日本のせいで問題が複雑になった?

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

昨日お伝えしたカン・ギョンファ氏の発言がもう少し詳しくなってきたので、紹介します。

記事の半分以上は韓米首脳の通話内容の流出に関することですが、その部分は省略、日本関連部分だけまとめます。

・閣僚級が相手首脳を言及するのは外交的欠礼

・河野外相の発言は問題解決の役に立たない

・苦しい時期だからこそメッセージは慎重にすべきだと何度も(河野外相に)言った

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・(いわゆる強制徴用問題は)被害者中心が基本。法の問題を乗り越え歴史と人権の問題

・韓国はまだ政府間協議も拒否していないのに、日本が仲裁委員会を要請してきて、複雑になった

・(韓国政府が原告団に現金化を遅らせるように連絡したというマスコミ報道に関して:)司法プロセスだから政府は介入できない。政府の立場と違う

・(財団設立で解決する案について:)いくつかの案の中の1つとして考慮している

・G20での(日韓の)首脳会談はまだ何も決まっていない

https://news.v.daum.net/v/20190525095604902?f=p

 

「三権分立だから~」に逃げたり、「法律を超え歴史と人権~」に逃げたり・・

しかし、本当に「欠礼」好きですね。

韓国は「政府間協議」に対し、4ヶ月も何の反応も示さず、総理が「政府は介入できない」と明らかにしました。その後に日本は仲裁委員会構成を要請しました。これを、まるで「日本のせいで問題が複雑になった」のように話しているのは、外交欠礼にならないのでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

150+

56 Replies to “日本のせいで問題が複雑になった?”

  1. 別に日本は苦しいときじゃありませんし、苦しんでるのは韓国だけです。
    たから発言に慎重になるべきのは韓国のほうでしょ。
    で、でてきた言葉が欠礼欠礼と、もうアホかと。

  2. 「話を聞く側がハイハイとだけ言っておけば騒ぎにはならない」
    ・・・と韓国人は言いたいわけですね。
    日本人の処世術はずーっとそうだったからこそこれまで韓国と日本はなんとかやってこれたんだけど、やっぱ気づいてなかったのね。

  3. 国際条約が、国内法である三権分立の上にあることがわからんようで。
    韓国の司法も日韓基本条約と付属書の日韓請求権協定に拘束されている。
    もちろん、大統領も議会も拘束されている。
    大統領と議会が協力して、募集工補償法をつくって補償すれば終わる話。
    まー、やらないし、やれないのはわかっているが、そんなことは日本が知った話ではない。

  4. 人権だというならば、南朝鮮が人権をどう考えているのかを徹底的に暴く格好で争ってみるのも面白いかもしれんなぁ。
    何しろ、南朝鮮は南朝鮮人の補償も人権回復も全て強請の種にしてしまって自らは一切何もしていない。強請った銭はあっという間にどこかに消え、同じ面子が揃ってお代わりを要求するのが常だ。
    しかし、南朝鮮は他民族の扱いに対しては苛烈を極める。
    例えば越南。数万の越南人虐殺、強姦を散々やったが南朝鮮は越南人への補償、人権回復など一切何もやっていない。
    南朝鮮の馬鹿共にしてみれば、俺たちも被害者だと言ってのけるのは目に見えるが、南朝鮮が遣ったことに変わりはない。未来永劫南朝鮮による越南人虐殺と強姦は歴史に刻まれる。それに対し、一切の補償も人権回復もしなかったも同時に歴史に刻まれる。
    既に、南朝鮮が戦場売春婦の斡旋をやっていたことは歴史に刻まれている。まだまだ、記憶に新しいところ。

  5. >「日本のせいで問題が複雑になった」
    また出たよ、ひとの星人!(ジュワッチ)
    生誕地:南他人之星人民共和国
    武器:必殺無責任ビーム

  6. 平時(外交的に問題がない、という意味で。)においては、欠礼に当たるかもしれませんね。
    けれども、今は、外交的に問題山積の非常時です。韓国では、外交部長官ズレが何をどう話してきたところで、実際の決定権は大統領にしかないのですから、その意味からは、河野外務大臣の外交問題に関するカウンターパートは、文大統領以外いないと考えてあながち間違いではないではないですか。

    全く問題ない、当然の発言だと考えます。

コメントは受け付けていません。