(レナスレ)古書店の撮影スタジオにて

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

本エントリーは「レナスレ」です。ドール写真(いつもより多い)が苦手な方はご注意ください。レナスレに韓国情報はありません。ブログの本題として最新のエントリーは一つ前の教授VS牧師になります

 

多摩にある「フォトスタジオリブレリー」に行ってきました。ドール用にミニチュアで出来たスタジオは行ったことがありますが、ここは普通(人間サイズ)の撮影スタジオです。

古書店「佐伯」の中にあるだけに、本がモチーフで、中にある本もすべて本物です。店と客が共に大事にしないと運営できないはずの、そんな小道具が並んでいます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

数々のドラマ、映画などに撮影協力されているとのことで、レジ近くには「家政夫のミタゾノ」撮影協力の告知などがありました。

 

それでは、さっそく撮影開始です。ドレスは「童話館 Mother Goose」さんの「ラプンチェル」ドレスです。

 

↑特に気に入った写真です。

 

 

特にこのブースは、このまま映画撮影してもいいのでは?と思いました。貴族とか魔法使いとか、いろんなシーンに使えそうです。

 

 

なんというか、スタジオの中で「こだわり」を見たというか・・ドール撮影だけでなく、いろんな側面から良い経験になりました。店の方もとても親切で書店の品揃えも良く、次は本を買いにまた訪れたいと思いました。

それでは、今日はここまでです。明日また、サウスコリア(たまにノースも)スタジオのエピソードでお会いしましょう。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

144+

23 Replies to “(レナスレ)古書店の撮影スタジオにて”

  1. レナ嬢、やべえっす。
    俺ドール趣味とかないはずなのに、背中を見せた画像の、何か、危うさというか美しさというか。日本女性が和服で見せる、背中から首筋に覗かせる綺麗さというか。おかっぱなせいなのかなあ。
    いずれにしてもお嬢様って感じでいいですね。
    もうとっくに魂宿ってるんだろうなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません