まだまだ続く、韓国の「対馬は韓国の領土」主張

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国では一応「対馬専門家」とされる人が、「日本が独島(竹島)領有権を主張するのは、対馬を守るためだ」と主張しました。

ニュース1の記事から部分引用します。

<「日本の相次ぐ独島領有権主張の場合には、「独島を囲碁の捨て石とし、対馬を守ろう」という日本の計略が隠れている」という主張が出た。

韓米連合司令部企画将校、陸軍士官学校企画処長を務めた対馬歴史専門家のキム・サンフン予備役大佐は、これまで一度も公開していない資料を公開すると、17日、昌原市が明らかにした。キム大佐は19日午後3時、昌原文化院で開かれる第15回「対馬の日」記念式で、このような内容が含まれている特別講義をする。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

対馬の日は島根県議会が竹島の日条例を制定したことに対抗して、2005年に馬山(マサン)議会が1419年イ・ジョンム将軍が対馬征伐のために馬山浦(現昌原市馬山合浦区)を出征した6月19日とし、昌原市が毎年記念式を開いている。

キム大佐は、これまで、論文、特別講義、放送などを通じて、日本政府の継続した独島挑発は、私たち国民の視線を独島にのみ固着させ、対馬の領有権問題と日本の大規模な太平洋海洋領土拡張を隠蔽しようとする計略であり、声東撃西(※東で声を出し、実際に攻撃するのは西)の一環だったとする自分の主張が事実で明らかになったという内容の講演をする。

彼はこの日の講演で、韓国戦争終戦直前、日本の海上巡視船の独島上陸を鬱陵島の若者たちの独島義勇守備隊が撃退すると、日本の総理室の核心要員、防衛庁長・次官、海上保安庁長など公務員と18人の国会議員が、朝鮮戦争停戦1年後の1954年12月3日、国会内閣委員会で「独島が難しくなり、残ったのは対馬だ。対馬問題が現実的に難しいから韓国が独島に集中するように、独島を囲碁の捨て石として利用しよう」と模擬したという主張をする予定である・・>

https://news.v.daum.net/v/20190617140440053

 

何の資料を持ち出すのかわかりませんが、「捨て石」というのは、その石を所有した側が利用できるものです。

万が一、引用した部分の最後が事実だとしても、独島(竹島)を捨て石にしたなら、その島を所有していたのは日本だという意味になりますが・・

どのみち、「韓国が武力で奪った」になるのではないでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

154+

79 Replies to “まだまだ続く、韓国の「対馬は韓国の領土」主張”

  1. 国際社会のルールって何?
    朝鮮人に適応すると思っているの?
    勘違い甚だしい!
    ルールを守らなければならないのは 大国 側です
    ミジンコ、大腸菌 クラスには守るどころか
    意識する義務もありません
    良くて ハエ ぐらいな対応で十分です
    ハエ取りリボン ハエたたき 殺虫剤を用意しましょう

コメントは受け付けていません。