国連住居権補佐官「考試院住居者は、国際基準ではホームレスです」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

久しぶりに「ふしぎの国のアリラン」カテゴリーONLY更新となります(久しぶりでもないかな?)。

韓国の住居問題は、旧ブログに何度かエントリーしたことがあります。一見、高層マンションだらけに見えるし、実際、高層マンション団地とそれにくっついている無数の商店は、韓国、特にソウルの風景を代表するものになりました。

しかし、統計を見ると、「隠したもの」が見えてきます。

<・・半地下(※ちょうど窓が地面になるぐらいの、部屋の半分が地下にある部屋)を含めて、屋根裏部屋、考試院(※もともとは考試を準備する人たちが勉強するために作られた施設)などに居住する、いわゆる「住宅貧困世帯」は227万6,500世帯に達すると推定される。韓国全体世帯の12%が劣悪な居住空間に住んでいるのだ。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

(※しかし)国土交通省の2018年の住宅実態調査資料を見ると、全国世帯の1.9%が地下及び半地下、屋根裏部屋に住んでいるとされている。世帯数では38万世帯で、2010年4.0%の時と比較すると、過酷な住居環境に住んでいる世帯が大きく減少したように見える。しかし、この数値は地下や屋根裏部屋の世帯だけの変化しか反映されていない数値である。

最近の住宅貧困世帯は、急激に増えたパンジャッチブ(※판잣집、板張りの粗末な家のこと)や考試院、ビニールハウスのような住宅貧困居住空間を含めると数が一気に増える・・

 

・・ 「家は家なのに、家に分類されていない家(非住宅)」に押し出された人々が最も多く行くところが、まさに考試院である。

国土部の住宅実態調査を見ると、住宅以外の場所に住んでいる世帯のうち、「考試院・考試テル(※考試院+オフィステルの造語で、中身はあまり変わりません)」に居住する世帯は15万1,553世帯(41.0%)で最も居住割合が高かった。

続いて「職場のいくつかの領域、チムジルバン(※ごろ寝できる24時間低温サウナ施設)など」に14万4,130世帯(39.0%)、宿泊施設の客室に30,411世帯(8.2%)、パンジャッチブ・ビニールハウスに6,601世帯(1.8%)が住んでいることが分かった・・>

https://news.v.daum.net/v/20190623090050663?f=p

 

この記事でもう一つ気になるのは、ホームレスの数です。ソウル駅から強制的に追い出すなどして減ったようにも見えますが、ホームレスの数は、約11000人。ちなみに日本は約5000人となっています。

郷新聞「全国ホームレス11000人」記事へのリンク

 

ですが、ソース記事によりますと「昨年(2018年)5月、このように劣悪な住居環境の考試院を訪問したUN住居権特別補佐は、『考試院の住民は、国際的な基準では、ホームレス(Homeless)だ』という意見を伝えたこともある」、とのことでして。

考試院居住世帯が15万1,553世帯で、彼らが事実上のホームレスだとすると・・

考試院というのは、狭くて人が一人横になるといっぱいになります。事実上「物を置く」スペースが無いので、一人暮らしになるでしょう(二人家族で同じ考試院で二つの部屋を使う世帯などもいるかもしれませんが)から、単純計算で韓国のホームレスは既存統計の15倍近くの数字を加えないといけなくなります。

 

歯科を始めて、まだ余裕が無かった頃、私は「現状を把握してこそ改善もできる」という持論を得ました。

韓国の現状把握は、「彼らは考試院住民でありホームレスではない」としているようですが・・もしそのようなやり方なら、1988年オリンピック準備のためにホームレスたちを「とりあえず人目につかないように追い払う」政策に明け暮れた全斗煥政権と、さほど差が無いようにみえます。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

129+

44 Replies to “国連住居権補佐官「考試院住居者は、国際基準ではホームレスです」”

  1. 臭いものには蓋をする政策ですね。
    蟻の正解みたいに枝葉に分かれた住まいがあったことにびっくり。
    日本語の「体裁」と言うのが一番近い言葉でしょうか。

  2. 二十年まえくらいですがトイレ共同風呂なし三畳間・月二万五千って物件が東京でもありました。立て直せないのでもう無いかもですが。
    今だとシェアハウスを住居にしてる人がそれに当たるんですかね?ネカフェ難民よりマシでしょうが、両方足しても日本は一万世帯、いやもっと少なそうですよね。
    そういや韓国の安宿に二十年近く住んでて火事で亡くなった親子の記事もありましたね。西成の雑魚寝の安宿みたいとおもいましたが。あそこに家族で住んでる人はいるかなぁ。
    韓国江南のビニールハウスに住む人々が日本のテレビで紹介されたって記事で、建ってる土地の値段きいたらあいつらビックリするんじゃないかってコメント付いてましたが、高い土地持ってても裕福には暮らせてないなーって思いましたわ。
    これで土地の値段下がったら恐ろしいですね。

    1. そういや2012年ごろから韓国情報興味深く見てますが、韓国と日本、政府が把握してる人数は二万人規模で同じって記事を見た覚えが。韓国でも減ったには減ったんですかね。

  3. 会社をたたむにあたって、会社の登記完了まで期間があって事務所代が勿体ないので、いわゆる「レンタルオフィス」を見に行ったことがあります。1畳ぐらいの部屋でパーテーションで仕切ったような部屋ですが、ジャージつっかけのおじさんが洗濯物をもって歩いている。どうも住んでいるようなのです。この記事を見たときに、ああどこもそんなもんだよね、と思いました。家賃は3~5万ですからそんなに安いわけではないのですが、初期費用がかからないので入居しやすいんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません