北朝鮮、李姫鎬(イ・ヒホ)女史に弔文・・しかし親書やメッセージは無し

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

故・金大中大統領の奥さん、イ・ヒホ(李姫鎬)女史が昨日、亡くなりました。

実はこの件で、韓国側は、北朝鮮から訪問団が来るのではないか・・という期待感を持っていました。

イ・ヒホ女史は金正日氏の葬式の際にも北朝鮮を公式訪問しました。政治家のような生き方をしたわけでもないので、彼女を敵視する人はそういません。

だから、イ・ヒホ女史への弔問のため・・・・ということで韓国に来て、一気に南北平和ムードの再開になるのではないか!少なくとも何かのメッセージはあるはずだ!という期待感でした。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

実は、「トランプ大統領と文在寅大統領の首脳会談の前に、金正恩委員長が韓国に来て、南北首脳会談をやるのではないか」という話もありました。もちろん、非公式な話で、その根拠は「そうするに違いない」というレベルのものでした。だから今回こそ来るのではないか、と。

そして、今朝、北朝鮮から連絡がありました。弔花と弔文を用意したから「責任ある南の人が」受領していくように、とのものでした。

 

<・・チョン・ウィヨン青瓦台国家安保室長は12日、金正恩北朝鮮国務委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長から故・李姫鎬、金大中平和センター理事長に送る弔花、弔文を受け取ったと明らかにした・・

・・チョン室長は金副部長が「故李姫鎬様が民族和合と協力のために努めた意味を奉じて、南北協力を継続していくことを願う」と話したという・・

・・しかし、金委員長が文在寅大統領に送る親書やメッセージは無かったことが分かった。チョン室長は「(親書やメッセージは)なかった。今日は故人の追悼と哀悼の言葉に集中した」と伝えた・・>

https://news.v.daum.net/v/20190612182902901

 

私は個人的に、イ・ヒホ女史への弔問は、『北朝鮮側に対話の意志があるなら』、それを伝えるいいチャンスだったのではないか、と思っています。

しかし、親書もメッセージも無かった、となると・・これは、韓国が望んでいるような「平和ムード」に、北朝鮮はこれといって興味が無いという意味でもありましょう。

どうしてもトランプ大統領との首脳会談の前に「ネタ」が欲しい韓国と、興味を示さない北朝鮮でした。

 

北「故人のご冥福をお祈りします」

南「ちゃんとお伝えします」

北「太陽政策のときにはごちそうさまでした」

南「じゃ親書を」

北「弔花をどうぞ」

南「メッセージを」

北「弔文ならここに」

南「・・・」

北「なにか」

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

137+

30 Replies to “北朝鮮、李姫鎬(イ・ヒホ)女史に弔文・・しかし親書やメッセージは無し”

  1.  ついでに新垣結衣に、金正恩名義で花と誕生日プレゼントとメッセージを贈れば面白かったのに。

  2. 個人的には、弔問と政治は別ではないか? 政治が利用する場面もあるが、一気に南北平和!と考えるのが分からない。弔いの言葉だけなのが普通ではないのか?

    1. なんと言っても、今上陛下の即位祝賀と言いながら上から目線で関係改善を、と言ってくるような屑ですから。

  3. 北に電話を掛ける文。
    文某「なぜ、弔問団を送らないの?。」
    金某「必要ない!、弔意文で十分。」
    文某「何言ってるの!、弔問団が来れば、現金のお土産持たせられたのに。」
    金某「何言ってんだ!、瀬取りバレてんじゃネ~~かよ!、へたくそ!!。」
    文某「だから、弔問団ならバレないでしょ。」
    金某「馬鹿か!、此の電話の通話も、米国は聴いてるぞ!。」
    文某「・・・・・。」

  4. まあ良かったんじゃないですかね、韓国としては。
    弔問団でもきた日にはいっぱいドルのお土産を持たせなければならなかったのだから。文大統領は持たせたかっただろうけど。

