鳩山氏、「安倍総理は日本と韓国の外交を『上下』で考えている」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

午後の更新が遅くなりそうで、もう一本エントリーします。

鳩山氏が韓国のラジオ番組に出演、またもや「悪いのは日本だ」な趣旨の意見をいろいろ述べました。

その中で、「安倍総理は、日本が韓国より上にあると見せつけようとしている」という内容がありました。

反日思想は劣等感の現れであり、韓国は必死に日本を「下」にしようとしている。韓国は日本との関係を「絶対的な上下関係(道徳的優位という言葉もありますが、そもそも韓国では道徳も上下関係が重要です)」としか考えないし、そう考えないといけないことになっている・・・これは、「韓国人による恥韓論」の頃から書いてきた本ブログのメインテーマでもあります。

それをそのまま「逆」で説明しているところが、いつものことですが「面白くないのに面白い」ところであります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<安倍総理は日本を昔のように強い国にしたいと・・(略)・・誇れる国にしたいと思っています。強い国を作るためには、経済的にも強くないといけません。日本は、30年近く停滞局面を経験し、中国と韓国が大きく成長しました。これに対する羨ましが日本国民の心の中に強くできました。そんな日本国民に対して、日本は強い国だと、過去の歴史から分かるように、韓国と中国よりも上位にある国家だという点を見せたいのです。

また、西欧列強のように、日本が中国と韓国に対しては上から見下せる国だと、自信を失った人々に自信を植え付けることができるメッセージを伝えたがっているようです。そのような面で、歴史を歪曲してでも、日本がより優位にあり、私達は決して悪いことをしていなかった、良いこともしてやった、そして私たちこそが上にあると、人たちに信じさせる発想のもとに韓国に対する外交政策を展開しているようです・・>

https://news.v.daum.net/v/20190710091822811

 

ブログでも、拙書でも、シンシアリーは「ある存在」のことで、鳩山氏が述べた「安倍政権の特徴」とほぼ同じことを書いてきました。

その「ある存在」とは・・・

民族優越主義をもとに、「朝鮮民族は中国より日本より広大な領土を持っていた。もっともっと偉かった。私たちが上だ。上が下に併合されるなんてありえない。戦え!テロでもなんでもやらかして誇らしい祖国を取り戻すのだ!」と騒いだ連中がいました。

読者の皆さんなら「あ、読んだことある」と思われることでしょう。韓国の正統性そのものである、あの臨時政府のことです。

 

妙なことですね。

いわゆる「右」側(この分け方微妙ですが一応)の個人ブロガーが書いた「臨時政府論」と、「左」側の元総理の方が主張する「安倍政府論」が、ここまでピッタリ一致するとは。

それすなわち、どちらかの分析は、完全に的外れ・・ということになりますが。

面白くないけど、面白いと思ってしまう私は、やはりどこか壊れているようです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

173+

123 Replies to “鳩山氏、「安倍総理は日本と韓国の外交を『上下』で考えている」”

  1. 上を目指したいという向上心はあれど、日本人には他人より上の立場になり、下を見下したいという感覚はないんですよね。
    実るほどこうべを垂れる稲穂かな。
    これは驕りを戒めるための言葉です。
    日本人にとって、上を目指すというのは自分に向けるものなんですよ。

    戦略的に上を目指すことはあります。
    が、それも下になったものに言うことを聞かせるためではない。
    己の価値を高めることで、防衛に役立つのです。
    今回の優遇措置除外からもわかるとおり、手続きを複雑にするだけで韓国の企業が慌てていますね。
    日本が韓国に言うことを聞かせたい事例は他にもいくつかありました。しかし、日本は遺憾の意を示すなり受けて立ったりで済ませてきました。
    手段があるのにそれを用いなかった。
    和を乱すことになるからです。
    上に立って下を従える、ということのために日本は上を目指すわけではない。

    何故か?
    島国だからです。住めるところの少ない災害の多い島国で、和を乱したら生きていけない。内乱が歴史の中でいくつもありました。
    資源の少ない島国が国際社会で生き残るためには、自らの価値を高めねばならない。そのために上を目指すのです。

    日本は、日本人が思っているより力がありました。
    日本人には自信がなくなった。
    備えた力が大きなことを本当には理解していない人が多い。
    そんな過小評価で、強い力を振るってしまったらどうなるか。
    実のところ、優遇措置を外したというだけでそんなに大騒ぎするようなことになるなんて思っていなかった人は日本人には多いのでは?
    まだ、何もしていないのです。
    以前の通りに戻しただけ。
    だからこそ、安倍首相は日本人に誇りを取り戻させたい。
    自らの価値を適正に評価できないと、間違った力の使い方をしてしまう。
    これは日本人が世界の平和のために、よく見ておかなければならないことです。
    和を乱してはならないこと、自分の力を適正評価すること。力を振り回さないこと。
    とても大切なことです。

  2. 「今日は、元総理の鳩山由紀夫さんをゲストにお迎えしました」
    「全部間違い!」
    「は?」
    「『由紀夫』ではありません。『友紀夫』と呼んでください」
    「……失礼しました。では、改めて。鳩山友紀夫さんです」
    「今日は、急迫する日韓関係について、ご意見をうかがいます」
    「間違い!」
    「へ?」
    「韓日と並べるべき。『韓日関係』が正義です。韓国が上」
    「……え~~と、その、韓日関係が悪化してますが」
    「ナチズムです」
    「にゃちずむぅ?」
    「韓国は、日本を下に見ています。人種差別です。ナチズムです」
    「それが、日韓…いや韓日関係に、どう影響しているのでしょう」
    「韓国は、世界中で日本を貶めているのです」
    「それが、関係を悪くしている、と?」
    「日本は、日本人だけのものではありません」
    「日本は、グローバルな姿勢で対応すべき、ということですね」
    「一方、大アジア主義者が日本の政治を牛耳っています」
    「大アジア主義者と申しますと?」
    「欧米と対抗するために、中韓と手を結ぼうとしているのです」
    「それなら、むしろ、韓国とは友好が促進されるのでは?」
    「ネトウヨは、ホルホルしてますが、用日です」
    「視聴者に、もう少し分かりやすくお願いします」
    「民主主義を共有しなければなりません」
    「日本と韓国が、対等の立場で協力すべき、ということですか?」
    「友愛です」
    「……具体策など、お有りでしたら」
    「腹案が有ります」
    「おお、それをぜひとも」
    「断交です!」
    「はひ?」
    「断交するしか有りません」
    「友愛じゃないんですか?」
    「馬鹿には分からないのです、馬鹿だから」
    「(お~~い、音響。『ピー』入れたか?)」
    「不適切な表現がありました。視聴者のみなさまにおわびします」
    「とらすとみぃ…とらすとみぃ…とらすとみぃ…」
    「ここで、コマーシャルです」
    「♪世界には、言論の自由を奪われた人たちがあふれています。何を言っても許される社会を作りましょう。公共広告機構でした♪」

    「お~~い、壊れたみたいだぞ!」
    「後頭部、叩いてみ!」
    「えい!やぁ!」
    「にゃあ!」
    「大丈夫ですか?」
    「また日本に後頭部を殴られた」
    「ご意見が、ブレているみたいなのですが…」
    「あなた方は、それを理解するべき」
    「直った…のかな、まあいいや」

    「さて、鳩山さんに、今後の展望をお聞かせ願いましょう」
    「韓国とは、距離を置くべきですね」
    「(ああ、直ったみたいだにゃ)」
    「どの程度の距離感が、適切と思われますか」
    「最低でも、圏外」

    1. あんた、よくこんなもの書いて正気を保っていられるな。
      途中で頭が痛くなって最後のオチまで飛ばしたよ。

      1. 昼休みを利用して、15分ほどで「整え」ました。
        明治のおいしい牛乳を飲みながら。

        いい気分転換になるんですよ。
        正気は…あやしい。

      1. ネタ作りは楽しいのですw

        「舞台でやってるわけではない」から、
        「本当にウケ(て)るだろうか?」とチト心配しながら、それでも
        「こうしたら面白いのではないか?」
        とか
        「せや(ピコーン!)こうしたろ!」
        と閃いたりw
        あとは「コレとコレ、一緒にしたら、どや?」
        とか。

        こうして発表される前に、ボツになったネタは5倍〜10倍w
        あるはずであるw

        オモロかったでぇ!(ウケてる反応こそが、明日の糧(かて)なのであるw)

    2. 欲しい言葉がふんだんに入っている上に、
      この壊れっぷり。七誌さんとの友愛…じゃなくて融合♪
      ネトウヨ・ホルホルご馳走さまでした~

  3. 上か下かとか、韓国を日本が羨ましいからだとか、日本人の感覚から言ったら「へっ?」なんですがね。
    韓国人にとっては重要なポイントらしく、常に日本のワード共に必要な言葉は日本は下で韓国が上という意味のワードを入れること。道徳的に上とかも含めてそう言わないと精神崩壊するらしい。
    ポッポはやはり、あれですかね、二号さんに生ませた子供で血が燃えたぎってるのでしょうか。
    昔から都内のバーにはあちらの方多いですから。

    1. じゃあ、七誌さんのコメントを読んだ直後に、記者会見に臨んでもらいたいですね。

      「七誌の妄想が入力された鳩ポッポ」
      見たくないですか?

      また、ネタが出来そう…

      1. 七誌さんのコピペ①の「上下ガー」に続き②の「ナチズムガー」も言い出したら面白いですね。
        でもわりと言いそう。

        親和性が高いのは、同じ理論や理から外れた存在だからかもしれませんね。

          1. >「日本はそれを理解すべき」って言ったら

            もう言ってますけど。確か一昨日のセミナーで。

      2. >「七誌の妄想が入力された鳩ポッポ」

        ちょ・・・これだけで大爆笑してしまいました。
        やばすぎます。見たい!
        もちろん上・下・甲・乙入りますかね?(笑)

  4. 鳩山の業績:
    自分が総理を務め、国政を誤らせ、引退後も韓国に乗せられて反日活動に勤しむことにより、日本の政治で野党の支持率を大幅に低下させ続けることに貢献した。この男のせいで、21世紀の日本では政党政治が100年間ほど正常に機能しなかった。
    ー 銀河Wikipedia 2101年版より ー

  5. 馬鹿や脳たりんや変態だっていう人が、本当は、馬鹿や脳たりんや変態なんだって、歯医者の先生が言ってました。

  6. なんかもう、怪我がヒドすぎて治しようが無いから、せめて痛み止めだけでもみたいにしか見えない。

  7. 鳩山は、完全に俺の「ネット書き込み」を盗み見し、パクってる。
    ネットの書き込みをチェックしている奴って、結局、お頭が足りない、所謂、脳足りんなんですね。
    「虎ノ門ニュース」に出ている、有本や竹田や百田なんかがその典型です。
    あいつ等は変態です。

  8. 鳩山由紀夫と鳩山邦夫さんは腹違いの兄弟

    兄の鳩山由紀夫・・・ 韓国人の愛人に生まれた子供
    弟の鳩山邦夫・・・・・ ブリジストン家の嫁の子供

    鳩山家を継がせて政治家に育てたのが弟の鳩山邦夫で
    由紀夫はブリジストン家の嫁からも嫌われアメリカに追い出された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません