟になりましたね。
            断交が「すべての解」から「解の中の一つ」程度までになったのは驚きです。

            >大半が韓国を嫌悪するようになれば断交は不要であると説いてもいますし

            https://japanese.joins.com/article/372/249372.html
            【中央日報】【韓国、日本人の「好感度低い国」3番目】
            >今回の調査で韓国に否定的な印象を持つ人は61%だった。

            「否定的な印象」と「嫌悪」の違いはあるにしても、過半数達成です。七誌さん、おめでとうございます。
            (「嫌悪」って回答、アンケートであるのかな?)

      2. >七誌さん

        で、嘘には嘘を、約束を守らないならこちらも守らない。
        韓国には、断交すべしですね。
        「では中国には?」と聞いたら返答をもらえませんでしたね。

        中国には断交すべし、ですか?

      3. >七誌さん
        >それが面倒くさい上に、他国からおかしく見られるから、

        なるほど、確かにそうですね。
        中国・韓国に対してだけ特殊な対応をするというのは、
        これまでの日本の外交姿勢と矛盾する感じで見られそうです。

        日本の外交姿勢として、どの国に対しても「公平公正」
        というイメージで売ってきたように思いますし、
        おそらく多くの国からそう見てもらえているでしょう。

        今後、中国・韓国との対立が深まれば深まるほど、
        日本としては、これまで築き上げてきた良いイメージ
        による今の特殊な立ち位置を、手放す覚悟をする必要が
        出てくるのかもしれません。

        でも、そうなることでこそ、七誌さんの言われる
        「異常な国」日本から「普通の国」日本になる過程
        ということになるのでしょうか。うーん、悩ましい!

        1. 過程でなかったりするのが問題です。
          中韓の外交に対して、中韓の外交の仕方で対応では「普通の国」への過程などでなく、中国化もしくは韓国化への道と言えるでしょう。

          実を言うと、そんなに特殊なことが必要でなく、配慮・思いやり・譲歩を除いて、原理原則に基づく外交をするだけで良いのではないかと考えます。今の延長でありつつ、延長でない、日本にできる外交です。

          七誌さんの言う、憎しみの教育や嫌韓100%といった大層なこと(北朝鮮や韓国みたいなこと)をして、やっていることは上下の関係の構築程度では国益にかなうのかな?と疑問に思うのです。結局、反日をおさえつけたり、無力化というか極小化するためだけに今の姿を破壊するほどではないのです。

          これで「韓国とは断交はダメだ」とか述べたいわけでなく、一般の人に理を持って利と害を述べ、キチンと説明できるレベルになってほしいと七誌さんには願っています。
          ここの特殊な空間で、世間では瞬殺されるレベルの理論で満足したり、逃げるのではなく、ちゃんと現実や自分の言葉に向き合ってほしいなぁ、と思うのです。

          ともかく言いたいことは、日本は日本らしくあるべきなのです。
          それで過去失敗したからと言い、ならず者に合わせるのでなく、ダメだった点の改善をしていけばいいのです。コツコツと。
          地味で、一部の人の溜まったストレスの発散はできませんが、これもまた日本人らしいような気もします。

          1. みかげさんの書かれていること、一理も二理もあると
            思います。私も今の日本が大好きだし、
            このまま平和で公平公正な日本であり続けて欲しい。

            とはいえ、世界には日本だけが存在しているわけでも
            なく、日本人の思うようには動いてくれないものです。
            世界は日本人の思いとは関係なく動いていて、
            日本もまたその中の一国としてその流れの中にいる。

            そんな、否が応でも連動する世界の中で、
            現状の日本を見回してみれば、ネットでリアルで
            工作員のような輩が蠢いています。

            そして、そういう輩の行動様式を見てみれば、
            日本の「公平公正さ」を逆手に取るような工作をし、
            盾にし人質に取るような論理を吐き出している。

            それらと戦うためには、今の日本に安住しているわけにも
            いかないでしょう。彼らを無視したら出て行ってくれる
            というわけでもなく。彼らが盾にしている「公平公正さ」を、
            時に盾ごと叩き潰す腕力が必要になってくるかもしれません。

            ならば、今まで築き上げてきた良いイメージを失うことに
            なったとしても、「日本が日本であり続けるために」こそ
            現実に即して自ら変わっていく展開もあると思うわけです。

            ただ私も、これで「日本を変えよう」と述べたいわけでなく、
            みかげさんの言われる「日本は日本らしくあるべき」
            という論に多少の異論を挙げておきたいと感じました。

            「変わらない道」「変わっていく道」両方あるんだと
            いうことを提示しておきたい、そう思ったわけです。

コメントは受け付けていません。