韓国総理、日本に「選挙シーズンには熱くなりやすいけど、守るべき線を守るべきだ」

ツイッター経由でいらした方々、コメント欄や「いいね(曇るね)」ボタンが無いなど、スマホやタブレットなどモバイル機器での表示に何か不具合があった場合、ここをクリックしてください

 

FNNの報道と関連し、韓国の知日派(ということになっています)総理であるイ・ナクヨン氏が、「日本は線を守るべきだ」と話しました。

線を守る・・・確か、私も「人を楽にしてくれる国・日本」に同じことを書いた記憶がありますが・・・それとは逆の意味のようです。

イ総理の発言部分だけ、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

・(北朝鮮搬出疑惑について)そのような事実はない

・一部の企業は、戦略物資を輸出しようとする試みがあったが、そのたびに摘発し、対策をとるか、国連制裁委員会と一緒に制裁を加えた

・日本が、根拠もなく安全保障まで関連付け、今回の経済報復を正当化するのは、私たちが維持してきた韓米日安保協力体制を揺さぶる非常に危険な発言だ

・日本側が根拠とみなした資料は国内の不確実な放送または政界の流出によるものだそうで、全く嘆かわしい

・日本の懸案に対する反応として、韓国が反日で対応し悪循環を引き起こすのは大変不幸なこと

・状況が悪化しないように、日本の指導者と韓国の指導者が知恵を集めなければならない

・選挙の時は荒れがちだというが、いくらなんでも線は守らなければならない。これは、日本の指導者たちに、私の友情を込めて申し上げたい

https://news.v.daum.net/v/20190711160337380

 

・・・あのFNNの報道は、日本政府が出した資料ではありません。FNNが入手したものです。もちろんそれだけでも大きな問題ですが、日本政府が「韓国と北朝鮮の不適切な関係」の資料を提示したことは、まだありません。

このイ・ナクヨン氏の発言もそうですが、韓国では「日本側の~」としていて、まるで日本政府が出した資料のようなニュアンスになっています。

普通、こういうときには「一部のマスコミが報道した~」というふうにするはずですが、なんでここで「選挙」が出てくるのでしょうか。

 

ちなみに、イ・ナクヨン総理・・いわゆる強制徴用問題に関しても、ずいぶんとエッセイな内容を述べた後「韓国政府にできることはない」としたことがあります。

今回もまた、『両国の指導者が~』『(参議院)選挙~』『友情』など、いままでとまったく同じことしか言っていません。

 

 

新宿で写真を撮ってきましたので、次(夜の更新)はレナスレとなります。

 著書関連のお知らせ ♨

※書籍のリンクはAMAZONページとなります(アフィではありません)※

新刊「今、韓国で起こっていること 「反日批判」の裏側に迫る」が8月2日発売です!アマゾンなどで予約受付中です。

最近、韓国側から「反日」を批判する声が上がってきます。それは、反日を批判しているから「親日」なのか?それとも反日の一部にすぎないのか?なんでこのタイミングで反日批判が増えたのか。それはただ「用日」として切り捨てればそれでいいのか。もう少し裏側に迫ってみます。

・「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか~韓国人による日韓比較論~」が2019年2月10日から発売中!韓国には無かった、平等という価値観。それこそが、日本人とお金の間の共存関係に妙な品位を作り出していること、皆さんはお気づきでしょうか。

・「人を楽にしてくれる国・日本~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書) 」が2019年3月2日から発売中です!姪の病気の話を聞いたときの、私の「中」の動揺と、そのときに、私が思ったこと。その中で気づいたこと、私が書きたかった「楽」という言葉の真の意味などを考察し、大幅な追記を加えました。他の本に比べて、日本に来て私が感じた「神様」関連の話が多くなっています。

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

177+

95 Replies to “韓国総理、日本に「選挙シーズンには熱くなりやすいけど、守るべき線を守るべきだ」”

  1. みずきさんサイトより:
    ハンセン病患者損害賠償訴訟と、参院選挙と、韓国への戦略物資輸出手続き優遇処置撤廃とを絡めて、安倍首相に関する韓国メディアの大傑作な記事が出ています。
    h ttp://oboega-01.blog.jp/archives/1075209326.html#more
    いやー、こりゃ凄いわ。頭がヘンとしか思えない。
    もしかしてこの記事、ここの掲示板に投稿している人が書いたのでは?
    日本のシンシアリー新聞から、匿名がお伝えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません