ウリの「夢」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国で「労働組合」が問題になっているのは目新しいことでもありませんが、その労働組合の中でどんなことが起きているのか、想像もつきません。

この前、エントリーした建築関連のエントリーでも「不思議な制度もあるものだな」と思いましたが、今日は韓国最大の港である釜山港の労働組合についてお伝えします。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・釜山港湾運送労組は、一般的な労組とは特異な形だ。釜山港湾運送労組は就職すると組合員になる「closed shop」ではなく、労組加入さえすれば港湾業者に就職できる「pre-entry closed shop」である。就職するには、労組加入が優先だ。

しかし、加入手続きが不十分で客観的な昇進の基準も用意されていないため、雇用、昇進などの際に金品提供の誘惑が絶えないというのが、釜山港湾運送労組を捜査した検察の判断である。

 

※最近は為替レートが崩れていますが、1円≒10WON程度に換算すれば大まかに合います※

過去には組合への登録1千万〜2千万ウォンが必要だったが、近年、人気のある支部に登録するには、3千万〜5千万ウォンの裏金が必要とされる。

労組に加入出来てもそれで終わりじゃない。

助長への昇進に5千万ウォン程度、班長への昇進には7千万〜8千万ウォンを上納しなければならないということが、組合員の伝言だ。

20〜30人の組合員を管理する班長は、仕事はあまりせず年俸7千万〜8千万ウォンももらえるため、港湾運送労組では「夢の補職」と呼ばれる・・>

https://news.v.daum.net/v/20190610163116339?d=y

 

ああ、凄いな・・と思いました。もちろん、ものすごく嫌な意味での「凄い」ですが。

現代自動車労働組合にも、仕事はほとんどせず(労働組合関連の仕事しかしない?)高額の給料をもらう人たちが多いと聞きましたが。

これが彼らの言う「民主化」の結果なら、軍事政権時代の労働組合弾圧のほうがまだマシだったのではないか、そう思わずにはいられない今日この頃です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

162+

60 Replies to “ウリの「夢」”

  1. 日本にも似たようの組織は存在しますよ、初めて聞く方がほとんどだと思いますが、ミートシンジケート、食肉の、流通や販売にある種特別な、慣習が存在することです。

  2. 民主主義の発展には「封建制度」が必要とは言いますな。
    日本とヨーロッパで民主主義が発展したのは共に前段階で封建制後があったから。
    その点で見れば日本もヨーロッパも
    天皇、教皇(権威)の下に征夷大将軍、国王(世俗権力)があり、藩主や諸侯が「契約」の元忠節を誓う、と。
    契約とは土地の所有権の承認であり、日本では御恩と奉公という言葉に言い表され、その土地(一所)を懸命に守ることから「一所懸命」という言葉が生まれてきた、と。
    こう言う契約の元社会が営まれていたため自然と「法治」が生まれてくる、と。

    中国や韓国の場合は部族(宗族)性です。部族単位で動いて部族長は自分の一族を守る、一族はその部族長に奉仕する。(たぶん遊牧民の発想じゃないですかね。宦官とか動物、とくに馬の去勢文化ですし。)
    ただ、他人がこの一族の利権にあずかれる場合もあり、それが賄賂(見返り)です。
    賄賂を贈ることで圏子(ケンズ)となり利権にあずかれる。
    またこの場合、法とは部族長の判断であり、それゆえに人治と呼ばれるものになるでしょう。

    ・・・まあ歴史にそった文化ですが、後者の場合、あくまで目標は自分の部族(宗族)の発展です。国なんてどうでもよろしい。
    血縁から地縁に移ったら日本ももっと付き合いやすくはなるでしょうが、さあどうなる事やら。

  3. 『あなたの「夢」は、何ですか? 私(ウリ)の「夢」は・・・・・・』

    こうですね、わかります。(※絶対に叶わない「夢」の一例)

  4. >>これが彼らの言う「民主化」の結果なら、軍事政権時代の労働組合弾圧のほうがまだマシだったのではないか、そう思わずにはいられない今日この頃です。

    軍事政権は民主主義の前段階として、必要なのではないかと思っています。
    ( 鎌倉〜江戸に至る幕府も軍事政権です。)

    軍人は命をかけて縄張りを守るので、その土地との一体感を持っています。
    一体感は責任を生み、その土地での揉め事を排除し秩序を保とうとします。
    軍は大集団なので、階級や法律もしっかりして、責任の所在も明らかです。
    こういった軍のシステムを適応して、治められた民の方にも、秩序と法知識が身についてきます。
    江戸時代の武士と百姓の関係は、とても面白いです。
    ( 武士に「もの言う」百姓たち―裁判でよむ江戸時代/渡辺 尚志 )

    この段階を経ずに、民主主義のシステムだけ移入して上手く行ってる国ってどこかにありますか?

    民主化なんて言うけれど、民主主義なんて高度なシステムを、ポッと移入して上手く使いこなせるなんてありえないと思います。
    韓国は民主化するのが早すぎたと思います。

    民が主役になるためには、民の方に秩序を保てるだけの責任が必要なのです。
    無いですよね。

    1. 軍人と一括りにすると、論点があやふやになります。
      「流民(に反社会勢力が加わる)→暴徒→武装集団→軍閥」となるのが、中華圏。
      「開拓者→自警組織→この武装集団が正規兵に加わる→武士」となったのが日本。

      ですから、元が開拓者である日本の武士は「土地への愛着」が有りますし、支配下の農民も元々はその一族郎等ですから、良い関係ができたのです。

      西欧の領主は、中華ほど酷くはないまでも、構造は中華に近い。明確な異民族の支配が幾重にも塗り重ねられ、異民族がアイデンティティを保持し続けるのが、中華圏との違いですね。
      しかし、領主権の確保が王権の制限につながり、「都市の自治権」と重なって、民主的制度につながったのでしょう。

      中華圏は、全然そういうものにはならなかったです。

      1. 確かに。
        日本は外敵がいないと言ってしまっていい状態でしたから、中華圏とは全く違いますね。

        ただ、大韓民国の軍事政権というものに固定してしまえば、日本の武家政権に近いものがあったのではないでしょうか?
        朴正煕に有能な後継者がいたら、とは考えてしまいますが、腐っちゃうんですよね。
        どうしても、小中華の伝統の方が強いんでしょうね。

        1. 日本は特殊過ぎるので、大韓民国の軍事政権と比較すべきはトルコや台湾や南ベトナムでしょう。
          トルコや台湾が韓国並に腐っていたら(軍事力を内に使いすぎたら)滅んでいます。南ベトナムは滅びました。

    2. 内に銃口を向ける軍事政権ではダメです。
      内(縄張り)を守るために外に銃口を向ける軍でないと。
      トルコ、イスラエル、台湾で民主主義がある程度成立しているのは強大な外敵に勝った実績からだと思います。
      韓国にも可能性はありましたが、光州事件が致命傷になりました。だから韓国を破壊したい左派はこの傷をほじくっています。

      中華でこれが難しいのは、雑談エントリーに少し書きました。

      1. ああ、そうか。
        中国共産党が天安門事件を絶対に認めないポイントもそこですものね。
        中央の命令で軍が民に銃を向けた。
        それだけは絶対にあったと認めません。

        光州事件が天安門事件に重なるのか。

    3. 農耕民族と狩猟民族とでは、その発展過程もかなり事情が異なるのではないでしょうか。大陸国家と島国という地理的条件によっても。さらには高緯度寒冷地帯と低緯度温暖地帯という気候条件によっても。

      1. そうなのです。
        環境や歴史は考慮しないといけません。

        ただ、ミャンマーやタイなんかを見ていて、あんまり民主化民主化言うのはどうかなぁ? と思ったりしていたので。
        ミャンマーのロヒンギャ族の問題も民主化されてから浮上しました。
        それまで隠されていただけかもしれませんが、軍事政権がある程度の秩序を保つのには、やはり役立っているのではないかとは思っています。
        単純に民主化すればいいというものではないと。

  5. なにか朝鮮人全体に言えることですが、国の為、会社の為とかという倫理がまったく感じられない社会。
    まさにウリと其の仲間だけの利益で動く社会。
    これじゃ先は見えてくる。発展期はそれでもいいが、企業が下り坂に
    なりだしたら転落していくだろう。それでもまだストも辞めないみたいだし。何もかも無くなって始めて我に返るのか朝鮮人は。

  6. おお、すごい…
    システムそのものが利益を生み出さないところへお金を投げ捨てるなんて
    本当にものの価値のまるでわからない子どものお金遊びだ
    そりゃ働くものが虐げられて一発逆転の被害者様に懸けるわけだな
    もう夢見るのやめて世界から隔絶されてひっそりと朽ちていけばいいよ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません