ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介

 

 

※ここから「続きを読む」の後になります。ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

お陰様で、また、新しい本のご紹介ができるようになりました。まことに、作家として身に余る光栄です。

まず、日韓比較論3作目、「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」です。タイトルに「か」が5回もでてくるスグレモノです(笑

着物の美しさを話し合うのが日本人で、着物の値段を話し合うのが韓国人であること。そういう日韓の差から現れる、本書は「品位」の話です。韓国では『格』という字が、まるで上下関係を表すようになっていますが、私は、「品位」や「品格」という言葉は、他人との比較やランク付けの意味ではないと思っています。お金で品位とか品格とかの話になると、どんな形になるのでしょうか。大金持ちは品位があるのでしょうか。そうではありません。それは違います。

日本に来てから、私は、韓国では見いだせなかった『平等』の価値観を感じました。それは決して他人との比べ方や、お金の絶対額で見えてくるものではありません。共産主義などで言う平等とも違います。韓国には無かった、その平等の概念。それこそが、人とお金の間に存在する共存関係に絶妙な品位を作り出している。そんな内容の、いわば日本人の品位に関する本です。

AMAZONリンクはこちらになります。2月10日発売です。

なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~

前のご紹介エントリーはこちらになります。たくさんのコメント、ありがとうございました。

 

 

また、日韓比較論2作目となる「人を楽にしてくれる国・日本」が、大幅な追記とともに、「新書版」として新しくなりました。

姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、追記いたしました。

他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

アマゾンリンクは、こちらになります。3月2日発売です(今気づきましたけど、公式発売日は3月1日で、31運動100周年記念日の発売となりましたw)。

人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書)

 

はじめてシンシアリーのブログを始め、「ニュ-コリア」を載せるようになったのが、2009年です。ブログ10周年となります。

昨日気づいたのは秘密です

その10年間、歯科医師とかブロガーとかではなく、人間一人として、ずいぶんと変わった道を選び、しかも結構「遠く」まで来れたものだな・・な気もします。

すべて、本ブログあってこそのもの。

読者の皆さんに、心から礼を申し上げます。これからの10年、また頑張ります。

※本エントリーにコメント出来なくなっていたら、「インフォメーション」(もっとも最初に表示されます)にコメントください!※

 

 

 

795+

76 Replies to “ブログ10周年のご挨拶・「日韓比較論」新刊2作のご紹介”

  1. 10年、なんですね。沢山お辛い事もありましたでしょう、よく頑張って来られましたね。これからのシンシアリーさんの人生が平和で豊かなものになりますように。
    私事になりますが、10年と聞くと、2年前に亡くなった友人を思い出します。丁度10年くらい前から、近くに越してきた同級生の彼女と親しく過ごしてきました。私にシンシアリーさんを紹介してくれたのは彼女で、日韓問題について、よく語り合ったものでした。シンシアリーさんは私たちの共通の友人のような扱いで会話に登場していました。3年前、彼女が病気で倒れてから、「シンシアリーさんが日本に来てよ」と話したら(口がきけない状態でしたが)にっこりしました。関係なくて済みませんが、シンシアリーさんの初期からの読者で理解者だった、その友人の事をお話ししたくなって、書いてみました。

  2. 10年 凄い努力だと思います。
    10周年おめでとうございます。

  3. 10周年おめでとうございます。
    小学生のころ初めて知った、韓国人の恨という性質にものすごく違和感と嫌悪感を抱きつつ、それでも日本と一番縁のある国であることは間違い両国。
    ともに栄えていきたいと、皮肉や嫌味でなく、こころから思います。
    これからもシンシアリーさまのご活躍を期待しています。

  4. 絶え間のない発信、本当にありがとうございます!
    次の10年にも期待しております。
    よろしくお願いいたします!

  5. ご丁寧なご挨拶有り難う御座います。
    此方こそこれまでモヤモヤしていた点を、
    はっきり認識できる様になってかなりスッキリしました。
    まだまだ流動的な日韓関係ですので、
    今後も新たな視点と合理的な分析の提示をお願いします。

  6. シンシアリー(真摯+名?)様
    「恥韓論」を読んだときに、今まで抱いていた韓国のイメージが打ち砕かれ衝撃を受けたことを思い出します。

    ある種、この人たちの「怖さ」も感じました。

    これから、どのような関係が良いのかまだわかりませんが、恨みをもった国家の末路は悲惨であろうと思います。

    これからも、日本人が知りえない韓国の話題楽しみにしております。また、日本の良いところを取り上げていただきありがとうございます。  

    身体にお気をつけ頑張ってくださいませ。

  7. 10周年 おめでとうございます。もう10年ですか。

    私はシンシアさんがアレン・アイランド氏の著作をブログに翻訳してのせられた頃から読ませていただいていますが、当時、この本をよく、韓国語に翻訳できたなと言っておられましたが、その出版社や翻訳者、たしか女性といっておられましたが、どうなさっているのでしょう。

  8. 「人を楽にしてくれる国・日本」を先週、読み終わりました。ご親族の癌、私も経験がありますので、お察しいたします。回復を心よりお祈りします。
    さてこの本で、改めて自分の国を見つめ直させていただきました。私は日本を好きですが、同時に他の国を尊重するのが当たり前と思っていましたので、この本の内容に非常に共感しました。
    また、この本はシンシアリーさんの感受性の強さが行間に溢れていました。シンシアリーさんの繊細な個性が平和で幸せにいられますようにと祈らずにはいられませんでした。
    日本という国は、アメリカのような国と比べて比較的、感受性の強い人が住みやすい国ではないかと思います。アメリカ人にそのようなことを言われたことがあります。そのままの自分でいても誰も気にしないと。比較的というのは、日本でも最近、他人を攻撃する言動が増えているので。。
    結局、個人も国も同じで多様性が重要で、それぞれの国がそれぞれの個性を持っていて、良い悪いはなく向き不向きがあるだけでは、と思っています。ただ、韓国の人は有りもしないことを教え込まれて集団トラウマとなり、生きづらい状況を政府に強制されていて、とてもかわいそうだと思います。

    1. 韓国の「上下」に拘る価値観では、多様性は生まれませんから。
      結果、疲れるようになり、それが「ヘル朝鮮」という言葉を作ったのではないか・・と思っています。ヘルは良い悪いの意味ではなく、疲れるの意味に近いのではないか、と。

  9. 10周年おめでとうございます。「シンシアリーのブログ」の愛読を始めてはや6、7年、これからも頑張ってください。応援してます。

    1. ありがとうございます。

      まさか「シンシアリー」がここまで「私」の人生に大きく関わるだろうとは、10年前には思ってもみませんでした。出来る限り続けてみます。

      ※本エントリーのコメント欄はしばらく機能しなくなっていましたが(一定期間がすぎるとコメントができなくなります)、アンケートよりこちらを上の方に置きたくて日付けを調整、また2週間ぐらいはコメントできるようになりました。

  10. 「人を楽にしてくれる~」は、つい先日読み終わりました。
    姪御さんの病気については、お姉さんと姪御さんが帰国された後に、この本で知りました。
    元気を取り戻されるよう祈ってます。
    「借りたお金~」の方は、本屋で見掛けたら買おうと思っているのですが、なかなか出会えません。

    1. ありがとうございます。姪も姉も、思ったより生き生きしていて、本当によかったです。

      本エントリーのコメント欄はしばらく機能しなくなっていましたが(一定期間がすぎるとコメントができなくなります)、アンケートよりこちらを上の方に置きたくて日付けを調整、また2週間ぐらいはコメントできるようになりました。

コメントは受け付けていません。