  5. 北と中国のやり方を日本も学び米国もそれに倣いつつあるのだな。

     共通しているのは言葉以外は何もやらないという点だな。
    こっちの財布から何も出さなきゃ損はしないというシンプルな思想。

  6. ついにブログ主までが、コントスタイルに!
    ただちょっと、シナリオライターとしての才はあまり・・・。
    残念ですが。

  7. 北としては南がもっと金を貢いでくれたりアメリカや日本をけん制してくれることを期待して最初は親密にしてたんでしょうね。
    しかし文が思ったより使えない奴だったんで冷遇し始めたんでしょう。
    ま、文が韓国の財閥(特にサムスン)を解体して資金と技術を献上すればまたちょっとはいい顔してくれるかも。
    でも今の情勢なら北へ貢ぐ前に中国へ貢いでご機嫌取りするかもしれませんね。

  8.  なんとなく、韓国は北朝鮮にも信用されてないんじゃないかと言う気がします。弔問にかこつけて、アングラでも南北関係について相談でもしようものなら、それは米国に筒抜けになる。下手なことは言えない。無視するに限る。文大統領はトランプ大統領に会ってお話しするネタ下さいってヨダレ垂らしているんだから、何かを言えば何を言うか解らない。そう見ている気がします。

     文大統領は、両国から信頼を勝ち取るのに完全に失敗したって事じゃないでしょうか。双方とも、韓国が信頼出来る仲介者であれば、ある程度頼って不思議はない局面と思います。そうならばよいチャンスでした。

  9. 将軍様「エサは与えぬ!」

    理由
    ・将軍様は釣った魚にエサはやらない主義。
    ・満足に働いていない犬には働き相応のエサしかないから。(つまりなし)
    ・たまに与えるからありがたさも一層増すから

    理由はどうあれ、忠犬文たん、なかなかエサがもらえません。

    (´〜`) それがまたいい…のかな?

    1. 昔々、あるところに、それはそれは哀れな犬がおった。
      どれぐらい哀れかと言うと、現実を見ているととても耐えられないので、いつも「自分は、世界で2番目に偉いのだ」と思い込むぐらいに、哀れじゃった。

      気の毒なこの犬に、村人たちは、いろんなものを恵んでやった。
      東の家に住む親切な男は、犬小屋を建ててやり、エサをくれた。
      東の池の向こうに金持ちが住んでおって、気が向くと、この犬にチキンを食わせておった。

      ところが西に住む意地悪な年寄りは、ときどきこの犬を、蹴っ飛ばして笑っておった。
      もっと酷いのは、北に住む若者じゃった。このろくでなしは、自分ではちいっとも働かずに、他人様を強請ったり集ったりして暮らしておったんじゃが、あろう事か、東の男がくれた残飯や池の向こうの金持ちがくれたチキンを、この哀れな犬から取り上げて食うようになった。

      すると、なんとまあ、この犬は、東の親切な男と池の向こうの金持ちに牙をむいてうなるようになり、意地の悪い年寄りとろくでなしの若者に尻尾を振るようになった。

      もともと、いつも蹴飛ばしてくる年寄りを世界で一番偉いと思っていたらしいのじゃが、食い物を取り上げられるようになったので、2番目に偉いのはろくでなし野郎だと思うようになったんだ、と。

      結局、この犬は、西の年寄りと北のろくでなしに、煮て食われてしもうた、とさ。
      どっとはらい。

      1. おお、そうじゃ。

        南の池の向こうのお姉ちゃんが餌をやろうとしたら、尻尾を振って油断させておいて、いきなり噛みついた話が抜けておったのう。

        それから、ずっと南の山奥の村に出かけて行って、その村の大切なため池をぶち壊した話も、抜けておったわい。

        他にも、この犬は、あちこちで悪さをしておったのじゃが…
        どうも、年を取ると、忘れっぽくなって、いかんのう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません