韓国、仲裁委員会に不応か・・期限は18日

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国が、仲裁委員会の構成に応じない構えだ、という報道がありました。期限は18日までとなります。

どうやら、「外交による協議が出来なかった場合にやるのが仲裁委員会だが、まだ外交による協議は終わってないから」というのがその理由のようです。

ファイナンシャルニュースの記事からの引用となりますが、元ソースは日本の朝日新聞です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<国政府が日本政府の強制徴用賠償判決と関連した仲裁委員会の設置要求に応じない方針だと、12日、朝日新聞が報じた。日本政府は、韓国最高裁の強制徴用賠償判決と関連して、先月20日、韓国政府に第3国を含む仲裁委の構成を要求した。

仲裁委の構成期限は18日までだ。1965年韓日請求権協定には、協定の解釈に意見の相違が発生した場合、1次的に外交ルートを通じて協議するものとし、解決されない場合は、仲裁委を構成するとなっている。

朝日は「仲裁委設置は、外交ルートを通じて解決されない場合に規定しているため、外交協議を終えていない限り、仲裁委設置は不適切だ」とする韓国外交部の関係者の発言を引用した・・>

https://news.v.daum.net/v/20190612121832468

朝日新聞の記事は、↓のURLのものだと思われます。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14052158.html

 

日本政府の「外交協議」要請にも、韓国は4ヶ月経っても何の反応も示しませんでした。しかも、日本政府が仲裁委員会構成を要求する約5日前、韓国の国務総理が「政府にできることはない」と明らかにしています

さて、期限は18日。遅くても今月中には、日本政府も「次の手」をほのめかすはずですが・・とりあえず、いまは続報を待つとします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

157+

49 Replies to “韓国、仲裁委員会に不応か・・期限は18日”

  1. 対応する気がないのを重箱の隅をつつくような屁理屈で飾るのはいかにも弁護士なのかも知れません。しかし、弁護士の活動と決定的に異なることがあって、それは弁護士なら弁護が失敗して敗訴しても、被害が及ぶのは実質的に依頼人であって、弁護人は成功報酬がなくなる程度でしかありません(もちろん、評判が下がるのはあるにしても)。従って失敗の責任を負うこともないし、敗訴した場合の次善の策を考えることもない、ということになります。
    しかし、弁護士がトップになった場合、負けた場合どうするか、次善の策は、そういったことが全部自分にかかってくるのですが、間違いなく彼はそういう想定をしていません。言いっぱなしの弁護活動のやり方を国家のかじ取りにそのまま使う・・・彼は自分の責任を決して認めないでしょうが、誰か、後始末をさせられる人は悲惨でしょうね。

  2. 請求権協定 第三条の流れを整理すると以下となる.

     1.外交的解決
     2.仲裁委員会への付託 (2019.5.20 日本政府が通告)
      (1) 仲裁人の任命 [受領後30日以内]
      (2) 第三国の合意と第三仲裁委員の選任 [任命期間後30日以内]
     3.任命又は合意がされなかった時
      (1) 代理国政府と仲裁委員の選定 [任命・合意不調後30日以内]
      (2) 協議により第三国の合意と第三の仲裁委員の選任

    仲裁委員会が構成されるパターンは以下の3種類がある.
     Case-A 2-(1) ○ ⇒ 2-(2) ○
       5/20から60日以内に仲裁委員会が成立
     Case-B 2-(1) × ⇒ 3-(1) ○
       5/20から60日以内に仲裁委員会が成立
     Case-C 2-(1) ○ ⇒ 2-(2) × ⇒ 3-(1) ○
       5/20から90日以内に仲裁委員会が成立
    ※上記の最終段階で×となるのが不成立であるが,Case-B,Cでは その後に3-(2)があり,これには期限が設けられていない.

    頭の体操レベルの話だが,代理国の制限は記されていない.相手国との国交の有無も関係ないので,例えば韓国は北朝鮮を選定することも可能.自国を自薦することすら不可能でないかも知れない w
    さらに言えば,代理国政府を選定した後,第三国政府を決める協議に期限が無いので,ここで引き伸ばしを図るのは協定の条文に反するものではない.
    閑話休題

    過去に韓国政府は2-(1)を日本へ通告したが,日本政府が対応せずウヤムヤとなった.今回は日本が3-(1)の手続きを進めるか否かだ.恐らく 準備しているだろう.G20前にアクションがあるのではないかなぁ

    いずれにせよ 請求権協定の枠外の判断を求めるには,協定に記された方法で紛争解決を図った経緯が必要.また 他所へ訴えるためには実害を証明しなければならないだろう.

    さ~て,どう出ますかねぇ

    1. Case-B,C は60,90日の仲裁委員会の成立が不確定だわ
      当初 不確定が確認できる時期で書きはじめたので,おかしくなってる.すみません.

  3. まぁ、韓国側が日本からのメッセージを完全に無視して、
    韓国の要求を突き付けるだけならやることは決まってます。
    「韓国に損害を与える」です。

  4. 9月(遅いでしょ)に日韓議員連盟が「非公式」に会談するそうですね。
    ワタミは7月で任期切れるし、誰が会って何を話すのでしょうねぇ。
    誰も何も出来ないと思うのですが。突破口なんて存在しないし、決定されたゴールは動かして喪失させるし。

    文大統領は何もする気ないでしょ?

    1. 選挙終わった人らでしょ。
      参院議員の二階派一年議員とか。
      参院は己で辞めない限りは、クビになる事はありませんからね。あっ!?辻元さんは違ったわw

  5. シンシアリーさん こんにちは。
    ムンたんはブレないですなww
    でもG20に何しに来んのかなぁ?
    病欠される事をオススメしますです、ハイ^^

  6. A4原稿コレクションの中味は、日本、米国、中国が道筋を示す前提で構成されている。だからそれを拒否するだけで、ブン政府はチェックメイト。

  7. 組合活動の延長に興じている韓国と、外交している日本。
    幻の日帝といまだに戦っている文大統領と中東和平のために単身イランに乗り込む安倍総理。
    それでも韓国国民は自国の大統領が頼もしく見えるのでしょうか。
    このままいくと、G20でのボッチ確定の文在寅は、韓国史上最強の裸の王様になりそうです。
    首脳会談しても話すことが無いというのも虚しいものですね。

    1. 決して妥協せず、WTOをはじめ世界中で日本を卑下するムンジェインは、韓国人にとってさぞかし頼もしく見えることでしょうよ。

  8. 議論に応じないくせに、先に進もうとした相手を「議論が尽くされていない」と批判する。どっかの国の野党の手口とまったく同じですね。

  9. 結局、やれる事は(何もしないのだから)ないんだよね。
    時間稼ぎをしている間に取り返しつかない状態になった上で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません