光が丘・ローズガーデン

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

昨日のことですが、新宿に行く用事があって、前から気になっていた光が丘・ローズガーデンに寄ってみました。

週末に載せようかと思いましたが、月曜はまたレナのスタジオ撮影(今度は和室)ですので、今日のエントリーにします。

レナも一緒に行ってきましたが、レナの写真はありません。カメラは持っていましたが、日差しが強すぎる気がしてレナはカバンから出しませんでした。過保護です、はい。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

日本に来て、「花」を見る機会が圧倒的に増えました。もちろん桜も花ですが、それ以外にもバラとかアジサイとか、シーズンに合わせてわざわざ出かけるようなこと、韓国では想像もしませんでした。

もちろん、韓国にいたときには今とは比べ物にならないほど忙しかったので、そういう理由もありました。でも、そもそも花を見に公園などに出かけるとは考えもしなかったし、公園の花といっても一年草の寄せ植えがほとんどで、「~公園は~(花)の名所」のような話もあまり耳にすることがありませんでした。そもそも、公園、いや緑そのものの記憶が、そうありません。

 

前に桜のときも同じことを書きましたが、「遠くまで行かなくても」色んな場所にこういうインフラがあるのは、本当に助かります。2時間距離に世界最大級の公園があるより、30分距離に好きな花の咲く公園があったほうが、絶対いいに決まっています。

日本に来てから、わざわざバラを見に動いたのはこれが2回目です。前は「京成バラ園」に行きました。

次は、ぜひアジサイを見にどこか出かけたいと思っています。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

153+

67 Replies to “光が丘・ローズガーデン”

  1. あじさいなら白山ですかねー数日しか開放されないので要チェックではありますが。

  2. 下田公園があじさい本数では最大みたいですね
    落ち着いて見るならお寺関係ですか

コメントは受け付けていません。