韓国司法部の現状

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

「未来韓国」という保守系時事週刊誌に載っている、最高裁判官出身のイヨンウ氏の寄稿文を一つ紹介します。

抜粋に抜粋を重ねましたがそれでも長いので、さっそく本文行きます。本文の「司法壟断」とは、朴槿恵大統領が最高裁判官長と結託して裁判を遅延させた「裁判取り引き」が疑惑の核心となります。「国政壟断」から派生したような言葉です。

・積弊清算も法治の中でやらなければならないという主張は、「司法壟断」という非法律的用語の前で、ただ無気力だ。「なにがどうなろうと正義を立て直せ」という司法の正義は、果たして誰のためのものだろうか

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・検察が、前最高裁長官を含む100人以上の前・現職裁判官を被疑者又は参考人として召喚、司法を焦土とする捜査の末、職権乱用罪というあまり耳にしない罪名を付けて起訴した。そのような捜査自体がすでに司法に対して恐怖感を与えている

・そこには、裁判に対して、大統領が「ガイドライン」を付与したとも言える。去る5月3日、大統領は、「司法壟断が事実なら、それは妥協の対象ではない」と言明した。これは、この政権がいわゆる「司法壟断」と呼ぶヤン・スンテ前最高裁判官長の司法行政権の乱用疑惑事件に対し、厳重な処罰を下せという事実上のガイドライン提示でしかないのだ

・それをも凌ぐ恐怖は、政権が掌握しているメディアだ。被疑事実公表罪があるにもかかわらず、検察は彼らが望む『レッテル貼り』設定通りの疑いを、リアルタイムでメディアに流し、マスコミはこれを既成事実として報道して世論化させる。すると理念勢力が有形無形のあらゆる攻撃をしまくる。人民裁判の雰囲気が造成され、裁判官はすでに力を失う

 

・特定の理念に傾倒した裁判官が多数集まった研究会があり、その研究会のメンバーの理念の方向性が現政権と同じであり、司法の独立を脅かす執権勢力に加勢している。彼らはありもしない「裁判官ブラックリスト」疑惑を提起し、「裁判取引」疑惑を主張し、検察捜査の必要性を提起し、ついには司法行政権の乱用疑惑にかかわった仲間裁判官たちに対して弾劾を要求している

・強制徴用事件に関する最高裁判決についても問題を提起したい。その事件は、判決の結果によっては日本との外交紛争を起こし、ややもする敵対関係まで造成する危険性があるもので、政策法院である最高裁としては、国家政策的な観点から判断すべき事件であるため(その訴訟の原告らには、韓国政府が補償して解決できる方法があった)、前最高裁判所長の時には、そういう点を考慮して、数年の間、結論を下せず熟考していた事件である

・ところが、反日感情を煽る現政権は、これを、代表的な司法積弊事例として挙げて、いわゆる「裁判取引」やら「司法壟断」やらのレッテルを貼り司法を集中攻撃した。いまの最高裁判官長体制では、昨年、わずか2回の審議期日が終わっただけで原告勝訴の判決を宣告し、それによって起きた日本との外交紛争は予想通り国交断絶事態まで予告する危険なレベルに達している。今日、私たちが目撃しているままに。

http://www.futurekorea.co.kr/news/articleView.html?idxno=118706

 

主張云々より、韓国の司法・・・「こうしてみると、凄い状態だな」というのがよくわかる内容でした。

検察、市民団体、内部から同じ「理念攻撃」が来ると、ただでさえパッとしなかった韓国の司法としては、耐えられなかったでしょうね。

せーの!「三権分立!」

エブリバディ!「司法を尊重します!」

むごい響きです。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

140+

41 Replies to “韓国司法部の現状”

  1. 三権分立に基づく司法の独立を議論するとき、司法を構成している要素を考える事も必要でしょう。
    司法に係わる組織としては法に基づき取り締まる警察や検察、取り締まられる側を弁護する弁護する弁護士、法に基づき判断する裁判所があります。
    大統領が司法の独立を尊重するなら、警察や検察が大統領に忖度するような検察、検察の改革がまず最初に必要な事では…

    1. いやー、でもその考え方は韓国左派には受け入れられないでしょ?
      日本の言い方をすれば、すぐに「検察ファッショだ!」と非難か飛んでくる。(ただし日本の場合は、「政権と結びついた検察が横暴にふるまうこと」を言うので、意味としては、韓国と反対になりますが。)
      警察・検察が大統領府に忖度するまでになってこそ、政権も国民も安心納得できるのが韓国。だから国軍トップの首すげ替えも大事なんだ。

      1. 反面、大統領の距離が近かったりすると、警察・検察が機能しなくなるようで。
        民主労総みたいに。

        んで大統領、政権交代があれば、前任をつるし上げるのは伝統行事。
        難儀なものです。

    2. その改革は「西欧型民主主義国家」であろうとするなら、必要です。

      けれども、左翼の統治原理では「軍・警察・検察」は「『党』の忠実な暴力装置」でなければなりません。
      これは、左右を問わず、独裁国家の統治原理でもあります。

      司法の独立は、「正義とは相対的で不安定なものだ」という理念を理解している「右側のライトサイド」のみに可能な仕組みなのです。
      韓国の場合は、「ダークサイド」から脱出できなそうなので、というか「ダークサイドに堕ちている事」を感じ取れていない人が多いので、全然ダメでしょう。

      「状況が悪い」理由は「ダークサイドに堕ちているから」なのですが、それが分からず「右側に寄り過ぎたから」と思い切り左のダークサイドに行き、「左に寄り過ぎたから」と思い切り右のダークサイドに行く。

      深海でわずかな光を求めてさまよう深海生物みたいです。
      浮上すると死ぬから、哀れですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません