オフィシャル・ナショナリズム

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

1ヶ月程度前のことですが、韓国各紙で「官製民族主義」という言葉が流行りました。

この前、本ブログで2つのパターンを紹介した『韓国の反日批判の形』、「反日種族主義」と「ただの政府批判」。その2つが融合した形のものになります。

反日政策も含めて、現・文在寅政府は官製民族主義を政策としている、という内容です。これは日本で言う「公定ナショナリズム(オフィシャル・ナショナリズム)」のことです。

本エントリーのための側面だけに絞って見てみると、官製民族主義(公定ナショナリズム)とは、韓国で行われている正統性争いにも似ています。例えばA政党が国家の権力を掌握しているとした場合、その国家の中にある支配的権威(韓国で言えば「正統性」「韓民族の優秀さ」など、A党も他の政党も逆らえない権威)を、A政党の思想や主義主張と同化させるナショナリズムを意味します。保守派たたき、親日糾弾、反日と愛国の同化(臨時政府史観への執着など)などを政府レベルで進め、それを「親・民族」「民族愛」にしている現政権が、その姿を見せているというのです。

この主張をしたのは、保守右派の人ではなく、チェ・ジャンジップ高麗大名誉教授。彼は、金大中政府のときからの折り紙付きの左派思想家だったことから、そこそこ多くのマスコミが注目しました。ちょこっと引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・チェ名誉教授は15日、3・1運動100周年記念学術大会で「文在寅政権が推進する歴史清算、特に親日残滓清算については、管制民族主義(official nationalism)の典型的な姿で見られる」と批判した。発表したタイトルは「韓国民族主義の多声的性格について」だ。チェ教授は「歴史は管制教育ではなく、学界と市民社会の自由空間の中で行われなければならない」「(日帝清算などの)管制キャンペーンは、現政府が正当性の根拠を南北の歴史的正統性と結合させようとする意図」と述べた。

文大統領が3・1節記念辞で述べた親日清算についてチェ・ジャンジプは「これまで、進歩勢力(※左派)を共産主義者だと攻撃してきた保守に向けた表現」と解釈した。保守は過去の歴史を忘却し、歴史意識もなく、独立運動を蔑視する存在堕落した。文大統領の清算対象は保守そのものである。管制民族主義の問題は、第一に、歴史清算をすればするほど分裂と葛藤が大きくなるという点である。第二に、日本をナチスと比喩したり、悪魔化し、政治空間が閉じられてしまう・・>

https://news.v.daum.net/v/20190318001719674

 

最後の「やればやるほど分裂するだけ」「日本を悪魔化する」という2つは、面白い指摘だと思います。過程なのか結果なのかはともかくして、現状としてそのまま現れています。

「正当性を正統性とつなげようとする」という表現も、拙著「韓国人が暴く黒韓史」の頃から「韓国人は自分にとって正しいことを正統性にしたがるから、矛盾ばかり産み落とす」と書いてきた私としては、感慨深いことです。旧ブログのとき、「正統戦隊ワカランジャー」とか書いたりしましたよね。懐かしい話です。

 

でも、少なくとも「反日」に関しては、チェ名誉教授の主張には決定的に1つ、極めて個人的に、「ここは違う」と思わざるを得ないところがあります。

韓国のナショナリズムは、政党や政府が主導して出来上がるものではありません。すでに出来ているものを、政党や政府が利用しようとしているだけです。その証拠として、政権交代しても反日は消えません。反日こそが愛国で、民族愛だからです。

先の説明に沿って言い換えれば、反日は韓国にとって「A政党の正当性」にあるものではなく、「逆らえない正統性」にあります。

 

反日という同じゴール目指す路線が右と左に分かれていて、反共や反米などいくつかの部分に考えの違いがあって、「私と異なるのは間違っていることだ」として争いが絶えない・・・それが韓国社会で、それが韓国の歴史です。

韓国のナショナリズムが反日からすでに同化された状態で大韓民国が生まれた以上、少なくとも反日に関しては、「官製」ではありません。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

121+

48 Replies to “オフィシャル・ナショナリズム”

  1. 皆さんのコメントを読みながら色々と考えてしまいました。知らないことも多くて意見を述べるのも恐縮ですが、私は反日に教育や環境が無関係とは思えない部分もあると思っています。極論を言えば、併合を経験していない若い世代が日本を憎むことが「出来る」のは、少なくとも誰かが日本が悪だと教えていかなければ成り立たないのではとも思いました。生まれたての赤ちゃんが日本を憎んでいるはずがなく、子供は子育ての段階で徐々に見たり聞いたりして物事を定着させていきますよね。私の従姉は在日韓国人ですが(実母の姉が朝鮮人の男性と結婚在日三世です)日本に生まれた在日の方々でも日本に全く恨みを持たない人達もいるのは「育った環境が違うから」。この一言に尽きるように思います。過去からの経験によって蓄積した反日が、経験していない世代に対しては教育(環境)により定着させられていく、私にはそう見えています。色々な意見を読みながらそう思えてくるのです。

  2. 1 民族主義は思想である。
    2 1の民族主義を、政治に利用する場合がある。
    3 2の場合で、特定の国・民族を敵対視することにより、国内の団結力を高める手法がある。
    (※ 日本だって、例外ではない。)

  3. 反日も当初は「官製」だったんでしょうけど、今や完全に「文化」のレベルにあると思います。韓国で過ごす幼少期に自然と辺縁系に刻み込まれる、全国民が無意識のレベルで共有する価値観。仮に反日教育がなくなっても、自然と次世代に引き継いでしまう何かになっているような気がします。

    日本はどう付き合うべきなんでしょうねこの国と。今や考える気も起きませんが。

    1.  出発点は、上海の独立運動家たちでしょう。朴殷植とか。
       彼らと思想を同じくする李承晩が、戦後の韓国で政権を取った。
       その後、韓国の閉ざされた言語空間の中で、自己増殖なんでしょう。

       日本は非韓三原則で。できれば、ホワイトプロパガンダも。

    2. 私は昨日家掃除をしていて、朝鮮総督府の警察官僚の回想録を見つけて読み返してみました。
      敗戦後にアメリカ軍が進駐してくるまでの空白期間、日本の統治が無力化していく様を読むにつれて胸が痛かった。
      朝鮮人警察官の出勤がどんどん減っていき、警察は現行犯でも逮捕できず発砲も出来ない。
      電話交換手が朝鮮語でないと取り次ぎしてくれなくなり誰も日本語を話さなくなった。
      下働きが朝鮮人なので、朝鮮人が出勤しないから運転手すらいない。
      保護を求めて日本人が街中をさ迷い、朝鮮人の若者が肩で風を切って歩く。
      デモを説得して制止しようとした朝鮮人警察官が群衆に殴り殺される。
      ロバのように従順に見えた朝鮮人も、日本の武力に従っていたに過ぎなかったわけです。
      日韓併合が合意と言えども武力を背景にしていたことは間違いない。
      それでも、南朝鮮で米軍進駐前に日本人がおおむね無事で済んだのは、朝鮮駐留日本軍が万が一動くことを恐れたからに過ぎないと思う。
      実際には日本軍は自制して動きませんでした。

      反日が官製であるという主張は、話せば分かるとか騙されているだけとか、日本人の願望でしかない。
      それは危険なことだと思う。
      彼らは当時から、日本は朝鮮を支配したから今度は自分達が日本に行って統治するのだとか飛躍的な考えを平然と言っていたらしいです。
      シンシアリー氏に同意します。

      1. 貴重な情報ありがとうございます。

        嫌韓界隈では日本統治は善政だったことになっていますが、当の朝鮮人は不満をため込んでいたんではないかと思います。例えて言うなら、ある小さい貧乏会社X社があった。あるとき業界大手のA社に買収され、社員はA社の社員となり、給料も上がった。ところが、蓋を開けてみると、A社のプロパー社員とは待遇が全く違い、給料はプロパーの半分以下で出世もしない事がわかった、と。「せっかくA社の社員になれたと思ったのにガッカリ」。まして、日々同じフロアで働くA社の社員達を毎日見て、A社から年下の上司がやってきてあれこれ指図すると。

        客観的に見れば給料が上がって、身分も安定し、キレイな事務所に勤めるから好条件なんだけど、A社のプロパーとは越えられない壁があって、ずっと格下の立場に甘んじなければならない。だったら、得したことは忘れて、不満ばかり溜まりますよね。そういう状況だったのではないかと。

        そこに李承晩がその不満に共鳴してうまく心に入り込んだと。自分たちを差別したA社は悪者でいてもらわねばならない。それは李承晩もだけど、自分たちもそう思わねば納得できない。自分が零細企業X社に入社する実力しかなかった事実や、そのままでは倒産していたのに救ってもらった上に待遇を改善してもらった事なんて「都合の悪い真実」は見たくない。

        そういう事だったのかな、と思いました。

      2. 追伸:
        補足すると、A社は大手だけど業界4位とか5位のポジションで中途半端。X社時代には、大手取引先のB社(清)やC社(露)からアゴで使われて大変だったが、A社になったことで足蹴にはされなくなった。が、業界最大手のD社(米)やE社(英)ではないので、そこも不満だし、A社の中での格下扱いも不満だと。

        その後、A社の経営が一時傾いた際に再びX社として独立した。業界最大手D社の後押しもあった。で、「いかにA社で苛められて酷い目に遭っていたか」を訴え、後ろ盾になったD社の威光を使って古巣であるA社に復讐する・・・と。

        こんな感じでしょうか。

        1. >>曇天の霹靂さん
          >>客観的に見れば給料が上がって、身分も安定し、キレイな事務所に勤めるから好条件なんだけど、A社のプロパーとは越えられない壁があって、ずっと格下の立場に甘んじなければならない。
          呉善花さんの『日韓併合への道』でその点への言及があったと思います。
          ・たしかに本土から来た日本人と現地で採用された朝鮮人の間で賃金などで格差がありました。ただ日本政府としてはそういった差を徐々に縮めていく方向で調整していました(半島に選挙区を設けるなど)が、敗戦で頓挫することになります。

          >>自分が零細企業X社に入社する実力しかなかった事実や、そのままでは倒産していたのに救ってもらった上に待遇を改善してもらった事なんて「都合の悪い真実」は見たくない。
          ・さきの呉さんの本にも「日本人と朝鮮人の間で格差があるのは当然で、合邦(完全に平等な統一)を望んでいた朝鮮人の認識は甘かった」といったことが書かれていました。
          著作にしても「併合に至った朝鮮人(韓国人)の認識の甘さをたどる」という面があったかと思います。

          1. 呉さんは時々動画でおみかけしますが、そういうことをおっしゃっているのですね。今度、本も手に取ってみようと思います。情報ありがとうございます。

            桃太郎は、犬と猿とキジを引き連れて鬼退治に行った。物語では桃太郎は仲間と力を合わせて戦って勝利するが、日帝桃太郎は自分だけが頑張って手下には、手伝いはさせたものの、戦わせなかった。桃太郎は優遇したつもりだったが、手下どもは少しワガママで口うるさい桃太郎に不満もあった。残念ながら、桃太郎は鬼に敗北して軍門に降った。
            桃太郎は敗北はしたものの実力を認められ、鬼軍団の幹部(の末席)に座った。戦わなかった元の手下は解放はされたが恩恵はなかった。「僕らは無理矢理桃太郎に従わさせられただけで、皆さんと戦う気はなかった」「桃太郎が皆さんをやっつけようと言った」「私達は止めようとした」「桃太郎は腹黒く、リベンジを狙っている」と言って鬼の歓心を買おうとし、「きびだんごで買収された」事はひた隠しにして、ことある事に桃太郎に「お前のせいで大変な目に遭った」と迫った。

            なぜ日帝桃太郎は一緒に戦わなかったのか。自分の手下にはそんな気概はない、と見切り信頼していなかったのではないか。或いは保護民として危険な目に遭わせない、という親分的な感覚だったかも知れない。いずれにしても戦う機会がなかったので、プライドも尊敬も何も得る事ができなかった、という結果が残った。
            雑魚キャラだったが故に「実は僕らは反桃太郎だったんですよ。ほらね、ほらね。」と言う事でしか関心を持って貰えない彼ら。世間で「桃太郎の鬼ヶ島襲撃事件」の記憶が薄れてくると、ある事ない事尾ひれつけてより声高に叫ぶようになり、いつしか、白い目あるいは生温かい目で見られるようになりました、とさ。

    3. ハエやゴキブリと付き合う様にするしかありませんな、ハエやゴキブリに失礼な喩えだけど

  4. >韓国のナショナリズムは、政党や政府が主導して出来上がるものではありません。すでに出来ているものを、政党や政府が利用しようとしているだけです。

    戦後70年かけて作り上げた「反日」だからね
    一朝一夕で「反日」になったんじゃないよね
    国策として70年以上かけての「反日」

    もう戻れないよ
    素直にあきらめましょうw。

  5. 余にも惨めな歴史 ➔ ファンタジー反日歴史洗脳教育強化

  6. ブログ主の間違いを指摘するが反日は李承晩と朴正熙の合作によるまさに官製だろ。
    ただそれに1000年続く卑しい民族性がくっついただけ。
    具体的に言うと両班マインドを移植された白丁が大韓民国の国民性の実態。

    だから清の時代までは卑しい属国の朝鮮人で日帝時代は卑しい併合国の朝鮮人、大韓民国成立後は米国の威を借る卑しい韓国人。

    行動全てに貧しさ故の余裕の無さが織り込まれてるからかえようが無いね。

    つまり反日だろうが親日だろうが知性と理性のレベルに関係なくその行動は卑しく利己的なのさ。

    生まれた場所で決まり変えようが無い呪いのようなもの。

    それが近代における民族性ってもんだと個人的には考えています。

  7. 考えてみれば日本の嫌韓も、官製ではないんですよね。
    反日による被害を受けた日本国民が、自ら韓国を嫌悪するようになってしまった。でも日本の政治家は国民の意見はほとんど聞きません。それどころか国民が反対することばかり推し進めるから(税金など)数十年の間にすっかり信用できなくなってしまった。でも皮肉なことに韓国のおかげで、今回ばかりは政治家が少しは国民を見ている気がする。国民のほうも政治家を動かせるということを知った気がします。今更ですが。

  8. 少なくとも反日に関しては、「官製」ではありません。

    に、特に引っかかってますね。
    まぁ、反日教育をやって半世紀を経過し完成してるとも言えるので「官製」でスタートした反日が「国民性」になった結果、反日がそもそもの基礎になってるのでしょう。
    想像力や調べるチカラがあれば、物事は多角的に見なければならないが、矛盾があっても周囲のほぼ全ての人間が「それを当たり前の事」にした時、批難する代償より黙殺する方を選ぶものです。
    インドのカースト然り、ブードゥーのアルビノ喰い然り、外から来る者以外は、その違和感に気がつく事はないのかもしれませんね。

  9. このちっぽけな隣国をどうしたら黙らせることができるだろうか?

    1. ブラックホールを制御するのは、いずれ可能になるかも知れませんが、「あれを黙らせる」のは不可能。
      宇宙が終焉を迎えても、きっと騒いでいるでしょう。

  10. シンシアリーさんの理解してる、反日は官製でないってところはとても重要ですね。

    日本では今でも、反日は李承晩や朴大統領の教育により造られたもの、韓国が反日教育を辞めれば、と語る馬鹿が多いからね。ここにもウヨウヨいるし。

    反日は江戸時代、日東壮遊歌から、開国時の書契問題まで、日韓併合以前からずっとあるのです。これは差別思想、民族優越主義だから。

    ところが日本人は、日本が占領したから反日なんだ…と韓国人の嘘に騙される。結局のところ、それが問題なのですよ。

    1. > 日本が占領したから反日なんだ
      そいつは韓国人が言い出したことかい?
      少なくとも明治期にあって、朝鮮の人々が理解の範疇外にあるというのは、朝鮮に関わった知識人の共通認識だったようだ。
      つまり、明治の昔から七誌くんの言う「反日」についての認識はあったのではないだろうか。
      そして戦後、55年体制に反発する上で日本の反主流派が、その「反日」感情を利用した。
      バックボーンにエスノセントリズムっぽい原始的な差別意識があるにしろ、現状の取り返しのつかない反日はプロパガンダの産物だと思うよ。
      政権側でないから「官製」とは言わんかもしれんけど。

      1. σ(^_^;)の覚えのないコメントがあるじゃん!
        いやいや、何だろう、当ブログで長年使ってるHNが使われてるのね!
        まあ、使用権とか持たないので文句は言えませんが、「七誌さんのこのご意見には大いに同意!」は、いつもの無駄に長文の嫌韓人とは別人のコメントです。

      2. 七誌さんのこの意見は、
        「昔から朝鮮人は日本を下に見ていた」という大雑把な意味なら、正しい。
        ただし、日韓併合以前は「侮日」であって、今のような「何が何でも日本は民族の敵」という「反日」ではありません。
        狂信的ではありますが、中華的秩序体制の中での序列意識に基づいたものに過ぎません。

        それが、今のような「反日」に変質した過程には「李承晩や朴正煕が政策的に煽った」という側面が、確かに有ります。
        ゆえに、李承晩や朴正煕の影響を全否定するのは間違いです。

        「韓国が反日教育を止めれば…」が間違いなのは、その通りですが、それを今では多くの日本人が理解しています。
        ですから「馬鹿が多いうんぬん」は間違い。

        「日本人が占領したから(韓国人は)反日なのだ」というのも、全てがウソではありません。
        占領じゃなくて併合だから、用語が不適切である、という意味では間違いですが。
        けれども「そういう言い方もできる」のです。

        七誌さんの意見に、うかつに同意するのは、落とし穴がたくさん潜んでいますので、ご注意を。

        1. こうやって、日本人を騙そうとする馬鹿が現れる。

          韓国人の目的は何かといえばね、韓国の反日は、日本の侵略が原因だとして、日本を世界を騙して、韓国の民族優越主義を隠すことなんですよ。これは中国も同じことをしている。

          日本が侵略を謝罪すれば、日本と仲良くできるのに!ってアメリカを、世界を騙す訳ですね。

    2. 李承晩以降のは官制「も」関係してると思うけど、日帝以前のは小中華(朱子学)で説明つきませんかね?
      (ので、現在のは様々な要因が積み重なった結果)

コメントは受け付けていません。