渋沢栄一と植民地近代化論

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

本ブログとはちょっとした縁がある「The New Korea(放題:『THE NEW KOREA―朝鮮(コリア)が劇的に豊かになった時代(とき)』)」もそうですが、併合時代に朝鮮半島が豊かになったとする資料は残っています。

そういう資料をもとに「日本のおかげで近代化出来た」という意見を出されると、韓国の「正義」が傷つきます。だから、韓国はその類の意見を潰すために、「植民地近代化論」という言葉を作りました。

日本のおかげで併合時代に経済が発展したなど、すべて植民地近代化論だ!日帝と同じ意見を出す悪いやつらだ!と。

日本が、経済的に朝鮮を属国とするためにしたことにすぎない。朝鮮半島は収奪されただけだ・・幼稚な主張です。そもそも韓国の反日思想は、「日本が絶対的な加害者でなければ、韓国が絶対的な被害者になれない」という幼稚な発想で出来たもの。日本のおかげで経済が発展したという意見は、邪魔でしかありません。これは、韓国にとって「事実なのかどうか」よりずっと重要なことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

すでに皆さんもご存知でしょうけど、1万円札に肖像画が入ることになった渋沢栄一さんのことで、韓国は「絶対にいけない」と強く反発しています。

「韓国が渋沢栄一さんを嫌う理由があるのか?」となると、彼のおかげで発展できた側面こそが、韓国が彼を嫌う理由であります。

 

一例として、「私たちは、日本の貨幣に渋沢栄一が載ることを許諾できない理由」というソース記事から、引用してみます。

<・・国の最高のシンボルが国旗だとすると、次は貨幣です。世界の貨幣の8割は前面に人物が入ります。だから貨幣に載る人物は、国家のアイデンティティが含まれています。

一昨日、日本政府が1万円券(1万円札)に渋沢栄一を入れると発表しました。渋沢は、日本経済の父と呼ばれます。彼は旧韓末(※朝鮮末期)通貨を発行して第一銀行、また京釜鉄道社長をしながら、韓半島経済侵奪の先頭に立った人物です・・

・・彼が朝鮮半島に鉄道を作ったせいで、韓国が経済属国になってしまった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190411172100200

 

ソース記事は、渋沢栄一さんが行った様々なことを、すべて植民地近代化論として、否定しています(本文に植民地近代化論という言葉が出てくるわけではありませんが、内容的に)。

もっとも分かりやすいのが、「彼が朝鮮半島に鉄道を作ったせいで、韓国が経済属国になってしまった」、と。

渋沢栄一さんが、当時の経済と密接な関係のある人物である分、韓国としては困ったものです。彼の行いをすべて「侵奪」にしないといけないのでしょう。

ソース記事の題に、「(韓国が日本に対して)『許諾』できない」と明らかに上からの目線で書かれているのは、反日思想によるいつもの癖なのでしょうか。それとも、鉄道を作ってもらうしかなかった歴史に対する、劣等感の裏返しでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

161+

78 Replies to “渋沢栄一と植民地近代化論”

  1. そもそも自国の紙幣や貨幣をどんなデザインにするかなんて事に、他国がいちゃもんつけていいの?

    何処かの国のお嫌いな「内政干渉」ニダヨ。

  2. 東北の発展に回す金を後回しにして、朝鮮半島に金を使い、後に朝鮮から安い米が入ってきて、東北の農家は米が売れなくなり、自殺者が出たり娘を売りに出した人達が出た訳だが、戦後の韓国は日本が朝鮮の米を収奪したとか真顔で大嘘をついている

    1. 朝鮮米の輸入は日本の農民を犠牲にした時期もありましたね。
      昭和恐慌で米価が暴落した時、輸入制限しようとした日本政府と朝鮮総督府が対立。
      日本経済に役立ってないことはないが、お荷物的な一面もあったわけで経済的な収支勘定は複眼的に見ないとわかりません。
      韓国人は鉄道や工場は収奪の為と強弁するけれども、日本統治がなければ存在すらしてなかったわけで統治下でも京城紡績や斗山のような民族資本が出てきたわけですからね。

  3. 朝鮮併合は西洋諸国から押し付けられたという見方もあります。当時アジア諸国は植民地化され、いつ日本もソ連の脅威を感じていました。中国も朝鮮も財政破綻状況でした。中国皇帝はソ連に近づきそれに危機感をもった一部勢力は日本に併合を求めました。
     日本国内はどうだったかというと併合反対派と併合賛成派と議論で揉め、伊藤博文などは反対を主張していました。
     なぜなら、朝鮮国土は荒れ果て、当時魅力的なものはありません。ただソ連の南下政策に対抗する地理的条件には必然的に価値がありました。当時の日本は朝鮮・中国が独立国として自立することが日本の地理的安定に必要だったのです。
     渋沢栄一を今、韓国人は批判しますが、日本が併合する以前の朝鮮はどうだったでしょうか?日本は併合ということで、教育・衛星・にまず力を注ぎました。韓国人は韓国から摂取したと主張しますが、朝鮮人の生活はまさに土人といっていいほどの文化的な生活といわれない非衛生的なひどい状況を日本は改善したことで、平均寿命は延び、人口増加が行われたのです。西洋諸国で植民地に教育を実施した国があるでしょうか。間違いなく併合であって植民地ではありません。ただ併合されたという感情が許せないのでしょう。
     だとした中国に従属していたことに恥じるべきでしょう。中国こそ長い間、搾取されたことこそ、続けたことに朝鮮人は恥ずべき行為を感じるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません