新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>のご紹介

おかげさまで、また新刊の紹介ができるようになりました。画像は新刊の表紙(※アマゾンリンク)です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

2019年8月2日発売の、<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>の紹介エントリーです。しばらくは固定表示で迷惑をおかけしますが、よろしくおねがいします。

確実に望ましき方向に変化しつつある日韓関係の中、韓国では珍しく反日批判が起きています。

「反共」という限られた領域の中で反日政策を批判する人たちもいるし、韓国では明らかに反社会的な内容の反日批判を、社会的に抹殺されるかもしれないリスクを犯してまで持論を展開する人たちもいます。

 

それらの反日批判を読んでいると、妙なことがあります。その「批判」の対象が反日のはずなのに、「反日批判」そのものからも、また別の反日が見えてしまうことです。

敵の敵は味方だともいうけれど、「反日を批判するのは、親日ではない」。その中にはむしろ、別の反日が見えてくる。

まっとうな方法で反日批判を展開している人たち(例えば、自分の専門分野で併合時代の資料を分析し、持論を展開する少数の人たち)もいますし、それらは反日か親日かの二分法で判断すべきものではないでしょう。

しかし、残念なことに、ほとんどの反日批判は、結局は「反日を批判する反日」にとどまってしまっている。それが現状です。

 

本書は決して「だからこそ韓国の反日批判は全てが無意味だ!」と主張しているわけではありません。ただ、反日を批判するスタンスの人たちがなぜ反日という呪縛から自由になれないでいるのか。

本書は、そういう「裏」を、自分なりに書いた本となります。

ぜひぜひ、ご一読を!

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

204+

43 Replies to “新刊<今、韓国で起こっていること~「反日批判」の裏側に迫る~>のご紹介”

  1. まずそもそも論として、
    韓国は日本不買運動を行っている
    だから日本は韓国に販売しない。

    とても普通の事のように思えます。
    韓国がもっと日本製品を買おうという運動をするなら日本は売るかもしれませんね。
    今現在は不買なんですから日本政府は韓国国民の感情に沿った政策を行っています。
    両国とも、もっと喜ぶべきではないでしょうか?

  2. 「反日」とは、韓国人の「餌」でしょ。
    その性格はおよそ持って生まれたもの。
    130年前に福沢諭吉が言っていたとおり、現在至るまで何も変わらない。
    何かに背き、反し、しかしながら、そのチカラの無さ無能な故に勝つ事も上に立つことも出来ず、それが故に「恨む、怨む」
    何故、背く、反するのか?
    それは「血」だから。食べないと死ぬから。
    理由など無用。
    関わったが為に「餌」になってしまった日本。
    日本が、勝とうが負けようが「反日」は未来永劫です。全く関係ない!というのが私の意見です。
    例え、日本がこの地球から消えても、怨み恨みをある事ない事、妄想を加えつつ続けていくのでは?
    「反日」というのは、色んな味があります、けっしてひとつではありません。
    日本は色んな意味で凄くおいしい国ですからね。

  3. おっと、書き忘れ。
    新刊お待ちしています。
    最近、既刊をを居間に置いていたら、
    老母が眼鏡かけて熱心に読んでました。
    新刊読んだらまた置いておこうと思います。

  4. 某漫画に、
    「民族単位で宗教を棄てさせるには、
    滅亡危機感を覚えるくらいの流血が必要」
    と、有りました。
    日本も欧米も(恐らく中国も)そういった歴史を刻んできました。
    6.25でも結構流れたとは思いますが、
    それぞれ後ろ盾が有ったので滅亡迄は行かなかったのでしょうね。
    日本統治時代は統治している日本の方が滅亡の危機になりましたが、
    半島(特に南の方)は安穏としていたみたいですしね。

  5. 反反日の問題って韓国人に抑制を強いることだと思います。

    本当は韓国が正しいはずなのに力が足りないから
    日本の言い分を受け容れるしかない弱者の屈辱が
    恨を蓄積させ、それが未来の反日の燃料となる。

    韓国の加害者的側面を韓国人が受け容れないといけないけど
    残虐な日本が甲の立場になったらウリがどんな目に遭うのか
    韓国人の脆弱なメンタルでは恐怖に耐えられない。

    歴史に対してフラットに向き合おうとする韓国人が
    たとえ何人いようとも、聴衆は加害者と被害者という
    二元的思考回路から離れることは困難だと思われます。

    その業は弱者が甲の立場に立てるコリアンドリームであって
    手放すにはおそらく多大な勇気が必要となる気がします。

    1. 弱者が甲の立場に立てるロジックは、弱者(韓国)が甲(日本)より上位だと考える権威(アメリカを中心とする国際社会)に弱者の「正しさ」を感情で訴えて、上位の権威に庇護してもらうことで成り立っています。これは、上位の権威が中華であった時代から変わりません。

      自立の恐怖に耐えられないんですね。
      だから、生存戦略として「正しさ」を訴える行為である「反日」を抑えることができない。日本に向かって訴えているわけではないので、日本の反応も意識できない。

      1. >生存戦略として「正しさ」を訴える行為である「反日」

        では、今回の措置で「反日」が生存戦略的に高くつきすぎる…ということが身に沁みれば、正しき弱者になるためのベクトルは別の方向へ向かう?…だといいんですけどねぇ

        1. ならないでしょうね。

          次にやることは、上位の権威(アメリカや中国)に国富を貢ぐことです。お得なら日本を牽制してくれると期待して。民には「反日」を使って誤魔化します。

          朝鮮はこんな感じで列強による戦火を呼び込むので、属国や併合で外交権を取り上げておくしかなかったのです。

      2. ここではmottonさんがすごく正しくて、韓国人は自立の恐怖に耐えられない事に問題が有るんですよ。

        日本は逆に自立心旺盛すぎるわけですけれど。
        韓国は属国になるか属国にするかを求めすぎる。

        中華もそうだけど、これらの国は他国との依存関係を必要とするがゆえに、孤立、独立ができないのです。

        これは韓国人個人にも言えることだけど。

  6. >反日を批判するスタンスの人たちがなぜ反日という呪縛から自由になれないでいるのか。
    先ほど中央日報の記事【コラム】1592年と2019年、私たちは変わったのだろうか=韓国(1) に「だが、私たちはとても純真だった。政府から一般の人々に至るまで「日本がやってみたところでどうせ…」と鼻でせせら笑って聞き流していなかっただろうか。」という一節がありました、「私たちはとても純真だった」を「私たちはとても傲慢だった」と自省できない民族性のせいだと思いますが、
    シンシアリーさんの説はどのようなものかが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません