韓国、米国の「南シナ海軍艦派遣」要請を拒否

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

韓国が、米国の「南シナ海に軍艦を派遣してほしい」という要請を拒否したことがわかりました。韓国は「対北朝鮮に安保力量を集中したい」という理由で断った、とも。

聯合ニュースの記事です。

<・・韓国の外交消息筋は、「韓国は米国と中国の間で巨大な圧力を受けている」、「米国は紛争海域で中国が影響力を拡大することに抗議する意味で、韓国に南シナ海に軍艦を送ってほしいと要請したが、韓国政府は北朝鮮の脅威に国防力を集中しなければならないという理由で、これを拒否した」とSCMP(サウスチャイナ・モーニング・ポスト)に明らかにした・・>

https://news.v.daum.net/v/20190625170912770?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「昨年から、英国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、インド、フィリピンなどが南シナ海で合同軍事訓練を行った」とも。

SCMPは、「トランプ大統領と習近平主席は、G20首脳会議で、本格的な『組分け』に出るものとみられる。米国の伝統的な同盟でありながら、中国の強力な貿易パートナーである韓国が、これらの圧力を最も大きく受けている」としていますが・・

 

さて、普通に「経済的に中国と喧嘩になったら行けないのでパス」と言ったならともかく、「北朝鮮の脅威に国防力を集中」ってこれは何のことでしょうか。

すでに韓国軍は、北朝鮮と「南北軍事合意」をしました

『地上と海上、空中をはじめとするすべての領域で一切の敵対行為を中断する』もので、一部の保守団体では「基本権の侵害(国民の命を危険にさらす)で、違憲だ」と主張し、憲法裁判所に憲法訴願(違憲ではないのか調べてほしい)を出しました。

一月には棄却されましたが、似たような内容でまだ訴願を出した、とのことです。

https://news.v.daum.net/v/20190625184611867

しかし、朝鮮戦争が起きた日(25日)なのに、大統領のコメントとか、そんなもの何もありませんね。

 

 

明日は、夕方まで更新できません。次の本の草稿が何とかなったので、ちょっと風にあたってきます(・∀・)ノ

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2月10日に発売です!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・新刊「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が3月2日に発売です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・新刊<「徴用工」の悪心>が、発売中です。韓国で言う「強制徴用問題」は、歴史問題ではなく戦後国際秩序の問題であり、善悪論ではなく国際法の合法・違法で語るべき問題であります。韓国のいう良心とは、日本への悪心(害を及ぼす悪しき心)です。ぜひご一読を!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

192+

81 Replies to “韓国、米国の「南シナ海軍艦派遣」要請を拒否”

  1. 韓国人に共通する中国にたいする絶対的な恐怖心でしょうね。
    朝鮮戦争のときもそうで、中国軍と遭遇したら必ず負けたそうです。共同作戦を取っていたアメリカ軍は韓国軍は北朝鮮軍に当たらせ、中国軍はアメリカ軍が引き受けたと戦史に記されいます。なにしろひどい時には一発も撃たないで一個師団分の装備を捨てて逃げたそうですから。
    もしかして属国千年の歴史の中でDNAに組み込まれてしまったのかも知れません。日本人にはそんな恐怖心はないのですね。おそらくベトナム人もそうでしょう。韓国人にだけある中国にたいする絶対的恐怖心でしょう。

  2. 文在寅大統領やその同志たちにとって、朝鮮戦争は北が勝利すべきだった戦争なのではありませんか。彼は越南者の息子であることに大きな心の屈折があるのではないかと思います。父親が咸鏡南道興南府の農業課長だったことも心の負担では。だって終戦時の父親は25歳。それで農業係長ですよ。後に課長になっている。学校も農林学校(農業高校)です。相当優秀だったのでしょう。完全な親日派ですよね。

  3. 日本らが「国際法を守ってうんぬん」と言っているのは、中国が覇権を唱え、新たな国際法を設けようとしているからだ。
    韓国は、条約を事実上破棄したり、南シナ海に軍艦を派遣しないことから、国際法を守る姿勢がない。

  4. 中国は日本と戦争はしません。中国はそれほど愚かではありません。米国が韓国を見捨てることもありません。北の核は日本に向き続けるでしょう。トランプは選挙後までは動きません。ただイランへの攻撃をトランプは捨ててはいません。選挙まえでも可能です。
    韓国は徴用工問題が韓国崩壊への道と気づいていません。司法も文ちゃんも、韓国人はほんの一部のを除いて気が付いていないのが歯がゆくてなりません。韓国へのすべての貿易を禁止することです。馬鹿な韓国人も韓国社会の崩壊をすぐに理解するでしょう。そして米国に対し韓国との関係を断つことを告げることで米国も動くでしょう。

    1. >韓国は徴用工問題が韓国崩壊への道と気づいていません。司法も文ちゃんも、韓国人はほんの一部のを除いて気が付いていないのが歯がゆくてなりません。

      ああ、歯がゆいのか。
      あなたはやっぱり韓国側の人なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません