日本「主権免除の原則って知ってるか」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

今年3月、「韓国が韓国内の裁判所で『日本政府』を被告にした裁判を進めている』ことをお伝えしたことがあります。

なんだそりゃーな方は、過去エントリーをお読みください

その件で、当たり前ですが、日本政府が公式に「韓国の法律に縛られるわけにはいかない」と、拒否したことがわかりました。また、明らかな国際法違反の案件であるため、訴訟は却下されるべきだとも。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<日本外務省は、慰安婦被害者らが日本政府を相手に提起した損害賠償訴訟について「国際法上、認められない」と拒否の立場を韓国政府に伝えた。

21日NHK放送によると、日本政府は、国際法上の主権免除の原則(※国家およにその行政機関は、同意なしに他国の裁判で被告になることはない)を取り上げており、「日本政府が韓国裁判の被告となるのは、国際法上認められない。訴訟は却下されなければならない」という立場を外交ルートを通じて韓国側に伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190521232317493

 

また、世界日報によると、<・・日本外務省は、1965年の韓日請求権協定と朴槿恵政府のとき締結された「慰安婦の合意」を掲げ、日本軍慰安婦問題は「完全かつ最終的に解決された」と主張した・・>、と伝えています。

https://news.v.daum.net/v/20190522093836724

 

さて、韓国の裁判所が、この件を「却下」にすることはできないでしょう。たかが司法が慰安婦に勝てるはずもないし。

多分、「被告が裁判に参加しないでいる」として裁判そのものを無期延期するのではないでしょうか。彼らが「積弊だ」と叫んでいる、朴槿恵氏が個人賠償判決を延期させたときのように。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

163+

74 Replies to “日本「主権免除の原則って知ってるか」”

  1. さあさあ外務省、汚れ役でも嫌がってばかりいないで、ちゃんと仕事をしなさいよ。
    あんたらが仕事をさぼると、防衛省の出番になっちゃうんだからね。
    河野さん、官僚たちのケツ叩き頼みます。

  2. とりあえず論点を整理しとこうか という感じだろうか.結局は 日本統治が違法であったか が争点となるのを導いたように思う.もしかするとWTO効果かも知れん w

    日本側としては まず主権免除を指摘する.恐らく韓国の裁判所は不法行為の例外を持ち出すだろう.日本が制限免除主義へと立場を変更していたとしても,不法の認定と遡及の無効が最初の争点になると思ふ.

     > 「被告が裁判に参加しないでいる」
    それは理由にならんでしょ と思ったんだけど,ただの皮肉かぁ w

コメントは受け付けていません。